VGカード紹介

【ヴァンガード】シャルハロートデッキの新しい味方! ヴェアティーゲル・プリュンダーラーの使い方についての考察

今回は「ヴェアティーゲル・プリュンダーラー」についてです。

新しく登場したシャルハロートサポートはソウルに応じたパワーアップ効果を持っています。

単純ゆえに強力な効果を持つ「ヴェアティーゲル・プリュンダーラー」について解説していきます。

 

 

効果

ヴェアティーゲル・プリュンダーラー

グレード1 パワー7000 ダークイレギュラーズ ワービースト

【永】【R】深闇(このターン中、あなたのソウルにカードが置かれているなら有効):あなたのターン中、あなたの「シャルハロート」を含むカードがあるなら、あなたのソウル1枚につき、このユニットのパワー+1000。

 

 

深闇:パワーアップ

深闇を満たすことで、ソウル1枚につきパワー+1000されます。

ソウルの数に応じたパワーアップは古くは「魔界侯爵アモン」からある効果ですね。

実にダークイレギュラーズらしいパワーアップ効果です。

ダークイレギュラーズでは初回超越でソウルを8枚以上ためることも難しくなく、パワー15000くらいは簡単に届きます。

ソウルをためればためるだけパワーアップ量が増えていくので、+10000も夢ではありません。

中盤以降は+15000は固いでしょう。

 

グレード等を考えると、調整版の「スイーティ・サーティーン」といったところ。

ヴァンガードにシャルハロート指定がある代わりに自壊デメリットがなくなり、基礎パワーも大幅に上がっています。

ライドした時の低パワーも解消されているのでかなり扱いやすくなっています。

 

このように、シャルハロートデッキではかなり安定した高パワーブースターとして活躍してくれます。

 

高パワーの活用方法

高パワーのグレード1の活用方法は大きく分けて2つ。アタッカーとして使うかブースターとして使うかです。

 

アタッカーとして使う場合はソウル9枚が一つの目安になってきます。これで単体パワー16000になるからです。

幸い初回超越でも難しくない数字なので、グレード1でありながら半ばアタッカーとしても扱えます。

ここからソウル5枚ごとにアタッカーとしての質が上がっていきます。

ソウル14枚になれば単体パワー21000なので、かなり強力なアタッカーになります。

さすがにソウル19枚は厳しいかもしれませんが、単体パワー26000にまで達します。

とりあえずソウル14枚で21000アタッカーとして使えるのは覚えておいていいでしょう。

 

ガード制限の多いダークイレギュラーズではブースターとしての価値は高いです。

「罪を灌ぐ者 シャルハロート」はグレード0のガードを封じます。

ここで目指したいのはソウル13枚です。

ソウルが13枚あれば「ヴェアティーゲル・プリュンダーラー」のパワーは20000になります。

これで「罪を灌ぐ者 シャルハロート」をブーストすれば、パワー36000になります。

グレード0のガード制限攻撃は結構相手にGガーディアンを使わせやすいです。

パワー36000での攻撃は、シールド値+10000のGガーディアンでも1枚で防げなくなるため、目指したい数字です。

 

高パワーのブーストが最も活きるのは「忌まわしき者 ジル・ド・レイ」をブーストする時でしょう。

相手の完全ガードを封じる攻撃のため、パワーが高ければ高いほどいいです。

「忌まわしき者 ジル・ド・レイ」の効果を使う時は、少なくともソウルが15枚あるので、「ヴェアティーゲル・プリュンダーラー」のパワーは22000です。

もう3枚ソウルをためればパワー25000でブーストできるようになります。

合計パワー61000で攻撃できるため、相手のカードをかなり使わせることができます。

 

似たような役割として、「エニグマティック・アサシン」があります。

「ヴェアティーゲル・プリュンダーラー」は「エニグマティック・アサシン」を超えるパワーでブーストできる点や、グレードのバランスを崩さない点、何ターンでもパワーを保てる点などで勝っています。

ただ「エニグマティック・アサシン」は連続攻撃に使えるなどの利点があるため、どちらが優れているとかの問題ではないでしょう。

「エニグマティック・アサシン」を入れないデッキでも「忌まわしき者 ジル・ド・レイ」のブースト要因が登場したのが良いですね。

 

新シャルハロートとの相性

3種類目のシャルハロートは手札補充に優れています。ソウルからの回収ができるので、欲しいユニットを手札に加えやすいです。

詳しくはこちら

【ヴァンガード】夜明けへと進む者 シャルハロートの効果や使い方について V特化の3種類目の強さはどんなもの?

 

今までで説明した通り、「ヴェアティーゲル・プリュンダーラー」の強さはガード制限持ちをブーストすることにあります。

ガード制限持ちのユニットでアタックする時、「ヴェアティーゲル・プリュンダーラー」の高パワーブーストが必要になってきます。

新しいシャルハロートは超越スキルでソウルから欲しいユニットを手札に加えられるため、必要になった時に手札に加えられる可能性は高いです。

そういった意味で、新シャルハロートデッキではかなり使いやすいユニットになるでしょう。

 

 

まとめ

「ヴェアティーゲル・プリュンダーラー」について解説しました。

コモンでありながらかなり強力な効果だと思います。

高パワーはそれだけで活躍できる可能性を持っています。

さらに、ダークイレギュラーズではガード制限と組み合わせることで高パワーを存分に発揮しやすいです。

デマゴアサシンに攻撃力で劣る印象のあるシャルハロートですが、パワー面での問題は着実に解決しつつあります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA