VGカード紹介

シャーマンキングコラボで組めるデッキをざっくり紹介していく【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

シャーマンキングコラボが発売されましたね。ただひたすらにオーバーソウルがエモい。

というわけで今回はシャーマンキングコラボで組める各デッキのカードについてざっくりと紹介していきます。

春には第2弾の発売も決まっていることですし、今のうちからシャーマンキングコラボに触れてみてはいかがでしょうか。

 

シャーマンキングコラボで組めるデッキたち

シャーマンキングコラボで組めるデッキは全部で5軸です。

  • 麻倉 葉
  • 道 蓮
  • ホロホロ
  • ファウストⅧ世
  • 木刀の竜

どれもなかなかに個性的。Dシリーズはユニットの能力にかなり個性を出そうとしてきています。

個人的にはホロホロとかファウストⅧ世辺りが好きです。ホロホロは技名がオーダーカードになってるのが良いし、ファウストⅧ世は骸骨出して戦う辺りがそれっぽい。

 

ここからはそれぞれのデッキの特徴を書いていきます。デッキを組む時の参考にしてもらえれば幸いです。

 

必殺のVスタンド 麻倉 葉

共に挑む戦い 麻倉 葉

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

SHAMAN KING シャーマン

O・S-【起】【V】【ターン1回】:コスト【「阿弥陀丸」を含むリアガードを1枚ソウルに置く】ことで、1枚引き、そのターン中、このユニットは『【永】【V】:あなたの前列のユニットすべてのパワー+5000。』を得る。

【自】【V】:このユニットがアタックした時、あなたのダメージゾーンが4枚以上なら、コスト【カウンターブラスト1】することで、そのバトル中、このユニットのクリティカル+1。

麻倉 葉はオーソドックスな前列強化が使いやすい感じ。

安定してパワーを出すことができるうえ、専用サポートのアンナを使うことでヴァンガードをスタンドさせることもできます。

勝利の女神 恐山アンナ

グレード2 パワー10000 シールド5000

SHAMAN KING シャーマン

【自】【中央後列のR】:「麻倉 葉」を含むあなたのヴァンガードのアタックがヒットしなかった時、コスト【カウンターブラスト1、このユニットをレストさせる】ことで、あなたのヴァンガードを1枚選び、スタンドさせ、そのターン中、ドライブ-1。

オーバーソウルする霊を継続して確保するのにちょっと手間取りそうな雰囲気はありますが、そこさえ乗り越えれば全体的に高いパワーと攻撃回数を出すことができますね。

 

主人公デッキらしいクセの少ない感じが良い。コラボからヴァンガードを始める人にも選びやすい作りになっています。

詳しくはこちら。

 

果敢に攻める 道 蓮

道 蓮は相手のリアガードを叩き潰すことを得意とします。

迷わない心 道 蓮

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

SHAMAN KING シャーマン

O・S-【起】【V】【ターン1回】:コスト【カウンターブラスト1、「馬孫」を含むリアガードを1枚ソウルに置く】ことで、相手の前列のリアガードすべてを退却させ、そのターン中、このユニットのパワー+10000。退却させたユニットが1枚以下なら、相手は自分の手札から1枚選び、捨てる。

【自】【V】:このユニットのアタックがヒットした時、あなたの山札から「道 蓮」を含むグレード3以上を1枚まで探し、公開して手札に加え、山札をシャッフルする。

毎ターン相手の前列を全滅させることができ、サポートカードで後列の除去もこなせます。邪魔するやつは全部薙ぎ払うって感じがそれっぽい。

 

ヒット時効果によるサーチは自身と同名カードをサーチすることもできるので、ペルソナライドを狙いやすいデッキでもあります。

Dシリーズのヴァンガードは毎ターンペルソナライドをしていくかが結構重要になってくるので、自力でサポートできる効果を持っていると使いやすいですね。

 

徹底した退却重視はライバルデッキっぽい。使うと派手な勝負になりそうです。

 

多彩な技で戦う ホロホロ

ホロホロはオーダーカードを中心として戦うデッキです。

本気で行くぜ! ホロホロ

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

SHAMAN KING シャーマン

【永】【V】:あなたのターン中、あなたはオーダーを2回プレイでき、このターンにあなたがオーダーを2回以上プレイしているなら、このユニットのドライブ+1。

O・S-【起】【V】【ターン1回】:コスト【「コロロ」を含むリアガードを1枚ソウルに置く】ことで、あなたのドロップからホロホロオーダーを1枚選び、手札に加え、そのターン中、このユニットのパワー+5000。

オーダーカードを使うほど強くなる。ドライブを増やせるのはかなり強いですね。

効果でオーダーカードを補充できますし、ホロホロオーダーは後続のオーダーを持ってくる効果を持つものもあるので安定してオーダーを使っていけるでしょう。

 

持ち霊であるコロロは自身をリアガードに置きやすいので、オーバーソウルのコストを切らしにくくなっているのもポイント高い。

フルパワーを発揮するのに必要なカードこそ多いですが、それらをしっかり用意することができるため、意外に安定して戦うことができます。

 

今回の中で最も次の弾への期待がかかる軸だと思っています。今回のパックで出た技名のオーダーってめちゃくちゃ初期の技ばっかりなので、次弾だともうちょっと話の進んだところで出てくる技がくると信じてる。

 

原作再現力が高い ファウストⅧ世

ファウストⅧ世は骨の兵隊を駆使して戦うデッキです。まんま序盤のファウストⅧ世。

愛しの人と ファウストⅧ世

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

SHAMAN KING シャーマン

O・S-【起】【V】【ターン1回】:コスト【「エリザ」を含むリアガードを1枚ソウルに置く】ことで、カウンターチャージ1し、あなたのドロップから「エリザ」を含むノーマルユニットを1枚まで選び、Rにコールする。

【起】【V】【ターン1回】:コスト【カウンターブラスト1、骨の兵隊・トークンを3体退却させる】ことで、あなたの、手札かドロップから「カルシウムの巨人」を1枚まで選び、Rにコールする。

オーダーカード「ネクロマンシー」によって大量の骨の兵隊を生み出し、それらをコストに「カルシウムの巨人」やエリザを使用していきます。

 

ネクロマンサーらしくドロップゾーンを大量に増やしてそれらを使っていくスタイル。

ドロップからカードをコールする効果も多いため、増やしたドロップはそのまま力になります。

ヴァンガードはゲームが進むほどドロップが増えていきますし、エリザとカルシウムの巨人も相まって終盤ではかなりの力強さを発揮するでしょう。

 

ベストプレイス 木刀の竜

木刀の竜はベストプレイスを絡めた超パワーを繰り出すデッキです。

永遠の旅人 木刀の竜

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

SHAMAN KING シャーマン

【自】:このユニットがVに登場した時、あなたの山札から「ベストプレイスを求めて」を1枚まで探し、公開して手札に加え、山札をシャッフルする。

O・S-【起】【V】【ターン1回】:コスト【カウンターブラスト1、「蜥蜴郎」を含むリアガードを1枚ソウルに置く】ことで、あなたの、オーダーゾーンとソウルの「ベストプレイスを求めて」1枚につき、そのターン中、あなたのユニットすべてのパワー+5000。

最大で自軍すべてのパワー+20000とかいう訳の分からないパワーを誇ります。

「ベストプレイスを求めて」はオーダーカードで1ターンに1枚しか使えないので、早い段階から毎ターン使っていって「ベストプレイスを求めて」を貯めていきましょう。

 

オーダーカードとオーバーソウルで手札消費が激しいわりに、特に手札を補充できる効果を持たないので、リアガードにはユニットを展開できる効果を持つユニットを採用してあげるといいでしょう。

正直今回の5デッキの中で一番ロマンありそうな効果をしています。

 

まとめ

シャーマンキングコラボで組めるデッキについてでした。

どれも個性がハッキリしていて対戦するのが面白そうなデッキばかりです。

反面、カードパワーはオリジナルに比べると少し控えめになってる気がしないでもないのはコラボゆえか。

その辺は第2弾の発売が決まってる影響もあるのかもしれませんね。強化が来るのが決まっているので今は多少物足りなくても希望が見える。

とりあえずなんか組んでみようかな。僕はハオのカードでデッキを組みたいんだけど、ハオはヴァンガード要員いないんで葉と合わせるとかしてデッキを作ってみたいなと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA