ヴァンガード

30000守護者の将来にそこはかとなく不安を覚える【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

最近、世の中の真理に気が付いてしまったんですが、

 

シールド30000守護者あんまり信用できない

 

僕は使ってるクランがダークイレギュラーズグランブルーメガコロニーとかなりプロテクトに染まっていて、30000守護者はそれなりに使っているんですが、意外と役に立たない場面が多い。

ていうか役に立たない場面の9割くらいがルアードってやつのせいなんですけど。

あのデッキ、フォースⅠをめっちゃ多く使ってくるから1回の攻撃がシールド30000要求を超えやすい。

後半になるとパワー50000とかで殴ってきて、「30000じゃ足りねえ・・・」みたいな感じになる。

 

結局2枚使って防ぐなら完全ガードの方が良いし、30000守護者とは何だったのか状態ですね・・・。

 

あとの1割は「ホープ・オン・ダンプ」。

ダークイレギュラーズが誇るフィニッシャー。シールド20000になるようにしか手札からガードに出せなくなるので、1枚で30000のシールドを持つ30000守護者はどうあがいても出せない。出せないはエグイ・・・。

 

ということが多くて、どうも30000守護者に逆風が来ている様子。

というか「ホープ・オン・ダンプ」はともかくとして、一番キツイのがパワーラインのインフレですね。

1枚で防げる代わりに防げる攻撃に上限がある30000守護者は手札消費が多い代わりにパワー関係なく防げる完ガ守護者と良い感じに住み分けされてましたが、それも30000で防げるうちの話。

当然のように40000や50000の攻撃をされるようになると30000守護者じゃ不安になってくるわけです。

 

今のうちはそんなにパワーライン高いのルアードくらいな気もしますが、これから先増えてこないとも限らない。

ていうか冬にバミューダ△控えてるのがね・・・。あれ絶対パワーお化けになるでしょ。

 

という感じでシールド30000守護者の将来が心配になってきます。

30000守護者、プロテクトの特権みたいな感じで好きなんですけどね。

完全ガードをギフトから得られるプロテクトクランは当然のように30000守護者が選択肢に入ってきます。

他のクランは完全ガードをメインデッキの守護者枠から調達するしかないので、完全ガードでない30000守護者の優先度は落ちがち。なのでプロテクトクランの特権ぽい。

 

なんだかんだ1枚で防げるところは有能なんだよなあ。例えば序盤とか。グレード2以下のヴァンガードに攻撃される時、相手がちょっとブーストとか出してきても30000守護者出せばトリガーケアできたりするのマジで有能。

 

まあ言ってもプロテクトクランじゃ30000守護者採用したとて完全ガードを使えなくなるわけじゃなし、まだまだいけると信じたい。

「ノーライフキング デスアンカー」のデッキみたいに、ライド回数が多くて完全ガードがよく手札に入るデッキでは、30000守護者を採用しても困らないわけです。

なんか完全ガード守護者と比べて全体的に値段がお察しな30000守護者ですが、個人的にはわりと好きなカードなのでまだまだ頑張ってもらいたいですね。

 

おまけ:30000守護者が発表された時に書いた記事を置いておきます。今読み返すと当たってる部分とそうでもない部分がある。

シールド値30000のクリティカルトリガー守護者が登場する件【ヴァンガード】おはようございます。しんぺいです。 Twitterを漁っていたら面白いものを見つけました。 今日の家ヴァンで紹介した新たな守...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA