VGデッキ構築

強いよこれ ゾルガ軸のゴースト・チェイスについて【ヴァンガード】

おはようございます。

先週末にブースター出てからずっとゾルガ軸で遊んでたんですが、構築がどんどん変わる。正解が分からん。

いつもはブースター発売してちょっと経ったら自分の作ったデッキを紹介したりするんですが、構築が定まらなくてイマイチ1つの記事にできない。

なのでゾルガ軸使ってて紹介したいなって思ったところを小出しに書いていこうかと思います。

 

そんなわけで今回はゾルガ軸での「ゴースト・チェイス」について。このオーダー、なかなかやりおる。

 

ゴースト・チェイスとは

バトル中のユニットのパワーを+5000させるブリッツオーダー。要するに5000シールドですね。

初見の時は「前列のリアガードでも戻して横殴りを防ぐのかな」とか思ってた。正直マグノリア軸のカードだと思ってたくらい。

 

でも実際はゾルガ軸のカードでしたね。

 

ゴースト・チェイスの良いところ

「ゴースト・チェイス」は後列のリアガードでも戻せる。

なのでガードに使えるユニットを後列に出しておいて、「ゴースト・チェイス」で回収、即ガードに出す、ということができます。

 

超トリガーなんかはかなり狙い目。

シールド50000を使い回せる。強い。ゾルガ軸はよくデッキからカードを落とすので、超トリガーが落ちたら再利用してあげましょう。

 

完全ガードでも良いですね。

完全ガードが欲しくなるようなパワーの攻撃ってわりとされるので、完全ガードを確保する手段はあって損はありません。

 

これらのユニットを後列に置いておいて、「ゴースト・チェイス」で回収してガードに使うという寸法。

リアガードに出す手段は「呪われし魂は悶え蠢く」や「怪雨の降霊術師 ゾルガ」の効果で良いでしょう。

「呪われし魂は悶え蠢く」はデッキの上4枚からのコールゆえにトリガーや完全ガードしか出せない時が気になりましたが、「ゴースト・チェイス」のおかげで出しても嬉しいカードになりました。

そもそもゾルガ軸って前列のパワーを上げられるんで、後列はこういう5000とか6000でもあんまり困らない。パワーの低いユニットを出すものの、攻めの邪魔になりにくくなっています。

 

「ゴースト・チェイス」は盤面を減らして守りに使うカードなので、普通に考えたら別に得してるわけではありません。でもゾルガ軸は盤面を増やすのが得意なので相性が良いってわけですね。盤面のプラスを守りに変えていく。

ゾルガ軸は元々オーダー多めの構築でガードに困りやすいデッキですし、守りを固めるために入れるのは全然ありですね。

 

ゴースト・チェイスの微妙なところ

「ゴースト・チェイス」の、というと語弊があるかもしれませんが、デッキ内のオーダー枚数が増えてしまうのが微妙なところですね。

 

「ゴースト・チェイス」はブリッツオーダーなので、ゾルガ軸でよく扱うノーマルオーダーではない。

ほとんどのサポートに対応していないので、素引きした時しか活躍できません。

ユニットやオーダーならドロップに落ちても再利用できるのに対し、ブリッツオーダーが落ちても何にもならないので、落ちて欲しくないカードがデッキに増えることになります。

 

一番困るのが「呪われし魂は悶え蠢く」でめくれた時ですね。

オーダーなのでコールできませんし、ブリッツオーダーなのでドロップに落ちても嬉しくない。

 

デッキ内のオーダーが増えることで「呪われし魂は悶え蠢く」使ったらオーダー3枚めくれて1体しか出せない、なんてことも増えますし。

ただでさえオーダーが多いデッキなのにブリッツオーダーまで入れるので、オーダー枚数の調整が大変です。

 

ここら辺はもっと採用するオーダーを絞ることで対応したいんですけどね。

ノーマルオーダーを3種4枚ずつフル投入するのはわりと過剰で、隙あらば減らしたいんですが、オーダー使えないターンがあるとかなり微妙なので、多めに入れて安心したくなる。

 

うまいことデッキ内のオーダーを減らしながらも、オーダーを安定して使っていけるような配分を目指せれば、「ゴースト・チェイス」の使い勝手もさらに良くなるかと思います。

 

まとめ

「ゴースト・チェイス」についてでした。

使い勝手はかなり良いカード。戻してガードに使うっていうトリッキーさが良い感じ。

シールド値がVスタンダードに比べて減った影響か、完全ガードや超トリガーと言った防御が強いカードのありがたみを感じやすくなっています。

ガードで強いカードを安定して抱えられるのは強いので、「ゴースト・チェイス」も上手く使っていきたいところです。

POSTED COMMENT

  1. ルナアム より:

    正直ゴーストチェイスを使用した上でのゾルガの耐久力を甘く見ていました。ショップ大会に出た時、一気呵勢のデッキを使用したのですが、終盤3ターン程ゴーストチェイスで耐えきられて、山札切れで負けました。今までのデッキとセオリーが違っていて、研究のし甲斐があって、将来性にも期待できる良いデッキタイプですね。

    • shinpei より:

      コメントありがとうございます。
      僕もゴースト・チェイスなめてました。だいぶ守りやすくなりますね。
      超トリガーを拾ってそのままガードに使えば実質完全ガードと同じようなもんですし、5000ガード要求が来ればゴースト・チェイスで守りつつ次の攻撃のためのガードを回収して、1枚で2回守ったりもできて便利です。
      やれることが多いんで、現状でもかなり楽しいデッキになっててとても嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA