VGカード紹介

めっちゃ堅実に強い効果 氷獄の死霊術師コキュートスについて【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今回は「氷獄の死霊術師コキュートス」について。

「My Glorious Justice」に収録されるグランブルーのVRですね。

ドロップからの復活コールに、ドロップ枚数による自己強化とかなりグランブルーらしい効果となっています。

それでは効果を見ていきましょう。

 

氷獄の死霊術師コキュートスの効果

氷獄の死霊術師コキュートス

グレード3 パワー12000 ギフトアイコン:プロテクト

グランブルー スケルトン

【永】【V】:あなたのターン中、あなたのドロップゾーンが10枚以上なら、このユニットのパワー+10000。20枚以上なら、+10000の代わりにパワー+20000/クリティカル+1。

【起】【V】【ターン1回】:コスト【カウンターブラスト1、山札の上から4枚ドロップゾーンに置く】ことで、あなたのドロップゾーンから、あなたのソウルのグレード3の枚数+2枚までリアガードサークルにコールする。(グレード3が1枚なら、3枚までコールする)

 

各効果について

ドロップ枚数による自己強化

ドロップ枚数によってパワーアップしますね。

10枚以上で単騎22000、20枚以上で単騎32000のクリティカル2。

ここで比べてしまうのはやっぱり「魔の海域の王バスカーク」です。

バスカークだとドロップ10枚からクリティカル上がるのでプレッシャー掛けられるのがだいぶ早かったですね。

各種ドロップ増やしが引ければ、初回ライドでもクリティカル2は全然達成できるレベルです。

 

パワーアップ量はコキュートスの方が多いですが、結局バスカークは呼び出したユニットのグレードに応じてパワーが上がるのでさほど変わりありません。

 

とは言えバスカークと同じく永続効果のパワーアップっていうのがめっちゃ良い。

最近思うんですが、再ライド要員が引けなくて。

乗り直し前提の効果があんまり信用できないんですよね。

根絶者使っててもグレイドールにライドして、後続引けずに詰むという経験を何度もしています。

 

そんな中だと永続効果でのパワーアップってめっちゃありがたいですね。

条件さえ満たせばコストも無く安定してパワーアップするので、僕はこの手の効果が大好きです。

 

バスカークと比べるとクリティカル増加のタイミングが遅いのが難点ですが、それを補って余りある起動効果の存在にも目を向けてみましょう。

 

起動効果の復活コール

ソウルのグレード3の枚数+2枚までドロップからユニットを呼び出せます。

+2枚ってやばくないですか!?グレード3ソウルに無くても2体呼べるんですよ!

 

カウンターブラスト1で2アドって革命的ですし、これでリアガードを一気に埋められるでしょう。

バスカークと違ってソウル使わないのでソウルブラストと併用しやすいのも良いところ。

ぜひとも「細波のバンシー」とは組み合わせたいですね。

逆に今まで無かったのかってくらい素直な効果 細波のバンシーについて【ヴァンガード】今回は「細波のバンシー」について。 「My Glorious Justice」に収録されるグランブルーのRRRですね。 グランブルーデッキってあんまり手札増える感じじゃなかったので、ソウルブラスト1で手札が増えるっていうのはありがたい効果。 RRRらしく、扱いやすいカードと言えます。 それでは効果を見ていきましょう。...

 

2体コールしてドローまでできれば攻撃面は怖いものなし。

初回ライド時点からガンガン攻めていくことができます。

 

何気にコストでドロップを4枚増やすことができます。

初回ライド時点とかだとドロップに復活させたいやついない!みたいなことはよくありますが、4枚も落とせば何かしら復活は出来るはず。

これで「ルイン・シェイド」とか落ちて復活させ、さらにドロップを増やしていくとかも狙っていけますね。

 

必ず4枚落とすので終盤だとデッキ切れのリスクも伴ってきますが、それを差し引いても序盤ありがたすぎるのでこのコストはめっちゃ良いですね。

さすがにバスカークのように初回ライド時点でクリティカル2とかは目指せそうにありませんが、ドロップ10枚くらいは何とかなりそう。

 

10枚超えると「ルイン・シェイド」や「伊達男ロマリオ」など色んなユニットのパワーが上がり始めますので、10枚を目指していきたいところです。

 

ドロップ増やしに複数コール。

めっちゃ序盤に強いユニットだなあって感じですね。

 

偉大なるヴァンガード要員2体目

グランブルーに革命的な出来事が起こったのですが、コキュートスはまともに使えるヴァンガード要員2種目ですね。

 

非常に幸いなことに、バスカークもコキュートスも

  • 復活効果持ち
  • ドロップ枚数に応じた自己強化

と効果が似通っているため、素直に2種のヴァンガード要員を入れることができます。

 

グランブルー使ってて思うのが、ヴァンガード要員が少な過ぎて再ライド安定しないってことでした。

一応「不死竜スカルドラゴン」ギフト持ってるんですけどね。

僕は今のグランブルーデッキには「魔の海域の王バスカーク」と「不死竜スカルドラゴン」をメインにしていて、結構「不死竜スカルドラゴン」にもライドします。

バスカークだけって決めてるとまともにライド回数稼げないからですね。

 

でもスカルドラゴンはV効果がほぼ無いので序盤にライドしたって別に嬉しくもなんともないのです・・・。

今回で2種目のヴァンガード要員を入れることができるようになったので、良い感じのライド先が増えたのはものすごく助かります。

コキュートス4枚入れて、バスカークをサブで2~3枚、残りの枠をスカルドラゴンなどのトドメ要員と取り合いって感じでしょうか。

 

まとめ

「氷獄の死霊術師コキュートス」についてまとめました。

個人的にめっちゃ評価高いですね。

復活効果だいぶ強くて、初回ライド時の安定感が増した印象です。

自己強化は中盤以降しか使えませんが、ノーコストでパワーとクリティカル上げられるのは強い。相手4ダメ時の強さはバスカークと変わらず健在ですね。

効果もさることながらグレード3の安定感を高められるのも重要ですし、色んな面で期待していたユニットが来てくれたって感じです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA