遊戯王

素材4つある天霆號アーゼウスの出し方【遊戯王】

おはようございます。しんぺいです。

今回はアーゼウスの出し方について。特に素材4つ持ちのアーゼウスの出し方についてまとめていこうと思います。

 

アーゼウスはフリーチェーンでフィールドのカードを壊滅させられるとても強力なカードです。

天霆號アーゼウス

光属性 ランク12 機械族 エクシーズ 効果

攻撃力3000 守備力3000

レベル12モンスター×2

「天霆號アーゼウス」は、Xモンスターが戦闘を行ったターンに1度、自分フィールドのXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

①:このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。このカード以外のフィールドのカードを全て墓地へ送る。この効果は相手ターンでも発動できる。

②:1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。手札・デッキ・EXデッキからカード1枚を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

しかもこの効果、なぜかターン1回の制限が付いていません。つまりは素材4つ持っていれば1ターンに2回効果を使えます。

相手ターンに発動できる全体除去が2回も発動できるとなればとても心強いですね。

ここではいくつか素材4つ持ちアーゼウスの出し方について紹介していこうと思うので参考になれば幸いです。

「天霆號アーゼウス」を探す

 

低ランクの味方 ダウナード・マジシャン

ダウナード・マジシャン

闇属性 ランク4 魔法使い族 エクシーズ 効果

攻撃力2100 守備力200

魔法使い族レベル4モンスター×2

このカードは自分メインフェイズ2に、自分フィールドのランク3以下のXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

①:このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。

②:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

③:このカードが戦闘を行ったダメージ計算後に発動する。このカードのX素材を1つ取り除く。

ダウナード・マジシャンを探す

「ダウナード・マジシャン」はランク3以下のエクシーズモンスターに重ねてエクシーズ召喚することができます。

ということは、素材2つ持ちのランク3以下に「ダウナード・マジシャン」を重ね、そこにアーゼウスを重ねることでもう素材4つのアーゼウスが爆誕しますね。

 

とりあえずランク3以下のモンスターが出せればいいので、かなり広い範囲で素材4つ持ちアーゼウスを出すことができます。

 

強いて言うなら低ランクのエクシーズモンスターはステータスに不安があり、戦闘を行いにくいのが難点でしょうか。「ダウナード・マジシャン」もメインフェイズ2にしか重ねられないので、重ねる元であるエクシーズモンスターで戦闘を行っておく必要があります。

 

ちなみにアーゼウスの召喚条件である「エクシーズモンスターで戦闘を行ったターン」というのは、戦闘を行うエクシーズモンスターが誰のものかまで指定していません。

つまり相手のエクシーズモンスターと戦闘を行い、その後のメインフェイズで自分の場にエクシーズモンスターを召喚してそこにアーゼウスを重ねるのもありです。

 

ただまあ、相手の場に都合よくエクシーズモンスターがいるのを前提とするのもアレなので、ここでは自分のエクシーズモンスターが戦闘を行うとして話を進めていきます。

 

で、低ランクのエクシーズモンスターはステータスが低くて戦闘を行いにくいという話ですが、そこは「神騎セイントレア」のような戦闘で破壊されないモンスターを使うと良いでしょう。

神騎セイントレア

光属性 ランク2 獣戦士族 エクシーズ 効果

攻撃力2000 守備0

レベル2モンスター×2

①:X素材を持っているこのカードは戦闘では破壊されない。

②:このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時に、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その相手モンスターを持ち主の手札に戻す。

「神騎セイントレア」を探す

相手の場に攻撃力が高いモンスターがいても強引に戦闘を仕掛けられます。

ただし、手札に戻す効果を使った場合はエクシーズ素材が減ってしまうので4素材アーゼウスまではたどり着けないことに注意しておきましょう。

 

とりあえず、素材2つ持ったランク3以下のエクシーズモンスターを用意できれば、「ダウナード・マジシャン」経由で素材4つ持ちのアーゼウスを作ることができます。

ダウナード・マジシャンを探す

 

ランク8以上の柔軟さが光る No.84ペイン・ゲイナー

No.84ペイン・ゲイナー

闇属性 ランク11 昆虫族 エクシーズ 効果

攻撃力0 守備力0

レベル11モンスター×2

このカードはX素材を2つ以上持っている自分のランク8~10の闇属性Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

①:このカードの守備力は、自分フィールドのXモンスターのランクの合計×200アップする。

②:X素材を持っているこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が魔法・罠カードを発動する度に相手に600ダメージを与える。

③:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このカードの守備力以下の守備力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

「No.84ペイン・ゲイナー」を探す

素材を2つ以上持ったランク8~10の闇属性エクシーズモンスターに重ねて出すことができます。

属性と素材数の縛りが割とキツイですが、それさえ満たしてしまえばランク8~10と比較的広い範囲で使っていけます。

 

ペイン・ゲイナーの優れたところは自身がセブン・シンズの素材になるところですね。

No.77ザ・セブン・シンズ

闇属性 ランク12 悪魔族 エクシーズ 効果

攻撃力4000 守備力3000

レベル12モンスター×2

このカードは自分フィールドのランク10・11の闇属性Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。この方法で特殊召喚したターン、このカードの①の効果は発動できない。

①:1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て除外し、その後、除外したモンスターの中から1体を選んでこのカードの下に重ねてX素材とする。

②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

「No.77ザ・セブン・シンズ」を探す

適当なエクシーズモンスターにペイン・ゲイナー→セブン・シンズ→アーゼウスと重ねることで、なんと素材5つのアーゼウスが爆誕します。

素材が1つ余るので、途中のペイン・ゲイナーで効果を使って除去を行うこともできますね。

 

セブン・シンズのステータスが高いので戦闘を行えないということもないでしょう。出せるデッキこそ選びますが、素材4つ持ちアーゼウスの中ではかなり出しやすい方だと思います。

 

おすすめの下敷きモンスターは「宵星の機神ディンギルス」

宵星の機神ディンギルス

闇属性 ランク8 機械族 エクシーズ 効果

攻撃力2600 守備力2100

レベル8モンスター×2

自分は「宵星の機神ディンギルス」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、自分フィールドの「オルフェゴール」リンクモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

①:このカードが特殊召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。●相手フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る。●除外されている自分の機械族モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

②:自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

「宵星の機神ディンギルス」を探す

素材を使わずに除去効果を使えるのがありがたい。ペイン・ゲイナーと合わせて相手の場を荒らしながらアーゼウスまで繋げられるので、アーゼウスの素材を温存して相手ターン似回しやすくなっています。

僕はよく壊獣カグヤでお世話になっています。ランク8が出せるデッキならぜひ採用したいセットです。

 

これがエクシーズ召喚の完成形なのか・・・? 十二獣

十二獣はなかなかやってますね。

十二獣サラブレード

地属性 レベル4 獣戦士族 効果

攻撃力1600 守備力0

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札から「十二獣」カード1枚を捨て、自分はデッキから1枚ドローする。

②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。●このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

「十二獣サラブレード」を探す

とりあえず十二獣を出しておけば、エクシーズモンスターが飛んできます。

十二獣ワイルドボウ

地属性 ランク4 獣戦士族 エクシーズ 効果

攻撃力? 守備力?

レベル4モンスター×5

「十二獣ワイルドボウ」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。

②:このカードは相手に直接攻撃できる。

③:持っているX素材の数が12以上のこのカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。相手の手札・フィールドのカードを全て墓地へ送り、その後、このカードは守備表示になる。

「十二獣ワイルドボウ」を探す

十二獣のエクシーズモンスターから別の十二獣エクシーズモンスターに繋ぐのもありなので、とりあえず1体出せば4素材アーゼウスまで持っていけます。

 

「十二獣ワイルドボウ」が直接攻撃可能なのも大きいですね。十二獣はステータスが低くなりがちですが、ワイルドボウのおかげで楽に戦闘を行うことができます。

 

ドランシアがいれば破壊まで出来ますが、紙の遊戯王ではドランシアは禁止です。マスタ-デュエルではまだ使えますが、いつまで使えるでしょうか。

 

たぶんどのデッキよりも重ねてエクシーズを楽しめるやつ。素材を用意するより重ねていくのが正義なのかと思わされます。

汎用性は別に無いですが、十二獣はアーゼウスでかなり強化されたんじゃないかと思います。

 

いやでもエクストラデッキに枠があるなら、メインデッキに下級十二獣を入れるだけで成立するので意外と他のデッキでも使えるのかもしれません。

 

まとめ

4素材アーゼウスについてでした。

色んなランクに重ねて出す系のやつがいるので、それを経由することで4素材アーゼウスを出すことができます。

出せればかなりの妨害性能を誇るので、出せるデッキは積極的に取り入れていきたいですね。

「天霆號アーゼウス」を探す

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA