VGカード紹介

良い感じにリメイクされてるファントム・ブラスター・ドラゴン【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

ここ2週間くらい忙しさにかまけてまともに更新していなかったのですが、こうまで更新しないとなると、多少の暇ができた時でさえも「別に更新しなくていいか」みたいな感じになってしまってマズイ。

やはり多少忙しくなろうともブログは更新していこうと思います。マジで途切れさせてしまうかと思った。

 

今日のお題はファントム・ブラスター。

週ヴァンにてブースター第2弾で登場の邂逅カードの効果が公開されましたね。

オーバーロードとファントム・ブラスター、どちらも元々の効果を踏襲してて非常にエモい感じになっています。

というわけでまずはファントム・ブラスターの方から見ていこうと思います。オバロはたぶん明日。

それでは始めていきましょう。

 

まずはここから フルバウ

フルバウ

グレード0 パワー6000 シールド5000

ケテルサンクチュアリ/シャドウパラディン ハイビースト

【自】:このユニットがライドされた時、あなたが後攻なら、1枚引く。

「ファントム・ブラスター・ドラゴン」のライドラインにおけるファーストヴァンガードは「フルバウ」。まあそうだよねって感じのやつ。やはりファントム・ブラスターはここからです。

 

効果も特に他のファーストヴァンガードと変わらないので言うこともありません。

言うことはないんだけど、懐かしのファーストヴァンガードが帰ってきただけでそこはかとないエモさがあります。

ぶっちゃけ邂逅カードの情報出た時は「またリメイクか・・・」って思ったけど、実際カードが公開されるとそういうのどうでもよくなってきました。僕は初代ヴァンガードの世代なんでね。懐かしさが上回ってくる。

 

相変わらずの下準備役 ブラスター・ジャベリン

ブラスター・ジャベリン

グレード1 パワー8000 シールド5000

ケテルサンクチュアリ/シャドウパラディン ヒューマン

【自】:このユニットが「ブラスター・ダーク」にライドされた時、あなたの山札を上から1枚公開し、ユニットカードならRにレストでコールし、違うなら、捨てる。

【永】【R】:あなたのターン中、「ブラスター」を含むあなたのヴァンガードがいるなら、このユニットのパワー+2000。

ライドラインのグレード1は「ブラスター・ジャベリン」。初期の連携ライドと同じ流れなので嬉しい限りです。

 

効果は「ブラスター・ダーク」にライドされるとデッキの上1枚をコールできるというもの。オーダーなら捨ててしまうので、デッキ作る時はユニットメインで組むことになりますね。

まあ現状のケテルサンクチュアリのオーダーはグレード3重視のデッキじゃないと使えないものばかりなので、あんまり気にしなくていいと思います。

 

雑にリアガードを増やして、後々退却コストにしていきましょう。

シャドウパラディン系統のデッキですし、大まかな流れとしてはコスト軽めに稼いだリアガードを各種能力の退却コストにしていく流れだと思われます。

 

リアガードでは「ブラスター」のヴァンガードがいればパワー+2000。

ライドラインのグレード1ってこの手の効果が多いけど、こういうのはあまりメインデッキでまで使われないイメージ。他に優秀な効果を持つやつ入れたいしね。

 

たぶん「ブラスター・ジャベリン」もメインデッキに複数枚採用されるユニットではないと思います。

まあでもライドデッキ用のカードだしそれでいいと思います。

 

おなじみのツインドライブ ブラスター・ダーク

ブラスター・ダーク

グレード2 パワー10000 シールド5000

ケテルサンクチュアリ/シャドウパラディン ヒューマン

【自】:このユニットがVかRに登場した時、コスト【カウンターブラスト1、他のリアガードを1枚退却させる】ことで、相手のリアガードを1枚選び、退却させ、そのターン中、このユニットのドライブ+1。

【永】【R】:あなたのターン中、このターンにあなたのリアガードが退却しているなら、このユニットのパワー+5000。

やっぱりグレード2と言えば「ブラスター・ダーク」。毎試合こいつにライドできるのが最高です。ライドデッキありがたい。

 

効果はおなじみのドライブ増加。なぜかVスタンから習得してきたドライブ増加を引っ提げて帰ってきました。

リアガードの退却コストが必要ですが、「ブラスター・ジャベリン」の効果で呼んでこられるので不発の心配はありません。カウンターブラストだけもらっておこう。

 

相手のリアガードの退却はタイミング的にちょっと微妙ですね。グレード2のV登場時だと相手が展開していない可能性もあります。

それでもドライブ増加させれば枚数的に損してないんで使っていってもいいのかな。

主なところでコストを使いそうなのが「ファントム・ブラスター・ドラゴン」と「ブラスター・ダーク」くらいなので使っても良さげ。

いきなりツインドライブをかましてやりましょう。

 

地味にリアガードに登場した時でも使えます。その場合は退却効果を目的に使うことになりそうですね。

グレード指定も列指定もない退却なので優秀。普通は触るのが難しい後列ユニットも除去できます。

 

ちなみにリアガードでもドライブ増加しますが、普通は意味ない。超トリガーでリアガードがドライブチェックできるようになった時だけ役に立ちますね。

 

リアガードだと単騎15000。そこそこ良いパワーを出せるので、わりとリアガードでの採用もありかもしれません。そもそも貴重な退却効果持ちだし。

なんとなく「ブラスター・ブレード」はデッキに1枚だけど「ブラスター・ダーク」は4枚っていうイメージがある。たぶん初期アニメのせい。とりあえず4枚入れとこう。

 

何回見たか分からない効果 ファントム・ブラスター・ドラゴン

ファントム・ブラスター・ドラゴン

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

ケテルサンクチュアリ/シャドウパラディン アビスドラゴン

【自】:このユニットがVに登場した時、あなたのソウルから「ブラスター」を含むカードを1枚選び、Rにコールしてよい。

【起】【V】【ターン1回】:コスト【カウンターブラスト1、リアガードを3枚退却させる】ことで、相手のリアガードを2枚まで選び、退却させ、そのターン中、このユニットのパワー+10000/クリティカル+1。

リメイクされるたびに同じ効果を持ってくることに定評がある「ファントム・ブラスター・ドラゴン」。今回もしっかりダムドチャージングランスを持っています。

 

そしてリメイクのたびに微妙に使いやすくなっていくことにも定評があります。

今回は登場時にソウルからブラスターを呼べるのが大きいですね。タダで1枚増やせるので、退却コストの負担が減ります。

ライドラインにブラスターが2枚いるので呼ぶ対象には事欠きません。ペルソナライドした際でも、自身がブラスターなのでソウルから呼び出せますね。

 

起動効果はおなじみのやつ。自分のリアガードを退却させて、相手のリアガードの退却と自身のパワーとクリティカル強化を行います。

 

今回は自身3枚退却のわりに相手は2枚退却と、Vスタンの時より退却枚数が減っています。あっちは相手に3体退却させられたからね。

 

ただ、今回は退却させる2枚をこっちが選ぶ仕様になってます。2枚の指定除去はなかなか強い。前列消し飛ばしてもいいし、後列を飛ばしてパワーダウンさせるのもあり。

「ブラスター・ダーク」と同じく退却させるユニットに制限は無いので、一番邪魔なやつを消していきましょう。

 

そして自身のパワーアップ。パワー+10000とクリティカル+1ですね。パワーアップ量はVスタンより減っていますが、全体的にガード値が下がり気味なのでそこまで弱くなってるわけでもありません。

 

むしろVスタンに比べると、プロテクトが無い分相手が完全ガード引いてない期待もできますし、相手の手札をかなり削っていけそうです。完ガ乙な効果だけど、逆に言えば完ガ引かれてなかったら強い。

 

リアガードを退却させ、手札も削っていければ相手の攻め手を大きく遅らせられるかもしれません。

 

Vスタンを知っているとなんか弱くなっているように見えますが、ライドラインを通してサポートされていることもあってわりと使いやすそう。

退却飛ばしながら高い要求値を出せそうですし、良い感じの強さなんじゃないでしょうか。

 

まとめ

「ファントム・ブラスター・ドラゴン」とそのライドラインについてでした。

デッキの流れがわりとリメイク前を踏襲していて良い感じ。元の形を保ちつつ、ライドラインのおかげで使いやすくなっているのが良いですね。

 

ていうかライドデッキがあるから毎回フルバウ→ブラスター・ジャベリン→ブラスター・ダーク→ファントム・ブラスター・ドラゴンの流れを決められるのが一番大きい。

特にシャドウパラディンって「ブラスター・ダーク」もかなりのメインユニットですし、それに毎回ライドできるっていうのがかなり満足度高いところです。

 

これでDスタン熱が上がった人も多いんじゃないでしょうか。登場が楽しみですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA