VGカード紹介

【ヴァンガード】学園の狩人レオパルドの効果と使い方 スタンダードのグレートネイチャーを象徴する効果

今回は「学園の狩人レオパルド」についての考察です。

スタンダードのグレートネイチャーが今までと全く違う動きになっており、ユニットの効果も様変わりしています。

「学園の狩人レオパルド」もそんなユニットの1つで、色々と変化があって面白いカードなので効果とともに紹介していきます。

 

 

効果

学園の狩人レオパルド

グレード3 パワー12000 ギフトアイコン:アクセル

グレートネイチャー ハイビースト

 

【永】【V】:あなたのソウルにグレード3があるなら、このユニットの【自】能力は2回発動する。(登場時能力も2回発動する)

 

【自】【V】:登場時、あなたの山札の上から1枚をドロップゾーンに置き、そのカードタイプに応じて以下のどちらかを行う。

・ノーマルユニット-あなたの山札の上から4枚見て、グレード2以下を2枚までリアガードにコールし、山札をシャッフルする。

・トリガーユニット-そのターン中、このユニットのパワー+15000/クリティカル+1。

 

 

ランダム効果

スタンダードのグレートネイチャーの効果の特徴として、「デッキの上から1枚をドロップゾーンに置いて、そのカードの種類に応じた効果を使用する」というものがあります。

 

ノーマルユニットが出たときとトリガーユニットが出たときで違う効果が発動するのが特徴です。

狙った効果を発動しにくい分、コストに対して高いリターンを得られるものが多いです。

 

「学園の狩人レオパルド」もそんなランダムで発動する効果を持っています。

ノーマルユニットが出た場合はデッキの上4枚からグレード2以下を2枚コールととても強力です。

 

出すユニットを選ぶ範囲は限られていますが、カウンターブラストも使わずに2体コールできると考えれば破格のコスト効率です。

 

コール効果がアクセルと相性が良いのもグッド。

「学園の狩人レオパルド」登場によってアクセルサークルを獲得し、そこにユニットを呼べれば強力です。

 

 

トリガーユニットが出たときは「学園の狩人レオパルド」のパワーアップ。

パワー+15000/クリティカル+1と大幅なパワーアップとなります。

 

アクセルとは思えないほどのヴァンガードの攻撃に圧力を持たせることができます。

アクセルクランのヴァンガードの攻撃は気軽にノーガードされがちですが、ここで手札を削りにいければアクセル特有の連続攻撃と合わせて相手に手札を大きくもぎ取れるでしょう。

 

ただ完全ガードで止まってしまう攻撃なのも確か。

特に序盤だとリアガードを埋めて攻撃したいことの方が多いので、1回目の「学園の狩人レオパルド」はコール効果を引きたいところです。

 

しかし確実に選べる効果ではないので、どっちが出てもいいようにプランを考えておきたいですね。

 

登場時効果以外に何も使える効果がないのは注意が必要です。

アクセルクランは割とリアガード用のグレード3を入れたりすることが多いですが、「学園の狩人レオパルド」を主軸とする場合は再ライド用のグレード3を多めに入れたいですね。

 

1ターン過ぎて再ライドできなければ何の効果もないヴァンガードになってしまうのはとてもきついです。

フォースやプロテクト並みに再ライドしていくような構築にするのが良いかもしれません。

 

 

2回発動

ソウルにグレード3があれば自動能力を2回使えるようになります。

主に再ライドした場合に適用される効果ですね。

 

「学園の狩人レオパルド」の登場時効果が2回使えるのは非常に強力です。

 

考えられるパターンとしては

  1. 4枚コール
  2. 2枚コールし、自身のパワー+15000/クリティカル+1
  3. 自身のパワー+30000/クリティカル+1

のどれかです。

 

一番バランスが良いのは2枚コールしたうえで、「学園の狩人レオパルド」をパワーアップさせるパターンです。

リアガードを埋めたうえで、ヴァンガードの攻撃力も充分なのでとても強力。

 

4枚コールだと再ライド時にはコールする場所がないということも考えられそうです。

ただし4枚もコールすれば、アクセルサークル2つを確実に埋められるので、5回攻撃が簡単にできるのは強いですね。

上書きもできるので、ランダム性は高いですがより強い布陣を構築するというのにも使えます。

 

パワーアップを2回引いてしまうのはどうでしょう。

完全ガードがなければかなり強いのですが、完全ガードを持っていれば簡単に止められてしまいます。

特にパワーアップ効果を引いている分、リアガードを展開できていないはずなので、アクセルの強みを活かしきれていない場合もありますね。

でも相手によってはこれで一発逆転みたいなこともありそうなので、パワーアップ2回引くのもおもしろそうです。

 

ただ何度も言うようにランダムなのでどのパターンになるかわかりません。

何の解決にもなっていないですが、どれを引いても問題ないように動くパターンを決めておきたいですね。

 

 

まとめ

「学園の狩人レオパルド」についてまとめました。

コスト効率が非常に良いですが、ランダムなのでどれが使えるかは分かりません。

 

ランダムな効果に対してカードゲーム的に考えることと言えば、「どれが引けるか確実に分かるようにする」か「どれを引いてもいいようにする」ってところです。

ただデッキの上を見る効果でもなければどちらの効果になるかは分かりません。

終盤になれば見えているトリガーからどちらになるか予想したりできますが、あくまで予想の域を出ません。

 

僕は「どれを引いてもいいようにする」方をおすすめします。

どっちの効果を引いても、引いた効果を最大限に活かすようなプレイングを心がけたいですね。具体的にどうって言われると分かりませんが。

ここまでくると使う側のメンタルの問題な気がします。

 

1つ言えることはグレートネイチャー使ってて「引きが悪い」とか言うやつは向いてないってことですね。

どんな効果を引いたとしても落ち着いてプレイしたいものです。

たぶん、グレートネイチャーは使う人の姿勢が一番問われるクランになりそう。

 

今回は「学園の狩人レオパルド」の効果についてまとめましたが、グレートネイチャー全体についての感想は【ヴァンガード】スタンダードのグレートネイチャーの魅力とは おもしろさは確率を超えたところにあるで紹介していますのでこちらもどうぞ。

【ヴァンガード】スタンダードのグレートネイチャーの魅力とは おもしろさは確率を超えたところにあるスタンダードが始まってからカードの能力が一新されました。 その過程で同じクランであっても今までとは全く違う方向性を持ったカードが登...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA