遊戯王

遊戯王 「旋風機ストリボーグ」の紹介! 

遊戯王の新パックCIRCUIT BREAKが発売したばかりなので、その中から気になるカードを紹介。

今回は「旋風機ストリボーグ」です。

 

 

旋風機ストリボーグの効果と使い方

まずは効果から。

《旋風機ストリボーグ》

効果モンスター

星5/風属性/機械族/攻2200/守2200

このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合にリリースしたモンスターは墓地へ送らず持ち主の手札に戻す。

(1):1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。このカードと同じ縦列の相手フィールドのカードを全て持ち主の手札に戻す。

※テキストは遊戯王カードWikiより引用。

アドバンス召喚のリリースに使ったモンスターを手札に戻すという、他に類を見ない効果を持っています。

リリースに使うモンスターを手札に戻すことで、本来アドバンス召喚で負うはずの損失をなくしつつ、アドバンス召喚することができます。

モンスター効果は手札1枚を捨てることで、このカードと同じ縦列のカードを全て手札に戻す効果。

対象を取らない、破壊でない除去という点で、除去性能はかなり高いです。

EXモンスターゾーンのある列に召喚することで、2体のモンスターを除去できる可能性があります。

コストとして手札を1枚捨てますが、リリースしたモンスターをそのまま捨てることもできるので、コストがないということはあまり無いでしょう。

また、起動効果であるため、アドバンス召喚する必要がないという点も注目です。

アドバンス召喚を狙うカードですが、帝モンスターのように、アドバンス召喚でしか効果が使えないというわけではないのは便利に使えそうです。

 

このカードで1番注目すべきところは、リリースしたモンスターを手札に戻す、というところでしょう。

無条件で特殊召喚できる「ジェスター・コンフィ」を使えば、実質リリースなしでアドバンス召喚できます。

また、召喚時効果を持つカードを再利用するカードとしても使えます。

特に「SR ベイゴマックス」とは相性バツグンです。

リリースを即座に用意でき、サーチ効果をもう1度使えるようになります。

《SR ベイゴマックス》

効果モンスター(制限カード)

星3/風属性/機械族/攻1200/守 600

「SRベイゴマックス」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「SRベイゴマックス」以外の「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

※テキストは遊戯王Wikiより引用。

アドバンス召喚する都合、基本的には特殊召喚できるモンスターを使って、リリースの損失なしでアドバンス召喚することを狙います。

しかし、せっかくの手札に戻す効果は有効に使いたいです。

そこで、「SR ベイゴマックス」のように、召喚時効果を使い回すような使い方を狙っていきたいですね。

特殊召喚でき、かつ場に出た時やリリースされた時に発動できる効果を持つモンスターが理想でしょうか。

「風帝家臣ガルーム」も良いかもしれません。

《風帝家臣ガルーム》

効果モンスター

星3/風属性/鳥獣族/攻 800/守1000

「風帝家臣ガルーム」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのアドバンス召喚されたモンスター1体を持ち主の手札に戻して発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。このターン、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。

(2):このカードがアドバンス召喚のためにリリースされた場合に発動できる。デッキから「風帝家臣ガルーム」以外の攻撃力800/守備力1000のモンスター1体を手札に加える。

※テキストは遊戯王カードWikiより引用。

リリースされた時の効果を使いながら自身を手札に戻せるので、再び効果を使えます。

さらに、自身の特殊召喚条件で「旋風機ストリボーグ」を手札に戻せるので、何度でもアドバンス召喚が狙えます。

 

制限カードですが、「霞の谷の神風」とも相性が良いです。

()(

霞の谷()の神風》

フィールド魔法(制限カード)
自分フィールド上に表側表示で存在する風属性モンスターが手札に戻った場合、
自分のデッキからレベル4以下の風属性モンスター1体を特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
※テキストは遊戯王カードWikiより引用

デッキから特殊召喚するモンスターを「SR 赤目のダイス」などのチューナーにすることで、シンクロ召喚につなげることができます。

チューナーにWWを使うのもいいかもしれません。

「WW アイス・ベル」はリリース確保とチューナーの用意を同時に行ってくれますしね。

WW(ウィンド・ウィッチ)-アイス・ベル》

効果モンスター
星3/風属性/魔法使い族/攻1000/守1000
「WW-アイス・ベル」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、デッキから「WW」モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターはリリースできず、
この効果を発動するターン、自分はレベル5以上の風属性モンスターしか
エクストラデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手に500ダメージを与える。

※テキストは遊戯王カードWikiより引用

 

 

以上、「旋風機ストリボーグ」の紹介でした。

かなり面白い効果を持ったモンスターだと思います。

現状では「SR ベイゴマックス」や「WWーアイス・ベル」を擁するSRやWWとの相性が良さそうです。

これらを中心とした風属性デッキを組んでみるのも面白そう。

こういうデッキを作りたくなるカードがテーマカードの合間にあると良いですね。

次のパックもこんな感じの面白い効果を持ったカードが出るのを楽しみにしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA