ヴァンガード

今の内にシャルハロート・ヴァンピーアの効果を予言しておきます【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

「蝶魔月影」のダークイレギュラーズが今日のカードで公開されましたね。

何かこれを見てると「シャルハロート・ヴァンピーア」の効果に思い当たる節が出てきたので予言として書いておきます。

次の週ヴァンで「シャルハロート・ヴァンピーア」が公開されるはずなのでその時に答え合わせをしましょう。

 

たぶんシャルハロート・ヴァンピーアはHYU-GAみたいな感じになる

「シャルハロート・ヴァンピーア」は「侍大将 HYU-GA」みたいな名前変更に関わる効果を持っていると思われます。

 

今日のカードを見てて不思議に思ってたんですよ。

インフリクト・スタンパー

グレード3 パワー12000 ギフトアイコン:プロテクト

ダークイレギュラーズ ヒューマン

【永】【R】:あなたのソウルに「インフリクト・スタンパー」が3枚以上なら、このユニットはカードの効果で退却せず、クリティカル+1。

これ見て真っ先に思い付いたのが似たような効果を持つ「リガー・ツイスター」です。

で、よくよく見比べてみると、「インフリクト・スタンパー」の方が条件キツくなってません??

「リガー・ツイスター」はソウルに同名が2枚以上、「インフリクト・スタンパー」は3枚以上です。

パワー+15000とクリティカル+1を比べて、明らかにクリティカル+1の方が重くする必要があるとは僕はちょっと思えない。最近リアガードでクリティカル上げるやつ増えてきてるし。

 

ギフトアイコンの差か?と思ったけど、こんなんV効果持ってない時点でどっちもリアガード用にしか見えない。わざわざギフトアイコン付けたから査定調整しましたとも思えないんですよね・・・。

 

あと気になるのは3枚「以上」という書き方。リアガードが要求するソウルの同名って普通3枚が最大じゃないですか。だったら「3枚」で良くない??

「リガー・ツイスター」は2枚なので2枚「以上」と書くのは分かります。3枚になる場合もあるだろうし。

でも「インフリクト・スタンパー」は3枚「以上」にする意味が分からない。普通ソウルの同名カードがリアガード除いて4枚になること無いですからね。

 

ちなみに「ヴァリアンツ・キラーテイル」は同じくソウルに同名カードを3枚要求しますが、3枚以上と書かずに3枚と書かれています。

 

となると考えられるのは「蝶魔月影」のカードでソウルの同名カードが4枚以上になる可能性。

考えられるのはソウルのカードの何としても数えられるジョーカーみたいなカードの登場でしょうか。ソウルにある間、他のソウルのカード名を1つ得るみたいな。

むらくもでいうところの「忍獣 メタモルフォックス」みたいな感じですね。

ただ、ソウルの同名カード要求って前弾のダークイレギュラーズのコンセプトだったと思うんですよ。「深魔幻皇 ブルブファス」の。

それが今回も出るということは、「シャルハロート・ヴァンピーア」の効果がソウルの同名カードに関わるものではないかと思えるんです。

 

つまり「シャルハロート・ヴァンピーア」は

ソウルのカード名を他のカード名に変更する効果を持っている

と考えられるのです!!

 

カード名を変更するヴァンガードとして真っ先に考えられるのが「侍大将 HYU-GA」でしょう。

かつてのむらくもの同名カード指定と言えば、達成するのは難しいものでした。スペリオルコール効果で地道に揃えるしかないし、退却されれば台無し。

そこを「侍大将 HYU-GA」が一気に救ったわけですね。カード名を変更するという大技で。

 

「シャルハロート・ヴァンピーア」も同じくソウルに同名カードを必要とするカードを救済する存在になるでしょう。

だいたい今ってソウルに同名カードを要求するやつ使われてなさすぎじゃないですか。カウンターチャージができる「ヴァリアンツ・キラーテイル」くらいのものです。

 

同名カードをソウルに揃えるには「エンブレム・マスター」か「深魔幻皇 ブルブファス」の効果が不可欠であり、それらは無尽蔵に使えるわけではありません。

なので一部のカード以外ソウルに同名カードを必要とするカードが使われる機会は無いでしょう。揃えるの面倒だし安定性下がるだけですからね。除去されたらそれきりなのもでかい。

 

そこを救ってくれるのが「シャルハロート・ヴァンピーア」。

ただむらくもの場合は同名カードでさえあれば良いので「侍大将 HYU-GA」への一括名前変更で良かったですが、ダークイレギュラーズの場合はソウルに同名カードを必要とするものを複数使う場合、それぞれ違った名前のカードをソウルに必要とさせます。

なので名前変更だけでは間に合いません。

 

となると考えられるのが名前の変更ではなくコピー。

つまりは、

【永】【V】:あなたのソウルのカードは、あなたのソウルにあるカード名をすべて得る。

みたいな効果が出ると考えられるのです!!

 

こうすることでソウルに同名カードを必要とするカードを存分に使えますね。

「インフリクト・スタンパー」が3枚「以上」となるのも分かります。上記の効果だと同名カードが4枚以上存在する可能性があるからです。

査定がきつくなったのも、ソウルへの同名カード要求の達成が簡単になっているからでしょう。

 

色んな辻褄をむりやり合わせられるので、これ結構可能性あるんじゃないかと思っています。

 

妄想のまま突き進んで使い勝手を考えてみる

仮に「シャルハロート・ヴァンピーア」がソウルの同名カードを増やす効果だとして、使い勝手はどうでしょう。

前から出ているソウルの同名カードを要求するカードは間違いなく使いやすくなりますね。

ソウルのカードがソウルにあるカード名をすべて得られると仮定すると、「ヴァリアンツ・メガウィング」みたいにソウルに同名カードを2枚要求してくるやつは、同名カードが1枚ソウルに入っていて、ほかにソウルが1枚以上あれば同名カードが2枚あることになります。

 

実質、ソウルに同名カード2枚以上の条件が「ソウルに同名カード1枚」に変わったようなものですね。

これだとだいぶ揃えやすくなると思います。ライドして後から引くだけでいいのは非常に楽。

 

ていうかこれだと「ヴァリアンツ・ハードレッグ」が簡単すぎてやばい。

ソウルに同名カード3枚あるのが3種類以上って、実質ソウル3種類あれば大丈夫な条件に早変わりです。そんなんライドしてるだけで達成できる。そら禁止になるわ。

 

しかしまあ、「ヴァリアンツ・メガウィング」が退却しないパワー17000ブースターですし、「ヴァリアンツ・シャットアーム」はアタック時に退却させつつパワー15000。

「リガー・ツイスター」はパワー27000で退却しませんし、「インフリクト・スタンパー」はクリティカル2で退却しない。

 

ソウルに同名カードを要求するやつらって条件満たせればハイスペック揃いなので、こういうのを一気にまとめ上げてデッキに出来ると考えれば強そうな感じもする??

本当にこうなると面白いですね。

 

まとめ

本日の妄想でした。

なんかわずかな根拠を基に妄想を膨らませていくの楽しい。予言はしたもん勝ちなんで今の内に言うだけ言っといて当たったら騒ぎます。外したら無かったことにします。

 

ちなみに僕の勘は外れるんで当てにしないでください。

結局手札10枚以上ってなんだったんだろうね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA