VGカード紹介

貴重な連続攻撃要員 忍妖ゴイノヒについて【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今回は「忍妖ゴイノヒ」について。

「神羅創星」に収録されるぬばたまのRですね。

プロテクトにはありがたい、攻撃回数を増やす効果を持っています。

それでは効果を見ていきましょう。

 

忍妖ゴイノヒの効果

忍妖ゴイノヒ

グレード2 パワー9000 シールド5000

ぬばたま ゴースト

【自】【R】:アタック終了時、コスト【カウンターブラスト2、このユニットを手札に戻す】ことで、あなたの手札から「忍妖ゴイノヒ」を1枚までリアガードサークルにコールし、そのターン中、そのユニットのパワー+10000。

 

連続攻撃

アタック終了時にカウンターブラスト2と自身を手札に戻すことで、「忍妖ゴイノヒ」をパワー19000でコールすることができます。

 

カウンターブラスト2とコストは重いですが、シンプルに攻撃回数を増やすことができますね。

何気にコストで自身を戻した後で同名カードをコールするので、こいつ1枚からでも効果を使うことが出来ます。

  • コストで自身を手札に戻す
  • そのまま戻した「忍妖ゴイノヒ」をコール

って感じですね。

最初テキスト見た時、パット見で「これ同名カード2枚いるのか~」って思っちゃったんですが、よくよく考えると1枚からでも使える仕様。なかなかに便利です。

 

コールされた「忍妖ゴイノヒ」はパワー19000ですが、1回目のアタックをブースト無しにしておいて2回目のアタックはブースト付けるとかでダメージトリガーを乗り越えていけます。

何気にアタック先はリアガードでも良いので、9000単騎でも攻撃する先はありそう。

 

あとはプロテクトⅡの上に置くことで、パワー24000まで上げられますね。

ダメージトリガーを1回出されてもまだ届くので、攻撃回数を増やす価値はあります。

 

あとぬばたまで攻撃回数を増やすと言えば、「隠密魔竜マガツストーム」。

あんまりカウンターブラストを使うやつでもないので、「忍妖ゴイノヒ」に回すコストはありそうです。

さらに「忍妖ゴイノヒ」は手札に戻るので、「隠密魔竜マガツストーム」の発動条件も満たせます。

併用することで、アクセル並みの攻撃回数を出せそうですね。

 

ちゃっかり同一ターン内での使用回数に制限が無いので、カウンターブラストが続く限り「忍妖ゴイノヒ」の効果を使い続けられます。

理論上は3回いけますね。

ダメージが表5枚の時に、「忍妖ゴイノヒ」を2回使って裏のダメージを4枚にした後、「隠密魔竜マガツストーム」の効果で「月下の忍鬼サクラフブキ」をコール、効果でカウンターチャージすれば、表のダメージが2枚になってもう1回使えます。

まあ最終盤まで表のダメージをキープしておくのはつらいですが、覚えておくと面白いかもしれません。

 

普通は連続攻撃をしないプロテクトだからか、やってる事のわりには全体的にコスト重いかなって気はしますが、ぬばたまには「月下の忍鬼サクラフブキ」という優秀なカウンターチャージ要員もいるので、意外と使えますね。

ぬばたまのヴァンガードが軒並みカウンターブラスト使っていかないのも好都合。「忍妖ゴイノヒ」に回すコストは充分にありそうです。

 

個人的には単体で効果使えるのがめっちゃ良いと思ってます。

1~2枚忍ばせておけば活躍するかもしれませんね。

 

まとめ

「忍妖ゴイノヒ」についてまとめました。

リアガードでの連続攻撃と、わりとプロテクトに似つかわしくないことをしていますが、手札を減らしていってもパワーが低いぬばたまにとっては、こういった攻撃回数を増やす要員はかなり貴重だと思います。

割と活躍してくれそうな予感。

 

その他の収録カードは神羅創星 収録カード一覧【ヴァンガード】にまとめておりますので、良かったらそちらもご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA