ヴァンガード

いったんリセット感のあるグルグウィント規制【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

ファイターズルールが更新されていますね。制限改訂です。

まあだいたいこのデッキがかかるだろうってやつがかかってて特に言うこともなさそうなんですが、一応確認しておきましょう。

 

グルグウィント選抜制限

制限改訂の内容としては、「旭光の騎士 グルグウィント」と「青き炎の解放者 パーシヴァル」の選抜制限というもの。

「旭光の騎士 グルグウィント」が攻守万能でかなり強い。攻撃にも防御にもスペリオルコール使えるのはやっぱえらいです。

そして攻撃性能を上げているのが「青き炎の解放者 パーシヴァル」。グルグウィントはアクセルサークルの数だけユニットをパワーアップさせる能力があるので、ギフト不正受給できるパーシヴァルとはバツグンに相性が良い。

 

大会の使用率もぶっちぎりでゴールドパラディンが高くて、だから規制されたって感じでしょうか。

 

ギフト不正受給の手段が無くなったことで、グルグウィントデッキでは早期に高いパワーを出すのは難しくなったと思います。

まあそれでも攻撃回数を増やす要員が軒並み生き残ってるんでまだ戦えそうな雰囲気は全然ありますが。

あとアグロヴァルはまだ使えるってのもあります。

パーシヴァルが消えたことでスペリオルコールは難しくなりましたが、とりあえず入れておけるのでこっちは活躍してそう。盤面空けつつパワー上げられるのは便利。

 

結局のところ、超強いデッキが強いデッキになったみたいな感じがするんで大きな影響は無さそう。いや大会使用率的には影響でかそうなんですが、フリーで使ってる人的にはまた新しい構築次第でなんとでもなりそうって感じがします。

 

なんかあんまり言うところもないくらいの改訂。いや僕がグルグウィント使わないだけかもしれませんが。まあでも自分が使ってるクランが規制かかっても、すでにかかっちゃったもんはどうしようもないんで前向いて生きていくしかないですね。

去年の春くらいの制限改訂で、僕のメインクランであるダークイレギュラーズとグランブルーにいっぺんに規制かかったのを経験してから、制限改訂にあんまり心動かなくなりました。まあ来るもんは来るよねって感じです。

 

青き炎の今後

グルグウィントから切り離された青き炎ですが、今後はどうなることでしょう。

いうてグルグウィント以外のデッキでは全然使えるので、見なくなることはないか。エイゼルなんかにも入るのかな。

個人的にはスペクトラルデュークのデッキに入るかな~とか思ってるんですが、そっちで活躍することになるんでしょうか。スペクトラルデュークの構築全然イメージ出来てないけど。

あとはパーシヴァルがメインヴァンガードのデッキとかあったら面白そうだなあとか思ってます。あれはやっぱメインヴァンガードでないともったいないカッコよさがある。

 

大会使用率トップのゴールドパラディンが規制ってのはインパクトでかいみたいで、グルグウィントが安売りされてるのを見る。これついでにアグロヴァルも安くならんかなってのが僕の希望です。

まだアグロヴァル集めきれてないんだよなあ。今月にはもうクランセレクションプラス出るのに。

パーシヴァル、アグロヴァル、ゴルボドゥク。なんやかんやでこの辺集めきれてないんで、安売りされて欲しい。妙に高いしね。クランセレクションプラス出るまでの間で良い感じに値段が下がってる事を祈っています。

 

まとめ

ゴールドパラディンの制限改訂についてでした。

まあ妥当なところだよねってところが規制された気がします。ていうか手札からコールする系のやつには規制の手が伸びてないから優しい方ではと思ってるくらい。

それでもゴールドパラディンの使用率が減ることは確かでしょうし、クランセレクションプラスの発売前にいったん環境をリセットしようって感じがする。

クランセレクションプラスのカードってとびぬけたぶっ壊れがいなくて結構良い感じにバランス取れてそうだし、これからの環境はまた色んなクランが見られるんじゃないでしょうか。

 

↓悲しみを背負った春の制限改訂

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA