VGデッキ構築

星域軸ジェネシスデッキの構築に悩む

おはようございます。しんぺいです。

通販で買ったヴァンガードのカードが届いたので、ジェネシスデッキを改造しています。

でまあ、とりあえず組んでみたところ、

めっちゃ事故りますね。

 

悲しい。ヴァルケリオンが引けない。神は死んだ。

ヴァルケリオン引けない時はマジでやばいです。ヴァンガードのパワーが高いだけまだマシですが、ほとんど何も特別なことできないですから。

一試合通して引けなかった時とか、虚無感がやばいです。

 

星域を開くためにはマーカーが5つ必要ですが、そこはめっちゃ簡単になりました。

全てはアストライオス・ドラゴンのおかげ。さすがです。

星詠が2種類になったのでライドも安定します。

 

ただ、星域が出せても「絶界巨神ヴァルケリオン」が引けない。

一応「デピュタイズ・ベア」も入れてるんですけどね。まあ事故る時ってそれすら引かないよね。

 

そうなると「満天のアストライアー」まで入れた方が良い予感がしてきました。

最初はいらないかなって思ってたんですよ。登場時効果も手札増やしてるわけじゃないし、パワーも低いし。

でもやっぱり星域デッキだとヴァルケリオンを引くことを何より優先しないといけないので入れても良いんじゃないかって気になってきました。

 

あと地味に後半の効果も良さげ。星域展開した後って結構ソウル余るんですよね。

なので手札に戻す効果も割とアリかなって思ったりしています。

パワー低いのが難点ですが、事故率軽減のために仕方ないでしょう。本当なんでこいつ8000じゃなかったんだ・・・。

 

あと事故ってる理由の1つにグレード2枠があるんですが、

さすがにこいつら両方はいらないですね。

両方ともヴァンガード時効果なので、後半確実にいらないです。パワー上がる分「瑞光のポースポロス」がちょっとマシかくらい。

 

どっちも4枚入れてたんで、そこは改善しようかなと思います。

ただ、どっちを入れよう。

「戦巫女ムツキ」は

  • グレード2段階でギフトを得られる
  • 1枚引ける

「瑞光のポースポロス」は

  • リアガードでもパワー15000出せる
  • デッキの上から3枚とムツキより見られる範囲が大きい
  • ソウル増える

と、どっちも一長一短。

 

序盤は「戦巫女ムツキ」がめっちゃ良いんですけどね。

フォースを得ることでいきなりパワー20000出せるので速攻向けです。

何気に引きながらパワー上げるという、かなり序盤で助かる行動をしてくれるので、ライドするとめっちゃ強いです。

 

ただそこを過ぎるとマジでいりません。何も効果使えませんし。

完全ガードのコストでしょうか。

 

「瑞光のポースポロス」はたまに外すんですよね。

ていうか僕は自分の運を信用してはいけないような気がしてきました。

わざわざライド時にしか使えない効果使っといて不発て。心折れますね。

代わりに後半でもリアガードでそこそこ高いパワーを出してくれます。

ブースト込みで23000出せるので、トリガー乗れば33000まで上がります。良い数字ですね。

 

どっちを取るべきか・・・。

ライドしさえすれば、「戦巫女ムツキ」の方が確実に効果を発揮できるのでムツキを取るかなあ。

どうせなら速攻寄りにして「舞灯のプロメテウス」や「星夜の強弓ウリクセス」辺りでガンガン攻める感じにした方が良いかも。

そうなると「満天のアストライアー」も活きてきますね。

ソウルブラスト2でブースト後に手札に戻る効果も、ソウル2枚あれば実質手札消費無しでブーストに参加できるようなもんですし、パワー7000も相手ヴァンガードがグレード2以下では気にならないでしょう。

 

ガンガン攻めて早めにダメージを詰めれば、「絶界巨神ヴァルケリオン」降臨のためのお膳立てにもなりますし。

やっぱ点数詰めてない状態でヴァルケリオン出しても微妙ですから。

 

早めに攻めることを意識して、もうちょっと練り直そうかと思います。

たぶん、手札入れ替えながらガンガン殴っていったほうがよりヴァルケリオンを活かせそう。

元々安定を求めて組んだつもりだったのに、結果的に安定から遠ざかっていたとは皮肉なものですね。

やはり攻めの姿勢が大事なのでしょう。

 

今日もカード暮らしに来ていただいてありがとうございます。「攻撃は最大の防御」って良い言葉ですね。

管理人のデッキ一覧

ダークイレギュラーズ

「ノーライフキングデスアンカー」と「深魔幻皇ブルブファス」をメインにしたデッキ。

デスアンカーによる連続攻撃と各種ガード制限の相性が光ります。

ブルブファスで安定感が上がっているのも良いですね。

デッキ解説記事はこちら。

スタンダード構築のデスアンカー軸ダークイレギュラーズデッキ解説 -幻馬再臨 編-

 

グランブルー

「氷獄の死霊術師コキュートス」を主軸にしたデッキ。

強力な復活コールによる安定した盤面の形成が得意です。

クリティカルトリガー12枚積みと「不死竜スカルドラゴン」「バイオレンス・フランガー」のおかげで攻撃力も高いですね。

デッキ解説記事はこちら。

スタンダード構築のグランブルーデッキ解説 -My Glorious Jusice編-【ヴァンガード】

 

メガコロニー

「真魔銃鬼ガンニングコレオ」をメインにしたデッキ。

非常に緩い条件でのドライブ増加でガンガン攻めていくデッキです。

後半はガード制限をかけつつ高いパワーで攻め切ろう。

デッキ解説記事はこちら。

スタンダード構築のメガコロニーデッキ解説 -The Raging Tactics編-【ヴァンガード】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA