Pスタンダード

Pスタンダード適正めちゃめちゃ高い「ダイアフルドール あまんでぃーぬ」を見ていく【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

第6弾「鳳竜焔舞」のカードに面白いカードが来ましたね。

「ダイアフルドール あまんでぃーぬ」。ダークステイツのRRRです。

ソウルチャージの数を増やしてくれるカードなんですが、気になるところが。

この手の、1回コストさえ払ってしまえば無限に効果を活用できるやつってPスタンダードでめっちゃ悪さしそうな気がします。

というわけで今回は「ダイアフルドール あまんでぃーぬ」のPスタンダードでの使い方(ダークイレギュラーズ)について見ていこうかと思います。

 

ダイアフルドール あまんでぃーぬの効果

ダイアフルドール あまんでぃーぬ

グレード1 パワー8000 シールド5000

ダークステイツ ワーカロイド

【永】【R】:あなたのターン中、あなたのソウルが10枚以上なら、このユニットのパワー+10000。

【起】【R】【ターン1回】:コスト【カウンターブラスト1】することで、そのターン中、あなたのカードの能力でソウルチャージする際、その数字を1増やす。

 

ソウルチャージ数の増加がやばそう

前半のパワーアップ効果はまあ良いでしょう。あればありがたいけど、パワー10000上がるってわりと普通の効果だし。

 

問題はソウルチャージ数を増やす効果ですね。

カウンターブラスト1払うということで、スタンダード基準だと活用するのにわりと苦労しそう。

カウンターブラスト1払えばソウルチャージ2できるカードもありますし、それと同じようなことをしようとすると、あまんでぃーぬの効果を使った後にソウルチャージを2回してトントンって感じか。3回以上で使う意味が出てくるかと思います。

 

ただし、ソウルチャージ性能が鬼高いPスタンダードだと話は変わってくる。

僕はダークイレギュラーズのカードしかよく分からないんでダークイレギュラーズ基準で話をしますが、「ディメンジョン・クリーパー」がとんでもないことになりそう。

旧「ディメンジョン・クリーパー」はソウルにありさえすればとりあえずソウルチャージ2してくれます。

タダでソウルを1枚増やしてくれる存在でしたが、「ダイアフルドール あまんでぃーぬ」の効果が有効になっていれば、自身をソウルから捨てることでソウルチャージ3! タダでソウルを2枚増やしてくれます。

 

元々「エンブレム・マスター」との相性がとんでもないことになってるカードでした。

「ディメンジョン・クリーパー」をソウルに3枚突っ込み、それらをドロップしてソウルチャージしまくるコンボが有名。別の「エンブレム・マスター」を引けていればまたドロップから「ディメンジョン・クリーパー」を突っ込むことができます。

 

適当に使っても3枚の「ディメンジョン・クリーパー」をソウルに突っ込めばソウルを6枚増やしてくれる「エンブレム・マスター」でしたが、あまんでぃーぬの効果を使っていれば9枚ソウルを貯められますね。

ソウルチャージ2が全部ソウルチャージ3になるインパクトよ。

 

おまけにこの手の効果はVスタンダードとDシリーズにも登場しています。

これらは「ディメンジョン・クリーパー」と違って効果を使うとバインドされてしまい、「エンブレム・マスター」による再利用はできないのですが、ソウルに入ってくれればソウルチャージ2してくれる効果は健在です。

これが全部ソウルチャージ3になるなんて・・・。

 

たぶんこれ全部デッキに入れたらデッキ切れるまでソウルチャージできるんじゃなかろうか。

ソウルチャージ3してる間にどれかは入るでしょ。

 

ダークイレギュラーズって出すだけでソウルチャージできるやつもいますし、それらもまとめてソウルチャージ数が増えるので、実際はもっとソウル貯められそうです。

出すだけでコストも無く(ほぼ)確実にソウルチャージ2できるスゴイお方。これもソウルチャージ3になるのか。

※追記

あまんでぃーぬ効果が有効になっている時のロン・ジンリンのソウルチャージ数ですが、合計で3ではなく4ですね。ソウルチャージ1を2回行う効果なので、それぞれ1ずつ増えてソウルチャージ2を2回行うようになります。コメントでのご指摘ありがとうございます。

 

ソウルチャージ回数が増えるほどあまんでぃーぬの効果でカウンターブラストを使う価値が出てきますね。

 

ソウルを貯めて目指す先は?

ダークイレギュラーズのソウルチャージ性能が爆発的に伸びると思われるので、「ホープ・オン・ダンプ」がかなり早い段階で飛んできそう。

先攻3ターン目で「ホープ・オン・ダンプ」付きの「ノーライフキング デスアンカー」をかますことも夢ではないんじゃないでしょうか。

「ホープ・オン・ダンプ」のガード制限がかかったうえでの「ノーライフキング デスアンカー」を先攻3ターン目にかませるの最高です。

 

昨今ヒールガーディアンの登場でグレード3にライドするまではヴァンガードのパワーを上げられやすくなっていますが、ドラジュエルドのおかげで上げられたパワーはまた下げられます。

超トリガーで1億上げられても止まらない。

「ノーライフキング デスアンカー」の効果でライドするのにちょうど良いでしょう。デスアンカーでライドしたユニットはクリティカルが上がるので、一気にダメージも与えられます。

 

ソウルを雑に貯められるので「ヴァリアンツ・ハードレッグ」もいけそう。

「ホープ・オン・ダンプ」と「ヴァリアンツ・ハードレッグ」の両方が決まると、相手はシールド20000になるように3枚以上ずつしか手札からガードに出せません。

これらはとどめ用のカードなので多く入れると邪魔になりがちですが、そこは「断裁の剣舞 チェーグラ」がなんとかしてくれるか。

ソウルから必要なパーツを引っ張ってきてくれます。「ダイアフルドール あまんでぃーぬ」の効果が有効だと、ソウルからカードを回収しつつソウル増えてるとかいうわりと意味の分からないことになりますね。

トドメ用のカードは採用枚数を抑えつつ、必要な時に持ってこられるようにしたいものです。

 

元々ソウルを超貯めて「ノーライフキング デスアンカー」を早い段階から使うというデッキはありましたが、「ダイアフルドール あまんでぃーぬ」のおかげでソウルチャージ性能が爆発的に伸びることが期待されるので、もっとスゴイことになりそう。

 

今まではソウル枚数の条件から4ターン目くらいに使うことを想定していたカードを1ターン早く使えることになりそうですね。

Pスタンダードでなかなかに夢があるカードだと思います。

 

まとめ

「ダイアフルドール あまんでぃーぬ」についてでした。

Dシリーズでもバロウマグネス辺りで活躍しそうなカードですが、個人的にはPスタンダードのダークイレギュラーズに入れたい。

妄想してる通り爆発的なソウルチャージ能力を得られるのか、はたまたカウンターブラスト1が実は案外重かったりして厳しいのか。

発売されたら使ってみようと思います。

POSTED COMMENT

  1. アモン より:

    ロン・ジンリンですが、
    「登場時SC1→相手次第でさらにSC1」が、
    SC2→SC2の計4枚になるんじゃないでしょうか?
    テキストを読んだ限りではそうだと思います。

    • shinpei より:

      コメントありがとうございます。
      確かにそうですね。ソウルチャージ1を2回する効果なので、それぞれ1ずつ増えてソウルチャージ2を2回、合計4枚になると思います。
      思いっきり勘違いしていました。申し訳ありません。
      ご指摘ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA