VGカード紹介

蝶魔月影のR枠が仮面の王 ダンタリアンと相性良い件【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

「蝶魔月影」のダークイレギュラーズを見てたんですが、今回って「仮面の王 ダンタリアン」の強化っぽいのが多い・・・?

見たところR枠にダンタリアンと相性良いのが揃っていて、R枠って結構貴重なのに良いなあ~とか思いながら見ていた次第です。

 

というわけで今回は「仮面の王 ダンタリアン」軸のデッキについて。新規カードで良い感じになりそうなのでそこら辺を語っていこうかと思います。

 

仮面の王 ダンタリアンとは

「仮面の王 ダンタリアン」と言えば、

ソウルのグレード2以上をガードを使える効果が印象的です。

さらには条件さえ満たせばコストもかからないパワーアップ効果も魅力的。グレード2以上のカードがソウルに入れば、+5000を3体のリアガードに振れるのでパワーを大きく上げることが出来ます。

 

ダンタリアンデッキはこれらの効果を活かすべく、

  1. 狙ったカードをソウルに入れるカード
  2. グレード2以上でシールド値の高いカード

を多く入れることが求められます。

 

ダークイレギュラーズ自体、ただのソウルチャージから狙ったカードをソウルに入れる方針になりつつあるので細々と強化されているダンタリアン軸。

登場初期はパワーアップ効果の誘発がちょっと厳しかったり、シールド値の高いユニットが少なかったりしてVRながら微妙でしたが、「エンブレム・マスター」や「ヴァリアンツ・キラーテイル」など使いやすいユニットの登場でデッキが組みやすくなっています。

 

今回の「蝶魔月影」でもちらほら使えそうなやつが出てきているので、それらを紹介していきましょう。

 

ダンタリアンと相性が良さそうなやつら

現状判明しているカードでダンタリアンデッキにて使えそうなやつらが2枚ありますね。

  1. オースティア・ヒーター
  2. ディフレクト・スイート

これらについて紹介していきましょう。

 

お手軽ソウルイン オースティア・ヒーター

オースティア・ヒーター

グレード3 パワー12000 ギフトアイコン:プロテクト

ダークイレギュラーズ ヒューマン

【起】【ソウル】:コスト【カウンターブラスト1、手札を1枚捨てる】ことで、このカードを手札に戻し、あなたのドロップゾーンから2枚までソウルに置く。

「オースティア・ヒーター」については以前にも紹介したのですが、

オースティア・ヒーターから感じる無限の可能性を検証してみる【ヴァンガード】おはようございます。しんぺいです。 またまた「蝶魔月影」のカードリストを見てたんですが、何とも気になるやつがありました。 ...

ちょっとダンタリアンデッキとは関係のない解説なので、ここではダンタリアンデッキでどう使えるかについて考えていきます。

 

「オースティア・ヒーター」はざっくり言うと、ドロップゾーンのカードをソウルに入れる効果。

手札コストで1枚捨ててからドロップゾーンのカードをソウルに入れる都合上、実質手札のカードもソウルに入れることができます。わりとかなり広い範囲からソウルに入れられると言って良いでしょう。

 

「仮面の王 ダンタリアン」の効果でガードに回すためのユニットを入れるもよし、グレード2以上を入れるために使うもよしと、狙ったカードをソウルに入れたいダンタリアンデッキとの相性は抜群です。

「エンブレム・マスター」のように、シールド値の高いグレード2というのもいるので、これらをソウルに入れればガード面でもパワーアップの面でも大助かりでしょう。

 

シールド値15000の効果無しグレード2を入れるのもあり。

カウンターブラスト1で2枚ソウルに入れられるので、結果的に1シールド2枚と3体にパワー+5000を2回できると思えばコスト払う甲斐もあるはず。

 

「オースティア・ヒーター」自体はソウルから手札に戻る関係で、2枚あればちょっとしたループになるのもえらいところ。

1枚目の「オースティア・ヒーター」の効果で2枚目をソウルに入れ、手札に戻った1枚目を2枚目の効果で再びソウルに入れればカウンターブラストの続く限り「オースティア・ヒーター」の効果を使えます。

カウンターブラスト1ごとにドロップゾーンからカードを2枚入れ続けられるので、締めのパワーアップとかにも使えそうです。

 

肝心のソウルに入れる手段については、「誘惑のサキュバス」や「ナンバー・オブ・テラー」辺りが良いでしょうか。

特にリアガードをソウルに入れられる「ナンバー・オブ・テラー」のおかげで、引けさえすればソウルに入れることに苦労はしなさそうです。

 

「オースティア・ヒーター」はギフトを持ってるとは言えソウルに入れなければ一切効果が使えないという意味では、リアガード要員と大差ないスペック。ソウルに入らなければ意味が無い点においてリアガード要員以下と言ってもいい。

なので4枚ガン積みするほどでもないですが、あわよくばループ狙いで2枚くらい入れておくと活躍しそうです。

 

待望のグレード2扱い ディフレクト・スイート

ディフレクト・スイート

グレード1 パワー7000 シールド10000

ダークイレギュラーズ ヒューマン

【永】【ソウル】:このカードのグレード+1。

【自】【R】:ブーストしたアタックがヒットした時、あなたのソウルが5枚以上なら、コスト【カウンターブラスト1】することで、1枚引く。

「ディフレクト・スイート」はソウルでグレード2になれるグレード1ですね。明らかにダンタリアンデッキで使えって書いてある。

ソウルに入る前はグレード1なので、ダンタリアンのパワーアップ効果が誘発するかは若干謎ですが、発売前ですしとりあえず裁定待ちで。

 

ソウルではグレード2なので「仮面の王 ダンタリアン」の効果でガードに回せますね。

グレード2以上をソウルからガードに出せるダンタリアンデッキですが、グレード2以上だけだとどうしても数が少ない。

なのでこうしてソウルだけでもグレード2になれるカードが出てくれてありがたいですね。単純にガード値を水増しできます。

 

2つ目の効果もダンタリアンと相性良し。ヒット時効果ではあるものの、ダンタリアンの効果でパワーを上げられるので相手にプレッシャーをかけられます。

ダンタリアンだけではシールド値こそあるものの展開はできないので、こうして手札を増やせる効果があるのはありがたいところ。

 

難点と言えばコストか。ダンタリアンはカウンターブラストを使わないとはいえ、周りが結構使う。

「誘惑のサキュバス」「エンブレム・マスター」「オースティア・ヒーター」などなど。カウンターブラストを使うユニットは多いのでそこら辺との兼ね合いはちょっと気になるところでしょうか。

ヒット時効果を気にし過ぎてメインフェイズに使えたカウンターブラストを余らしてしまったとなってはちょっともったいない。

 

幸い「ヴァリアンツ・キラーテイル」みたいにカウンターチャージできるユニットも存在するので、その辺でコストを確保していく形になりそうです。

 

まとめ

「蝶魔月影」での新規カードについてでした。

結構ダンタリアンに使えそうなのが多い。紹介したの以外でも、ダンタリアンに足りない展開効果を持つ「忌まわしき者 ジル・ド・レイ」とかいますし、割と良い感じになりそうです。

 

ダークイレギュラーズのR枠はあと2つ。デスアンカー推しの自分としてはデスアンカーと使えそうなやつが来てくれれば嬉しいんですが、どうなることでしょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA