マジック・ザ・ギャザリング

【MTG】多色土地は買うべきなのか真剣に考えてみる

おはようございます。しんぺいです。

マジック・ザ・ギャザリングのデッキを組みました。

赤黒のデッキを組んだのですが、組んで思ったのが多色土地欲しいなってことです。無いと結構事故ります。

ただ、何となく多色土地って買う気が起こりにくく、本当に買うべきなのかどうか考えてみました。

 

多色土地とは

通常、土地カードからは1色のマナを出せますが、多色土地だと決められた2色から好きな色のマナを出すことができます。

多色デッキを組むときには必須と言われるほどで、実際僕も赤黒デッキを組むときは「別に多色土地が無くても単色土地2色入れておけば大丈夫でしょ」って思ってたら、

凄い事故るようになった

ので、多色土地は2色以上のデッキを組むには非常にありがたい存在です。

 

多色土地の必要性

マジック・ザ・ギャザリングのカードにはマナを払うのに決められた色のマナが必要になっているものが多く、中には2色の決まったマナを要求されるものもあります。

 

僕が使っている「暴動の長、ラクドス」ですが、4マナのクリーチャーであるものの、召喚の際には赤赤黒黒と、決まった色の4マナが必要です。

となると、単色土地だけでデッキを組んでいては、召喚のために山と沼を2枚ずつ引かなければならないということになります。

 

元々マジックのデッキは土地事故が起こってしまうことがあります。土地が引けなくてカードが使えないってやつです。

多色デッキではそれに加えて「土地を引いたけど、色が合わない」ということが起こります。

そのため、2色のマナを生み出せる多色土地は多色デッキを組むときにはぜひ入れたいカードです。

 

なぜ多色土地を買う気になれないのか

多色土地は無くても遊べる?

僕はマジック初心者なので多色土地の重要性をあまり分かっていませんでした。

「いや単色土地だけでいけるでしょ」って思っていましたが、実際赤黒デッキを組んでみるとよく事故ります。

特にマナ縛りの激しい「暴動の長、ラクドス」を主軸としたいとしながらも単色土地だけでデッキを組んだのは失敗でしたね。

 

多色土地が無ければ多色デッキを組めない、とまで言うつもりはありません。

多色カードの中にも縛りの緩いカードはありますから。

 

それでも、色縛りのきついデッキを使うときは、多色土地を使った方が良いでしょう。

 

値段が高い

多色土地は高いです。

スタンダードで使えるカードでも1枚1000円くらいするものもあります。

 

そして強力なクリーチャーや呪文と違って、「これ使ったら勝てる!」って感じの分かりやすい強さじゃないので、「土地に1000円出すのか・・・」って気分が強いです。

 

僕は結構他のカードゲームにも手を出しているので、高いカードと言えば強力な効果を持つカードって認識があります。

土地はどちらかというと、デッキを組むのに最低限必要なカードって言うイメージなので、ここに高いお金を出すのはちょっとためらわれますね。

 

スタン落ち問題

基本土地にスタン落ちはありませんが、多色土地にはスタン落ちがあります。

必須レベルのカードではあるものの、スタン落ちがあるのでスタンダードで遊んでいる限りいつか使えなくなりますね。

 

いつか使えなくなるのは土地以外のカードにも言えることですが、実感の湧きにくい強さにお金を出すのにスタン落ちがあるというのは大きな障害。

クリーチャーとかと比べて不公平なことですが、「いつか使えなくなるしな・・・」という気持ちが非常に強く出てしまいます。

 

じゃあ多色土地は全部高いのかというと、レア度の低い多色土地は安いです。

コモンにも多色土地はあるので、ひとまずそちらを使ってみて多色土地の強さを確認してみるのも良いでしょう。

ただしコモンの多色土地は強制的にタップして戦場に出るデメリットを持っています。

 

多色土地は損をしにくい?

僕は高い多色土地にマイナスなイメージを持っていますが、冷静に考えてみると買い物としては悪くない部分もあります。

 

まず値段的な面ですが、今僕が悩んでいる「血の墓所」で1枚1000円ほど。

このくらいの価格のカードは買ったことあるので、気軽に買える値段ではないにせよ、決して買えない値段ではありません。

 

そして多色土地は値段に見合う汎用性があります。つまり、使えるデッキの幅が広いです。

僕はちょっと後悔していることがあるのですが、1枚700円ほどで「騒乱の落とし子」を買いました。

MTG RNA 085/259 M 神話 黒 騒乱の落とし子 マジック:ザ・ギャザリング 日本語版【中古】【Sランク】

赤黒デッキのデーモンで、効果も強かったので買ってしまいました。

ただ思ったのは、こいつを活かすにはデッキを結構「騒乱の落とし子」に合わせなければならないんですね。

 

そして今、「暴動の長、ラクドス」のデッキを作っていると、下手すれば「騒乱の落とし子」がデッキから抜けそうな予感がしています。

 

せっかくカードを買っても使わなければ無駄な買い物です。

そういった意味では多色土地は、土地ゆえに色さえ合えばほぼ入ります。

使える範囲がクリーチャーなどと違って非常に広いですね。

 

なので多色土地にお金を出すのもそんなに悪い話ではないような気もするのです。

僕が赤黒デッキを組んでいる限りは出番があるわけですから。

スタン落ちすると言っても新しいものならまだ1年以上使えますし、それだけ使えれば充分でしょう。

ちょっと多色土地を買ってみても良いかなと揺れているところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA