ヴァンガード

【ヴァンガード】イディアルエゴ・メサイアについての考察 メサイアデッキでの使い方とは?

今回紹介するのは、「イディアルエゴ・メサイア」です。

3種類目のメサイアG3は自分のカードを増やすことに特化しています。

これをどう使っていくかを考察していきます。

 

 

効果

まずは効果から。

 

イディアルエゴ・メサイア

 

グレード3 パワー11000 リンクジョーカー メサイア

 

【自】【V】【ターン1回】:【あなたの手札から1枚選び、リアガードサークルに呪縛カードとして置く】このユニットがヴァンガードサークルに登場したときか、あなたのGユニットが超越した時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引き、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。

 

【自】【R】:【ソウルブラスト1、このユニットを呪縛する】このユニットがアタックしたバトルの終了時、あなたのヴァンガードがグレード3以上の<メサイア>ならコストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から3枚見て、1枚までリアガードサークルに呪縛カードとして置き、山札をシャッフルする。

 

 

V効果:ドロー&パワーアップ

登場時か超越時に、1枚引いてヴァンガードのパワーを+5000します。

ドロー効果でありながらカウンターブラストを使わないため強力です。

メサイアのGユニットはカウンターブラストを使うものが多いので、ここでコストを節約できるのはありがたいところ。

 

コストとして、手札を1枚呪縛カードとしてリアガードサークルに置きます。

呪縛カードとして置いたカードは攻撃に参加できません。

しかし、各種Gユニットで解呪を行うことで実質コストを帳消しにすることができます。

 

この効果はGBがないため、序盤から使うことができます。

序盤で解呪まで行うのは難しいので、単純に手札交換のような感覚で使うことになります。

それでも呪縛カードは次のターンになれば普通に使えるので、着実に自分の手札を増やすことにつながります。

 

今までのG3メサイアと比べて相手のリアガードを呪縛できません。

その分自分のカードを増やすことに特化しているのですが、どれが良いかは相手によるでしょう。

どれも自分の場に呪縛カードは用意できるので、呪縛が通じにくいような相手であれば、「イディアルエゴ・メサイア」はヴァンガードとして輝くでしょう。

 

また、メガコロニーの妨害に強いのも特徴です。

呪縛カードとして置くというのは、ユニットのコールではありません。このため、「百害女王 ダークフェイス・グレドーラ」や「無法怪神オプティランドス」のコール封じ効果を受けていても呪縛カードを置くことができます。

ヴァンガードとしては、相手を選ぶものの、十分に活躍が期待できます。

 

 

 

R効果:呪縛カード展開

リアガード時の効果として、アタック終了時に呪縛カードを場に出します。

コストとして自身を呪縛するため、合計2枚の呪縛カードを用意できます。

 

ヴァンガードより先にこの効果を使っておけば、メサイアGユニットのアタック時の解呪効果で「イディアルエゴ・メサイア」を解呪し、再び攻撃することができます。

「イディアルエゴ・メサイア」で出した呪縛カードも解呪して攻撃に参加することができるので、メサイアデッキのリアガードとして適任です。

 

メサイアの名前を持つグレード3なので、「デスティニー・ディーラー」でデッキから手札に加えられます。

リアガード効果を使うために、デッキから持ってくることができるのは大きなメリットです。

 

こちらの効果にもGBはついていません。

グレード3時点から使うことができるので、序盤から積極的に効果を使っていけます。

こちらも超越より前では解呪こそできないものの、着実に盤面のカードを増やすことができます。

 

盤面増やしと連続攻撃の準備という2つの役割をこなせるので、非常に汎用性は高いです。

しかし、呪縛カードを展開するという行動が従来のメサイアと大きく異なります。

 

すでに展開したリアガードで呪縛と解呪を繰り返して連続攻撃を行うのが従来のメサイアデッキです。

初めから呪縛カードとして置いてしまう分、攻撃できる回数は減ってしまいます。

しかし、盤面を増やす効果を手に入れたのはメサイアデッキの大きな進歩です。

 

相手を呪縛しなくなった分、堅実にアドバンテージを稼いでいくのが新しいメサイアデッキの形なのかもしれません。

 

 

まとめ

「イディアルエゴ・メサイア」についてまとめました。

どちらの効果も呪縛カードを置くことに特化しているのが特徴です。

今までのメサイアデッキとは違う動きを見せてくれることでしょう。

 

アドバンテージを稼ぎながら呪縛カードを増やす、というのが新しいメサイアの特徴です。

呪縛カードとして置くというひと手間を挟んでいる分、コストが非常に軽くなっています。

置く呪縛カードも、ある程度の範囲から選べるため、今までのメサイアデッキの欠点であったスペリオールコール手段のなさをある程度軽減してくれています。

GBもないため、早い段階から呪縛カードとして盤面を増やしていけるのも特徴です。

「イディアルエゴ・メサイア」はメサイアデッキの新しい方向性を示してくれたと言えるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA