VGカード紹介

さらっとやばそうなこと書いてる極光烈姫 セラス・ピュアライトについて【ヴァンガード】

毎週グレード4が公開される週間。第3週です。

今回は「極光烈姫 セラス・ピュアライト」。監獄だ!

ざっと効果見てみたらやばそうな感じがしたんで震えてる。さっそく効果を見ていこうと思います。

 

極光烈姫 セラス・ピュアライトの効果

極光烈姫 セラス・ピュアライト

グレード4 パワー13000 トリプルドライブ

ブラントゲート ヒューマン

【自】:このユニットがVに登場した時、コスト【カウンターブラスト1、「セラス」を含むカードをソウルブラスト1】することで、相手は自分の、手札とリアガードとソウルからそれぞれ2枚ずつ選び、あなたの監獄に収容する。

【永】【V】:あなたのターン中、あなたの監獄に収容されている相手のカード2枚につき、あなたの前列のユニットすべてのパワー+5000。10枚以上なら、あなたの前列のユニットすべてのクリティカル+1。

 

色んなところから収容

V登場時に相手の手札とソウルとリアガードを監獄に収容します。

最大6枚ってやばいね。めっちゃ持っていきますやん。

 

手札を奪ってガード値を削り、ソウルを奪ってコストも削る。さらにリアガードも監獄行きとなかなかやってます。

特にソウルを削るのがやばそうで、コストカツカツで動いてるデッキにとっては死活問題です。

ていうか僕がゾルガデッキ使ってるからかソウル削られるのがかなりやばい効果に見える。

あれか、逆にソウル使い切ってターンを渡すことで収容させないプレイスタイルを強いられてるのか。

 

効果のインパクトはやばいんですが、全部収容というところが良くも悪くもという感じとも言えます。

収容されたカードはカウンターブラスト1で2枚、ソウルブラスト1で1枚呼び出せるので、結局コストさえあれば相手は盤面を復活させられます。

ソウルから監獄へというのも考えもので、ソウルに置かれたカードを呼び戻せるようにしてると考えると微妙にデメリットくさい査定なのかもしれません。

 

ブルースみたいにソウル簡単に貯められるし出てくるユニットが強いデッキ相手だと、ターンを渡してしまうとえらいことになってしまうのかも。

 

その辺を考慮しての低コスト大量収容なのか。まあ収容枚数と範囲はピカイチで強いことには違いありません。

結局盤面を復活させるのにもコストが必要ですしね。それで相手のコストが無くなってやりたい動きができなくなったら儲けものです。

若干相性によるところを感じますが、強い相手にはとことん強そう。

 

全体強化が強い

収容カード2枚につき前列にパワー+5000。

4枚の時点で+10000なのでペルソナライドと同じですね。この時点でペルソナライド狙いでセラス・ホワイトを入れるよりセラス・ピュアライトを優先して入れて良さそうな気がします。

 

6枚あれば+15000。ペルソナライドより上がってるし、セラス・ピュアライトの登場時効果をフルに発揮すればいきなり満たせるのでわりと狙えそうです。

 

10枚あれば+25000したうえにクリティカル+1。ここまでいけばゲーム終わらせられそう。10枚ものカードを収容するのは大変ですが。

セラス・ピュアライトで6枚収容して、残り3体のリアガードを別の効果で収容しても計9枚なので、数ターンかけて収容カードを増やしていくことになります。

 

うまいことセラス・ホワイトにライドしたターンで相手に収容カードを残させるようにしたいですが、さすがに相手依存なとこあるのでできたらラッキーって感じかな。

 

セラス・ピュアライトの収容を完璧に決めるとたぶん相手は監獄から収容カードを全部出し切れなくなるので、2回目のセラス・ピュアライトで満たしに行くのが主な使い方になるかもしれません。

グレード4に2回ライドって結構長引いてるけど、しっかり収容していけば耐えられそうですし、長期戦になりやすい極光戦姫らしい効果と言えるでしょう。

 

まとめ

「極光烈姫 セラス・ピュアライト」についてでした。書いてることやばいなこいつ。

グレード4の中ではわりと文句なしにペルソナライドより優先して良いんじゃないでしょうか。世の極光戦姫使いの評価が気になります。

僕はマジで使われたくありません。ゾルガデッキはコストがカツカツなんだから勘弁してくれ・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA