ヴァンガード

プロテクトの時代が来るってよ【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今週の週ヴァンはなかなか新情報がてんこ盛りでしたね。

特にカードの使用制限とエラッタが気になるところでしたので、今回はこれらについて見ていこうと思います。

特に使用制限はおもしろい!アクセルが軒並み規制されてるのでプロテクト使いとしてはプロテクトの春が来ることに期待したいです。

 

2020年3月1日よりカードの使用制限が更新

禁止制限が更新されました。ヴァンガードってあんまりこういうの無くて、どっちかと言うとインフレで塗りつぶしていくイメージだったのですが今回はしっかり出てきましたね。

 

内容的には

  • ドリアーヌの1枚制限
  • シラユキの1枚制限
  • アンガーブレーダーの1枚制限
  • チョウオウの2枚制限
  • ソナタとリーゼロッテの解除
  • 旧ワンダーエイゼルの制限(Pスタン)

となっています。順番に見ていきましょう。

※追記

旧ワンダーエイゼルは制限でなく禁止でした。コメントでのご指摘ありがとうございます。

 

ドリアーヌの1枚制限

銀の茨の潤滑油。しょうがないですね。

アクセルクランの割にめっちゃ展開してドローしてくるから攻撃も防御も強い。

ドリアーヌが制限となったことで単純に効果が使える回数が減ることとなりました。

一番多くてもライド時に使って、その後ソウルから呼び出しての2回か。ルキエと合わせること前提なので、ずっとドリアーヌに乗ってるわけにもいかないですし。

 

1枚制限のやつをライドしないといけないのはつらいので、基本はリアガードでの1回限りと思った方が良さそうな感じ。

それもダメ落ちしたりデッキの下に眠ってしまうことを考えると、効果が使えない勝負もかなり出てきそうです。

 

ドリアーヌの効果が使えなくなることでさすがに守りの固さは無くなりますね。

一方で展開の方はルキエ使えば相変わらず出来るので、これからはアクセルらしく攻めに偏る感じになりそうです。

ただ、ドリアーヌの効果が使いにくくなったことでルキエへの再ライドがちょっと難しくなっており、結果的には攻撃面も抑えめに。

 

元々Rにしてはおかしい効果をしていたので規制もやむなしって感じでしょうか。僕も銀の茨使ってましたが、ドリアーヌが来るだけで手札めっちゃ増えてましたし。

 

ちなみにPスタンでも1枚制限。まあしょうがないですね。

 

シラユキの1枚制限

「夢幻の風花シラユキ」がついに1枚制限。これずっと使われてましたね。

VRであるZANBAKUとZANGEKIより使われてるんじゃないでしょうか。HYU-GAの相方もシラユキであることが多かったです。

 

ぶっちゃけ僕はむらくもとあんまり戦ったことないエアプなんですが、ガードにも詰めにも使えるのかなり便利そうな印象でした。

サポートが充実してたのも大きかったと思います。

逆に1枚制限になったのでこれらが使われることは減りそう。シラユキは引けたらラッキー的な存在になるんでしょうか。でも逆に減ったシラユキを何とかして使っていくために採用するって考え方もあるのか。シラユキ探しにジャコツガールは使われそう?

 

というかシラユキ自体のV時効果も使えなくなりましたし、これどうするんでしょうね。次のむらくもで「このカードは「夢幻の風花シラユキ」として扱う」、みたいなカードは出そうな予感はする。

こういう感じ。むらくもってこういうの好きそう。

 

アンガーブレーダーの1枚制限

一番ビックリした枠。お前が規制されるんかい。

 

ヴァンガードってよっぽどじゃない限りメインヴァンガードよりも周辺パーツが規制されるイメージだったんですが、まさかのアンガーブレーダー本体に規制が来ました。

 

というかどっちかと言うとアクロカントがかかると思ってたよ。

こいつやばくない?除去できないデッキで出された時の絶望感よ。ていうか基本除去できんし。

でもこれをスタンドさせてくるアンガーブレーダーが悪いって考えもある。そう考えるとアンガーブレーダーに規制が来るのもしょうがないんですかね。

 

何にしてもメインヴァンガードを潰されたたちかぜかわいそう。これからはギガレックスの時代でしょうか。

いうてギガレックスも強いですけどね。アクセルクランで5点にむりやり押し込めるのは偉大です。武装ゲージの補充手段も増えて登場当初より使いやすくなってるのもある。

 

というか何がひどいってしばらくたちかぜの収録が無いところ。

スタンダードだとスケジュールが判明している7月までにたちかぜの名前が無いので、下手すると半年以上放置される可能性も。

今回の規制で一番かわいそうだと思いました。強さ以外の意味で。

 

チョウオウの2枚制限

正直よく分からない枠。なるかみ確かに強いけど規制されるのこいつなんだって感じ。

バインド要員ってチョウオウ以外にもいるしなあ。チョウオウが一番強いと思うけど。

バインドして列移動してスタンドもできるパワーカードなのは確かなんですが、なんか規制されるイメージが無かったです。

 

なるかみとよく戦う人なら分かるんでしょうかね。僕もなるかみと戦ったことないわけじゃないけど、どうにもチョウオウが規制されるほどとは思えない。

他のアクセルクランが規制された後に出てきそうなのはなるかみって感じはするので、それ読みで一足先に規制した感じなんでしょうか。

 

ソナタ&リーゼロッテの制限解除

規制解除枠。そもそもこいつらなんで規制されてたか分かってないけど。

出た当初は確かに飛びぬけてましたけどインフレしてきたし良いかって感じでしょうか。あと後述しますが「トップアイドルリヴィエール」がエラッタされますし。

 

バミューダ△ってそれぞれのグレード3によって専用デッキになる印象が強くて、リーゼロッテがどのデッキにも思考停止で4積みされるほどじゃないってのもあるんですかね。

とは言え選択肢に入らない強さじゃないし、バミューダ△使い的には選択肢が広がってちょうど良いのかもしれません。

 

旧ワンダーエイゼルの禁止(Pスタン)

Pスタンでの規制枠。しょうがない。出すだけでギフト得られるのはやばい。ただでさえアクセルギフトは強いのに。

 

時代が合いすぎてしまった悲しき獅子。というかゴールドパラディンは旧キルフと言いこいつと言い時代を先読みしてたかのような効果をしてるな・・・。

とは言えスタンダード式スペリオルライドもかなり強いので、これからはそっちで頑張る方針で。

でもスペライ決めて先取り超越しまくってたらまた規制かかりそうだけど。

 

トップアイドルリヴィエールのエラッタ

「トップアイドル リヴィエール」がエラッタされました。

こちらも2020年3月1日から。

内容的にはスペリオルライド効果が同名含めてターン1回になった、というもの。

こういうのって珍しいですね。ヴァンガードっていうかアナログカードゲームでエラッタってそうそうやらない印象。

遊戯王はやりましたが、あれは旧カードの名前を借りた新カードに近いくらい効果変わるのもあるので一緒にするのも微妙な感じ。

 

ちゃんと交換対応もしてくれるので良い感じですね。こういうとこめっちゃ好感持てる。

 

内容としては弱体化、規制みたいなもんですね。

元々コストが緩すぎるうえにターン1回制限が無かったのがおかしな話なので、良いんじゃないでしょうか。

ていうかリヴィエールが普通に強すぎてリヴィエールを好きで使ってる人がかわいそうだった。

元々強いデッキってヘイト集めやすいし、正直ぼくは好きなデッキには強くあって欲しいけど強すぎても困るという歪んだ愛情を持っています。

 

バミューダ△って元々ファンが多そうで強さはそこそこで良さそうだし、エラッタで交換もしてくれるならせっかく集めたカードも無駄にならないしで、今回のエラッタは良い感じなんじゃないかと思っています。

ていうかリヴィエールって同名ターン1回でも普通に強いでしょう。そう考えると良い感じの強さに落ち着いて平和になるんじゃないかなって思いたい。

 

まとめ

ファイターズルールの変更およびエラッタについてでした。

内容を見ればアクセルが軒並み規制された感じ。

単純に考えればプロテクトが台頭してきそうですが、そもそもゲームスピード速くなってるしどうでしょうね。

先攻グレード3がかなり強い現状だと、再ライド前提みたいな動きをするデッキが使いにくいってのもあるので、一概にプロテクト有利と言えるかどうかは怪しいところ。

僕はプロテクトばっかり使ってるので個人的にはプロテクトが活躍できるようになってほしいですが、最近フォースも強いしなあ。

とりあえず環境はガラッと変わりそうなので今後が楽しみですね。

POSTED COMMENT

  1. アモン より:

    ワンダーエイゼルは1枚制限ではなく禁止ですよ

    • shinpei より:

      コメントありがとうございます。
      すみません間違えていました。
      確かにワンダーエイゼルは禁止です。ご指摘ありがとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA