雑記

カードショップに迫る危機とは

横浜に引っ越してきたのを良いことに秋葉原に入り浸っています。

実家の近所にカードショップ一軒しかなかった僕にとって、何軒ものカードショップが並ぶ秋葉原ってもはや聖域なんですよね。

 

で、カードショップで買い物してて常々思うんですけど、カードショップってめっちゃ買い物しやすくないですか?

どれだけの時間立ち見してようが店員は一切話しかけてきませんし、いざ欲しいものが見つかってちょっと声をかけたらすぐに応対してくれる。

これは中々レベルの高いサービスじゃないかと思うわけなんです。

でも実際のところ僕はカードショップで買い物する頻度が減ってきてるんですよね。

それはなんでかっていうのを今回考えていこうと思います。

 

カードショップは良いところ?

まずカードショップのどこがレベル高いっていうところから考えていくと、店員から一切話しかけてこないってところですね。

しんぺいは性根が陰の者なので、人から不意に話しかけられることをものすごく嫌うわけですよ。

もちろんカードゲームの対戦中みたいに話をするような場だと全然良いんですが、買い物中と言うのは自分の世界に浸っているんです。

ようは黙って見てたいので、そんな時に話しかけられるとものすごいムカつきます。

 

そんな僕が嫌いな場所と言えばもちろん服屋なわけで、ここはもう店員さんが荒れ狂っているわけなんです。

ポケモントレーナーかな?っていうくらいに目が合ったら一瞬で飛んできますし、なんなら目が合ってなくても話しかけてきます。

で、決まって言ってくるのが

「何かお探しですか?」

なんですよ。

 

探してるのは間違いなくお前を退散させる方法なんですけど、そんなこと言えないので

「ちょっと上着探してるんです。」

とかうっかりホントの事を言っちゃうと、

どんな感じのものを探してるとか今はこういうのがおすすめとか今の時期だとセール中なのでお買い得ですよとか、

めちゃくちゃしゃべってくるんですね。

 

最初っから「見てるだけです」って言えればいいんですけどそこは陰の者ですから、せっかく厚意で話しかけてもらってるのを無下にはできないわけです。

それでひとしきり店員さんの話を聞いた後に、

「ありがとうございます。ちょっと考えてみます。」

って返事するのが精一杯なんですよね。

 

ただ服屋の店員はまだマシで、なんでかっていうと服屋ってそういう場所だからです。

店員さんがすごい話しかけてくる場所って感じで、話しかけられるのがある意味分かり切っているわけですから。

 

本当にヤバいのはキャッチですね。あの居酒屋とかに誘い込んでくるやつ。

秋葉原は本当にキャッチが多くて、夕方くらいになれば見渡す限りキャッチなんですよ。

もう獲物を狙ってる目ばっかりで、まるでハナダシティの上の道路にいるポケモントレーナーのごとくキャッチが並んでるんです。

 

ただ大半のキャッチは無害で「よろしくお願いしまーす」とか言ってチラシを持った手を伸ばしてくるだけなんですが、たまに

「お兄さん、ちょっと良いですか?」

って突っ込んでくるやつがいるんですね。

服屋の店員さんは服を買いに来た僕に対して親切にしてくれていますが、キャッチは別に僕この店入ろうともしてませんからね。

全然親切する義理もないので無視して通り過ぎます。

 

たいていはそれで良いんですが、たまに追いかけてくるやつがいるんですよね。

なんか追いかけてこられると無視してるこっちが悪いみたいに思えてくるんですが、そこはグッとこらえて歩くスピードを上げるわけです。

大阪人は歩くスピードが世界一速いのでそれでまけるわけなんですが、なんでカード買いにきてんのにこんなしんどい目に合わなあかんのって思います。

カードショップ自体は良いところなんですが、なんか障害が多いなあという気がします。人が多い秋葉原だけかもしれませんが。

 

カードショップの良さとは

話をカードショップに戻すと、カードショップっていうのは陰の者にすこぶる優しくて、

  1. 話しかけてこない
  2. でもいざこっちが話しかけると快く応対してくれる

っていう2点が本当にすばらしいわけなんです。

 

どれだけショーケースを見てようが「何かお探しですか?」って聞かれることもありませんし、ストレージ見ながら時間つぶしてても何も言われません。

でも買い物する段階になったらしっかり対応してくれるので、何も文句言うところが無いですね。

 

で、最近気づいたんですが、「話しかけられたくない」「でも応対はしてほしい」って

 

それネットで買い物すればよくない?

 

ってことなんです。

ネット通販ならどれだけ見てても誰も何も言ってきませんし、確実に対応もしてくれます。

わざわざキャッチとか面倒な目にあってまで秋葉原まで行く必要もないわけです。

ていうか僕は秋葉原まで交通費が往復1000円以上かかるんですよね。

普通に考えてわざわざ行く必要全くありません。

 

それでもなんでカードショップまで行くのかっていうと、デュエルスペースがあるからですよね。

ようは対戦できる環境があるってことです。

やっぱりカードゲームは対人戦なので、自分ひとりではできません。対戦相手が必要です。

カードショップはその辺りしっかりしている店はしっかりしていて、定期的に大会開いてたりしているので、友達いない人でも対戦することができます。

この対戦できる環境にお金を払っていると考えると、往復1000円払っても別に良いかなあと思えるわけです。

 

それ以外の、単に買い物だけを目的にするともうネットで良いですね。

最近は楽天とかもあるので、カードショップがどんどんネット通販に進出してきています。

楽天みたいに大手のネットモールだとポイントが優秀なので、カードショップ単体のポイントカード作るなら楽天ポイントで良くない?とまで思えます。

この辺りは前に考えてみたので、良かったらそちらも見てみてください。

 

もはやカードショップに行くためには、モノ売ってる以外の価値が必要になってきたと思えます。

単に買い物したいだけならAmazonや楽天で事足りますし、もっとリアル店舗ならではの良さを知っていきたいところです。

とりあえず最近のしんぺいはカードショップ行く目的がもっぱら大会だけになってきているので、カードショップの存在意義にちょっと疑問が出てきたのでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA