VGカード紹介

【ヴァンガード】リボルティング・ボルトの効果と使い方について

今回紹介するのは「リボルティング・ボルト」です。

ソウルに入った時の効果と深闇条件達成での抵抗を持っています。

「夜明けへと進む者 シャルハロート」を主軸とする深闇デッキはソウルにカードを入れやすくなっているため、そこでの活躍が期待できます。

 

 

効果

リボルティング・ボルト

グレード1 パワー7000 ダークイレギュラーズ デーモン

【自】:あなたのターン中、カードの効果で、このカードがソウルに置かれた時、あなたの深闇能力を持つヴァンガードがいるなら、あなたのユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+4000。

【永】【R】GB1深闇(このターン中、あなたのソウルにカードが置かれているなら有効):抵抗(相手の効果で選ばれない)

 

 

ソウルに置かれた時:ユニットのパワーアップ

カードの効果でソウルに置かれた時、ユニット1体のパワー+4000します。

ダークイレギュラーズでソウルにカードが置かれる場合、ほとんどはデッキトップからのソウルチャージなので確実性がありません。

しかし、「夜明けへと進む者 シャルハロート」は超越スキルで手札のカードをソウルに置くことができます。

これによって、ある程度狙って効果を発動することができます。

 

パワー+4000という数字がどうでしょうか。

+5000に一歩及ばないため、11000や16000といったキリの良い数字のアタッカーのパワーラインを上げることができません。

この点において、パワー16000で攻撃できる「罪を灌ぐ者 シャルハロート」などとの相性はあまり良いとは言えません。

 

しかし、竜神烈伝では11000や16000よりも中途半端なパワーのアタッカーが多く登場しています。

ベイルファル・リプレッサー」は単体パワー19000なので、「リボルティング・ボルト」の効果でパワーアップさせればパワー23000まで上がります。

21000ラインに到達するだけでなく、パワー13000の「勝利を呼ぶ英機 グランギャロップ」相手にもシールド15000を要求できるようになります。

 

「魂を狩る者 バラム」は退却させた相手のパワー分だけ自身のパワーが上がります。

なので、パワー5000や10000のユニットを退却させたのでなければ、必ずパワーが中途半端な数値になります。

その状態でパワー+4000されれば確実にパワーラインを上げることができます。

例えば、「魂を狩る者 バラム」の効果でパワー11000のリアガードを退却させ、「リボルティング・ボルト」の効果でパワーを上げれば単体パワー41000にまで上がり、ちょうどいい感じです。

 

ヴェアティーゲル・プリュンダーラー」とも相性が良いです。

ソウルの数だけパワーが上がる効果はパワーが11000や16000などキリの良い数字になり辛く、「リボルティング・ボルト」でもう一段階パワーラインを上げやすいです。

 

 

深闇:抵抗

深闇を満たすことで、抵抗を得ることができます。

抵抗と言えば、相手の除去に狙われにくくするための効果であり、どちらかというと相手ターンで輝く効果です。

しかし、深闇を相手ターンに達成する方法は限られています。

特に相手メインフェイズに深闇を満たす条件はほぼ無く、現状では抵抗効果でありながら相手の除去には対応しづらくなっています。

 

そのため、自ターンでの抵抗を活かすことを考えた方が良いでしょう。

自ターンでの抵抗のメリットは「炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン」や「宇宙の大輪 コスモリース」が効かないというところです。

特に前衛に置くことで「炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン」が効かないため、かげろう相手にも安全に攻めることができます。

その場合、パワーが心もとないので後列に「ヴェアティーゲル・プリュンダーラー」を置くと良いでしょう。ソウルの数だけパワーアップするので、高パワーで攻撃することができます。

 

ただ、やはり自ターンでの抵抗の役割があまりないのが苦しいところです。

そもそも抵抗は他の効果とセットで持っていることが望ましいです。

「ダークメタル・カメレオン」のように毎ターン使える効果持ちの生存率を上げるために抵抗を持つというのが理想的です。

もしくはアクアフォースのように抵抗持ち自体を増やすことで相手の除去を受けにくくするとか。

 

「リボルティング・ボルト」はリアガードでは抵抗以外の効果を持ちませんし、ダークイレギュラーズには抵抗持ちはほとんどいません。

現状ではダークイレギュラーズで抵抗を活かすのは難しい状態です。

 

 

まとめ

「リボルティング・ボルト」についてまとめました。

パワー増加と抵抗と2つの効果を持ってはいますが、いまいち噛み合っていないです。

パワー増加には特にコストもないため、積極的に使っていけます。相性の良いアタッカーも出始めているので、これでパワーを上げていくデッキも良いでしょう。

 

抵抗の方は守りを固める意味では使いにくいので、自ターンで相手からの妨害を防ぐために使うのがメインになります。

ただそれだけでは使える場面は少ないので、基本的にはソウルに入れた時の効果をメインに使っていくことになるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA