VGカード紹介

確保の瞬間!極光戦姫密着24時! なんか凄いカードが来たな・・・【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今日のカードで公開された極光戦姫のオーダーがなかなか良い感じ。

今まで極光戦姫は相手がリアガード2体しか出してこなかったのなら監獄のカードを3枚にするのが難しかったのですが、リアガード以外から監獄に送るカードが来たのでその問題が解消されましたね。

というわけで今回は件のカードである「確保の瞬間!極光戦姫密着24時!」について見ていきましょう。スゴイ名前だ・・・。

 

確保の瞬間!極光戦姫密着24時!

確保の瞬間!極光戦姫密着24時!

グレード2 ノーマルオーダー ブラントゲート

コスト【ソウルブラスト1】することでプレイできる!

相手の手札が4枚以上なら、相手は自分の手札から1枚選び、あなたの監獄に収容する。その後、あなたの監獄に収容されている相手のカードが3枚以上なら、あなたは自分のユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。

 

手札から監獄送り

いつかは来ると思ってたリアガード以外からの監獄送り。早かったですね。

正確に言うとプレミアムコレクションで収録された「極光戦姫 スパーク・リモーネ」がドロップからの監獄送り効果を持っているのですが、ヒット時という不確定さがありました。

 

「確保の瞬間!極光戦姫密着24時!」は相手の手札からほぼ確実にカードを監獄に送れます。相手の手札が3枚以下なら使えませんが、そういう状況でターン回ってきたらこれ使わなくても勝てると思います。

 

これで相手がリアガード2枚しか出してこなくても監獄にカードを3枚送れますね。「極光戦姫 セラス・ホワイト」がフルパワーを出せずにいることも少なくなるでしょう。

ちなみにオーダーは1ターンに1回しか使えませんので、「確保の瞬間!極光戦姫密着24時!」を2枚使って相手の手札を2枚削るぜ!みたいなことはできません。

 

ついでにノーマルオーダーもセットオーダーも合わせてオーダーのプレイは1ターンに1回なので、監獄出してすぐにこれを使うこともできません。色々と忘れがちなところなので要注意ですね。

 

収容枚数を増やすことに目が行きがちですが、単純に相手の手札を減らすのも強い。

手札を減らせばそれだけガードしにくくなるので、このターンで決めたいって時は収容枚数に関係なく使うのもありですね。収容枚数3枚以上になれば1体に+5000できますし、パワー目的にも使えるカードです。

 

収容枚数を増やしやすくし、極光戦姫があんまり強くなかった攻めも強化されている。なかなか至れり尽くせりなカードですね。

 

意外に調整されてるかもしれないところ

めちゃめちゃ良さげな「確保の瞬間!極光戦姫24時!」ですが、しいて問題を挙げるならオーダーってところでしょうか。

1ターンに1回しか使えないうえに、使ったとしてもこっちの展開ができるわけではないカードなので、かさばるとスゴイ邪魔です。

 

展開した後にダメ押しとして使いたいオーダーですし、どうしても欲しい優先順位が1つ下がりがち。なんだろう、やってる事は強いけど手札に来すぎるとそれはそれで邪魔な辺り良い調整なのかもしれません。

 

手札の監獄送りも、考えなしに使ったってあんまり良いことないですし。

こっちは手札減らしてるのに相手は監獄に送ったカードを次のターン普通に使える。シンプルにアド損です。

 

これ使えば収容カードが3枚になるとか、このターンで一気に攻めるとか、そういう目的が無い限りは使わなくていいカードですね。

かといって温存しておいて2枚目引いても使いどころに困るし、良いバランスしてるのかも。どうなる極光戦姫。

 

まとめ

「確保の瞬間!極光戦姫密着24時!」についてでした。

待望のリアガード以外からの監獄送り。まともに発動を狙えるのもポイント高い。

一方で、いつ来ても嬉しいカードかというとそういうわけでもないので、採用してみると意外に「あれ、意外に邪魔じゃね??」ってなりそうなカードだと思います。

しかし弱点をきっちり補強しにきてる強化が良い感じですね。今後の強化も期待できます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA