リモート対戦

リモート対戦に使えるWebカメラの選び方【カードゲーム】

おはようございます。しんぺいです。

今回はリモート対戦に使えるWebカメラの選び方を紹介していこうと思います。

リモート対戦の際に欠かせないのがWebカメラ。最近はビデオ会議とかも珍しくないんでカードゲームに限らず出番は多いので、1つ買っておくと便利です。

ただ、なんでも良いかと思って買ってしまうと、リモート対戦の時に「このカメラ使いにくくね・・・?」ということになりかねません。

というわけでここではWebカメラを買う際に見ておいた方が良いところを紹介していくので、これからリモート対戦を始めたいなと思っている人の参考になれば幸いです。

 

画質について

カメラを選ぶと言えばまず気になるのは画質。

ただ、僕はそこまで気にすることではないと考えています。

 

最近はWebカメラの技術も進んでいるのか、安いものでも充分な画質があるものが多いです。2000円くらいのやつでも充分映る。

たぶんよっぽどよく分からん安物でも買わない限り、「映ってるけど何が映ってるか全く分からん・・・」みたいなことは起こらないと思います。

 

そもそもリモート対戦の画面って絵柄さえ分かればそれで大丈夫です。

テキストなんて見えない方が普通。なので画素数とか色々ありますが、あんまり気にする必要は無いですね。

 

画質よりよっぽど重要な機能があるのでそっちを見ていきましょう。

 

リモート対戦で使えるWebカメラの選び方

撮影できる範囲が広いものを選ぶ

Webカメラを選ぶときは撮影範囲が広いものを選びましょう。つまりは首がどれだけ動くかどうかってことです。

 

Webカメラってこうやってモニターに引っ掛けて使うものが多いのですが、

こういうタイプで自分の盤面を映そうとすると、首が下まで回る必要があります。

こんな感じ。

これがもし首が固定されたタイプだと、盤面が映せないので対戦することができません。

別に首が回らないタイプでもビデオ会議なんかに使う際は問題ないので、首が回らないWebカメラも普通に売られています。

 

なのでWebカメラを買う際は絶対に首が下まで回るかどうか確認しておきましょう。

上のやつは僕が買ったやつなのですが、ちゃんと真下まで首が回るので盤面もしっかり映すことができます。

 

下まで映せるっていうのは普通のビデオ通話目的でWebカメラを買うのとはまた違った目線での選び方なので、リモート対戦のためにWebカメラを買う場合は覚えておきたいですね。

 

ズームできるものを選ぶと使いやすいが・・・

もう1つリモート対戦で使うWebカメラの選び方があって、それがズームできるかどうか。

ズームができるWebカメラは一層使いやすさが増すと思っています。

 

下の画像は僕がWebカメラで撮影した盤面なのですが、

正直ちょっと遠い。撮影範囲がプレイマットから結構はみ出しています。

理想を言えばプレイマットだけ映るくらいには寄りたいんですよね。

 

撮影範囲が無駄に広いと余計なものが映ってしまうかもしれませんし、何より相手が見づらい。

やっぱ対戦相手がいることを思えば、ギリギリまで大きく見やすく盤面が映るというのが理想だと思います。

 

そこで役に立つのがズーム機能。ズームできれば撮影範囲をプレイマットギリギリくらいに抑えて大きく映すことができます。

 

ただ、ズーム機能のあるWebカメラって手頃なやつがないんですよね。

値段も1万は普通に超えてくるし、ディスプレイに引っ掛けるタイプは縦の首振りには対応してないものしか見つかりません。

これだとディスプレイに引っ掛けて、そのまま下を映すっていうのが難しいですね。配置さえ工夫すればなんとかなりそうですが、お手軽とはいかなさそうです。

 

なのでズーム機能に関してはあれば嬉しいってところでしょうか。

 

快適なリモート対戦環境のためには

リモート対戦のためのWebカメラの選び方として注目しておきたいところは、

  • 真下が撮影できる
  • ズームができる

というところです。

 

真下が撮影できるのは最低条件ですね。これが無いとディスプレイの上に引っ掛けて盤面を映すという方法が取れません。

ズームはあれば便利なんだけど・・・と言ったところ。ディスプレイに引っ掛けられて真下が映せてズームまで出来るWebカメラがあれば最高なんですが、今のところ無さそうなんで諦めるしかありません。

 

どうしてもズーム機能のあるWebカメラを使いたいなら、ディスプレイに引っ掛ける方法は諦めて何か別のやり方でカメラを固定することになります。

 

なのでまあ、実質考えることは真下が映せるかどうかだけですね。

ちなみに僕のリモート対戦環境はこんな感じ。

正面にディスプレイがあって見やすく、カメラの位置も特に邪魔になりません。かなり快適です。

 

盤面をどう撮影するかは結構悩んだので、今の形には満足しています。

Webカメラを使ってのリモート対戦、ぜひ試してみてください。

 

まとめ

リモート対戦に使うWebカメラの選び方についてでした。

本当なんでも良いわけじゃないっていうのはあります。

僕は仕事でWebカメラ使ってたせいか、自分で使うWebカメラを買うときでも「まあ安いのでも問題ないし適当に買ったらええやろ」って買ったら首が回らなくて「どうすんのこれ・・・」ってなった覚えがあります。ビデオ通話で使うやつとはまた違うのが求められてる。

 

というわけで首振りできるタイプのWebカメラを買いましょう。

今の形には結構満足してるんで、リモート対戦環境の参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA