マジック・ザ・ギャザリング

スタン落ち、そしてパイオニアへ・・・【マジック・ザ・ギャザリング】

おはようございます。しんぺいです。

8月もそろそろ終わり。早いものです。

そして9月がやってくる。9月と言えば、そう・・・

スタン落ちですね。

 

ていうか1年早すぎ。この前スタン落ちしたばっかだと思っていたのに。

というわけで今回はこの1年を(雑に)振り返っていこうと思います。

 

マジでこの1年マジックしてねえな・・・

2022年8月現在、スタンダードで使えるパックは

  • ゼンディカーの夜明け
  • カルドハイム
  • ストリクスヘイヴン:魔法学院
  • フォーゴトン・レルム探訪
  • イニストラード:真夜中の狩り
  • イニストラード:真紅の契り
  • 神河:輝ける世界
  • ニューカペナの街角

これらのパックのうち、

  • ゼンディカーの夜明け
  • カルドハイム
  • ストリクスヘイヴン:魔法学院
  • フォーゴトン・レルム探訪

はスタンダードのローテーションから外れることになります。

 

つまり今発売してるパックの中だと、この先スタンダードで使えるのは

  • イニストラード:真夜中の狩り
  • イニストラード:真紅の契り
  • 神河:輝ける世界
  • ニューカペナの街角

ってことですね。

 

この事実に震えてるわけであります。なぜならこの1年あんまマジックやってないから・・・。

イニストラードまではまだギリやってて、神河はカード買ってほぼ遊んでなくて、ニューカペナは集めてもいないって感じ。

 

手持ちのデッキ(黒単)を見ると、ゼンディカーのカードとか結構入ってて、がっつりスタン落ちの影響を受けてしまいます。

 

うーん。遊んでる頃ならスタン落ちを機にデッキ構築見直すか~って感じだったんですが、あんまりやってない現状だとデッキを見直すのも面倒です。

 

スタンダードはどうしてもデッキの動きが激しい気がする。スタン落ちで半ば強制的にデッキ構築変わるのが、たまにしかやらない勢的にはしんどいところ。

 

これを機にパイオニアをやってみたい

スタン落ちに対応するのがキツくなってきたので、ここらでスタン落ちの無いフォーマットに移ってみたい。

 

パイオニアはスタンダードに近いカードプールでありながらスタン落ちが無いので、そろそろ手を出してみたいと思っていたフォーマットです。

スタン落ちしたカードをそのまま使えるので手を出しやすい。それでいて、これからのスタンダードのパックで使えそうなやつが出たらそのまま採用してしまいやすいのが良いですね。モダンとかレガシーだとどうしてもカードパワー離れすぎてる感がある。

 

スタンダードについていくのはちょっとしんどいけど、スタンダードとあんまり変わらない感覚でマジックを遊べるフォーマットとして、パイオニアは良い感じなんじゃないかと思います。

 

というわけでパイオニアでデッキを作ってみようかな。スタンダードのために集めて来ていた黒単のカードが使えそうで、デッキも作りやすそうです。

 

まとめ

パイオニアやろうかなって話でした。あんまりがっつりマジックやってるわけじゃないから、たまに手を出して遊べるフォーマットに魅力を感じます。

たぶんあんまりカードを買い足さずに済むはず。いや「思考囲い」は必要っぽいけど、前に買ったやつがあるから今の僕に死角は無いはず。

とりあえずデッキを組んでみようかな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA