VGデッキ構築

リガー・ツイスターについて語りたい 強い時と弱い時の差が激しいカードは入れる?【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今回は「リガー・ツイスター」について。

「幻馬再臨」に収録されたダークイレギュラーズのユニットなのですが、なかなか面白い効果を持っています。

特に面白いのが、強い時と弱い時の差が激しいというところですね。

こういうカードはなかなか採用が悩ましくなるので、再考がてら使ってみた感想を書いていこうと思います。

 

リガー・ツイスターの効果

基本的に化け物級な効果

ソウルに同名カードが2枚以上必要なものの、単騎パワー27000&効果で退却しないという謎のハイスペックリアガード要員です。

 

地味に相手ターンでも27000なので、殴り返しも受けづらくなっています。

効果で退却しないことも相まって、ほぼ退却しないと言ってもいいでしょう。

 

ソウルに同名カードが2枚以上ないといけませんが、意外と簡単に条件が達成できます。

例えば「エンブレム・マスター」や「誘惑のサキュバス」でソウルに入れられますね。

「深魔幻皇ブルブファス」であれば手札に持ってきつつ、ソウル条件を満たせます。

「幻馬再臨」のダークイレギュラーズはソウルに同名カードを集めることを得意としていますので、ソウル条件を満たすことは割と簡単です。

 

一度条件を満たせてしまえば、ほぼ解除されることは無いので永遠にパワーアップしたままというのも良いですね。

アタッカーをこなしてくれるほか、「深魔幻皇ブルブファス」のアタック時効果の対象にも取ることができます。

「深魔幻皇ブルブファス」は選んだユニットが退却せずともパワーとクリティカルを上げられます。

「リガー・ツイスター」は退却しない上にパワー27000と非常に高いので、「深魔幻皇ブルブファス」で選ぶのにうってつけです。

 

意外と「深魔幻皇ブルブファス」はパワー出ないので、「リガー・ツイスター」によるパワーアップは覚えておくと安心です。

ぼくはシャドウパラディン相手の時に、「相手完全ガード持ってないっぽいぞ?」と思ったので相手ユニット退却させずに「リガー・ツイスター」選んだら、相手ガードできなくて勝ったことがありました。

パワーを跳ね上げられるというのは常に覚えておきたい選択肢の1つです。

 

こんな感じで「リガー・ツイスター」は条件を満たせばかなりの活躍を見せてくれます。そう、条件さえ満たせれば・・・。

 

弱い時にはとことん弱い

「リガー・ツイスター」ですが、ソウルに同名カードが揃ってなければただのパワー12000バニラとなってしまいます。

ギフトアイコンすら持ってないのでライドしてしまうと悲惨ですね。

 

ソウルサポートが充実してきたと言っても、やはり「リガー・ツイスター」の効果を満たせない場面は出てきます。

こういう時ってめちゃくちゃ邪魔になるんですよね。

僕も戦ってて、グレード3を「リガー・ツイスター」だけ引いたときが一番困りました。

アシストすらできないので、大人しくライドしておくくらいしか選択肢が無くなります。そしてギフトはない。かなりつらいです。

 

強さの差が激しいカードとの付き合い方

デッキを作ってると、どうしても「弱くは無いんだけど・・・」というカードが出てきます。

僕にとっての「リガー・ツイスター」がまさにそんな感じなのですが、「弱くは無いんだけど、どうにも入れ続ける気がしない」というポジションです。

 

その理由としては、弱い時が余りにも弱いからですね。

僕は100点か50点を出せるカードよりも、だいたい70点くらいのカードが好きです。

「リガー・ツイスター」は確かに強い時は120点くらい出せるんですが、弱い時は30点も無いでしょう。アシストにもならないっていうのは割と致命的です。

 

なので僕の中ではかなり微妙です。

強いのは分かってるんだけど、何とも性に合わない・・・。

そんな感じです。

 

こういう強い時と弱い時の差が激しいカードを採用するかどうかは、弱い時がどんなもんかで決めています。

「リガー・ツイスター」の弱い時というのは、

  • ソウル条件満たせない(実質パワー12000バニラ)
  • ライドした時(ギフト無しパワー12000バニラ)

って感じです。

グレード3のリアガード要員がバニラになりかねないというのはかなり致命的なので、僕は抜くことにしました。

 

入れるかどうかは、一番弱い時を基準にして、もしその一番弱い状態に陥ったとしてもまだ大丈夫かどうかで決めます。

僕は「リガー・ツイスター」の弱い場面がどうしても気になったので使わないって感じですね。

もちろん入れる選択肢は普通にあると思います。

強い時はマジで強いので、特に「深魔幻皇ブルブファス」のデッキを組んでいる人は入れてみてはいかがでしょうか。

そして、微妙な時の使い勝手を感じてみてください。そこで入れ続けるかどうかが決まってきますね。

管理人のデッキ一覧

ダークイレギュラーズ

「ノーライフキングデスアンカー」と「深魔幻皇ブルブファス」をメインにしたデッキ。

デスアンカーによる連続攻撃と各種ガード制限の相性が光ります。

ブルブファスで安定感が上がっているのも良いですね。

デッキ解説記事はこちら。

スタンダード構築のデスアンカー軸ダークイレギュラーズデッキ解説 -幻馬再臨 編-

 

グランブルー

「氷獄の死霊術師コキュートス」を主軸にしたデッキ。

強力な復活コールによる安定した盤面の形成が得意です。

クリティカルトリガー12枚積みと「不死竜スカルドラゴン」「バイオレンス・フランガー」のおかげで攻撃力も高いですね。

デッキ解説記事はこちら。

スタンダード構築のグランブルーデッキ解説 -My Glorious Jusice編-【ヴァンガード】

 

メガコロニー

「真魔銃鬼ガンニングコレオ」をメインにしたデッキ。

非常に緩い条件でのドライブ増加でガンガン攻めていくデッキです。

後半はガード制限をかけつつ高いパワーで攻め切ろう。

デッキ解説記事はこちら。

スタンダード構築のメガコロニーデッキ解説 -The Raging Tactics編-【ヴァンガード】

POSTED COMMENT

  1. スオウ より:

    おはようございます。
    ダークイレギュラーズは私も使っているので気になった件がございますので質問よろしいでしょうか?
    ヴァリアンツハードレッグの効果の件についてなのですが、ハードレッグのガード封じなのですが、こちらは3枚から6枚に重複すると言うような事にはなりませんでしょうか?

    • shinpei より:

      コメントありがとうございます。

      ヴァリアンツ・ハードレッグですが、同じターンに複数枚出してもガード制限の枚数が変わることはありません。

      コール強要の枚数を直接指定しているため、何枚出しても「3枚以上」であることに変わりがないからです。
      これがもし「コールする際には1枚余分に出さなければならない」みたいな、コール強要の枚数を追加していくような書き方だとまた違っていたかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA