デュエルマスターズ

月光王国の新規がよく分からない【デュエルマスターズ】

おはようございます。しんぺいです。

デュエルマスターズの新弾が発売されましたね。

僕としては月光王国が好きでデッキを作っているので、その辺を楽しみにしていたんですが、新弾のカードの使い道が全然思いつかない。

いつも強化の方向がよく分からんところに行くことに定評がある月光王国ですが、またよく分からないことになってきましたね。

 

というわけで今回は新弾の月光王国カードについて。気になるものはいくつかあるので月光王国デッキでの使い道を考えたいと思います。

 

まさかの小型推し 三日月を謳うオラトリオ

なぜか今回は小型クリーチャーに注目したカードが多い。しかもコスト3以下とかいう絶妙に使いにくそうなところに注目してくるから困ったもんです。

 

「三日月を謳うオラトリオ」、書いてることはかなり強そうなんですけどね。

シンパシーで軽くなる上に登場時1ドローは出しやすくて素敵。オシオキムーンも展開が可能とかなり良い感じのことは書いています。

 

ただ肝心のオシオキムーンで出す光闇のコスト3以下に心当たりがない・・・。

何種類か良さげなやつが採用できればこれを軸にデッキを組むことも出来そうな気がするんですが。

 

コスト3以下については使いやすそうな復活呪文も出ていますし、それも合わせて使ってみたいか。

墓地を増やしたうえで復活。さらにブロッカーを与えます。「三日月を謳うオラトリオ」と出せるクリーチャーが被っているので良いサポートになりそうな予感。ていうかこっちは文明指定が無いのでクロック出したくなるんだけどね。

 

展開系の月光王国と言えば「至宝を奪う月のロンリネス」なんですが、あっちと違ってオラトリオはブロッカーを持っているのでオラトリオを場に出すサポートは多い。シンパシーも相まって場に出しやすいカードです。

 

わりと良いスペックをしてる気がするのでオラトリオメインの月光王国デッキも視野に入りそうなんですが・・・。

イマイチ惜しい。なんか良いデッキが開発されそうな予感はするんですが、まだ何も思いつきません。

 

思ったよりは使いやすかった月に彷徨うアビス

月光王国のスーパーレアが1枚。ちなみにもう1枚のスーパーレアはあまりにも月光王国と関係なさそうな効果なので割愛します。実質唯一のSR新規。

 

効果見たときは「攻め込まれた時ってだいたい相手クリーチャータップしてるしなあ」とか思っていたんですが、実際使ってみると攻撃を抑える力はかなりあります。

相手はこいつを除去しなければシールドに触っても後続がいなくなるんで、除去されるまで場を膠着させることが可能です。

 

でもそういう使い方をしてるとだいたいすぐ除去される。個人的に良かった使い方は奇襲的な使い方ですね。

相手ターンに急に出したり、出した後すぐに自分からオシオキムーン発動させるといった感じです。

 

スペック的に「零王の円卓」に対応してるのがありがたい。

S・トリガーで発動して「月に彷徨うアビス」を出せれば、それ以降の相手の攻撃をためらわせられます。墓地肥やしと併用が必要ですが、自分で出す場合にも役立ちます。

 

あとは出してすぐにオシオキムーンを発動させる。「月と破壊と魔王と天使」みたいに毎ターンオシオキムーンを起動させるクリーチャーが横にいてくれると狙いやすいです。

さすがは月光王国のキングマスター。こいつがいる状態で「月に彷徨うアビス」を出せばターン終了時に自分のシールドをブレイクしてオシオキムーン発動。相手クリーチャーを一掃できます。

 

ただまあ「月に彷徨うアビス」、強いっちゃ強いんですがお膳立て前提の強さなので使いづらさも目立つかな。ていうか月光王国って全体的にそういうの多い。だからうまくかみ合うようなデッキ作りが求められます。

 

シールド入れ替え系のパワーはいかに

いくつかシールドを追加したり入れ替えたりするカードが出ています。

「黙示録、それはラグナロク」はいかんせんコストが重すぎた・・・。墓地肥やしとシールド追加、オシオキムーンの誘発を全部やってくれると思えば妥当なコストなのかもしれませんが・・・。

これ唱えたらほぼそのターン何もできないのが痛いですね。全入れ替えじゃなくても良いから4コストくらいにしてくれれば・・・。望み過ぎか。

 

大量入れ替えなら3マナの「ヴァリアブル・ポーカー」で良い感。

シールドが墓地に行く点、シールド枚数が増える点を活用したいところです。難しい。

 

「善悪を超えたハンザイ」は珍しくS・トリガーが使えるシールド回収ですね。

5コストのシールド入れ替えというと「音感の精霊龍 エメラルーダ」ですが、こちらはシールド枚数が増えています。

代わりにクリーチャーが残らないんで守り寄りですね。デッキからシールドを追加してるんで仕込みこそできませんが手札が減らないのも強みです。

 

わりと良さげ、なんですが最近はオシオキムーンの誘発のためだけに重いカードを使うのはちょっと微妙ではないかと思ってきたんでイマイチ個人的評価が上がり切らないカード。

「月から来た科学のウラガワ」みたいにもっと呪文踏み倒しを出してくれても良いんですよ。

個人的に月光王国で一番強いと思ってるカード。このレベルのカードをもうちょっと欲しいと思ってるんですが、まだまだ先は長そうです。

 

まとめ

新弾の月光王国についてでした。

全体的に評価しづらいのがつらいところ。単品でこいつめっちゃ使いやすいな!ってのがいないので難しい。

まあそんな中でも「三日月を謳うオラトリオ」をメインにした低コスト軸は上手く作ればいけそうな気がしてくるんで次の月光王国デッキはこれで考えてみようかと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA