VGカード紹介

【ヴァンガード】ブラッドサクリファイス ルスベンの効果を見た感想 ダークイレギュラーズの会得した新たなソウルチャージ

7月30日の今日のカードで「ブラッドサクリファイス ルスベン」が公開されました。

ダークイレギュラーズによくあるソウルをためるユニットですが、スタンダードより前と比べると大きく使いやすくなっています。

 

そんな「ブラッドサクリファイス ルスベン」の効果を見ていきます。

 

 

効果

ブラッドサクリファイス ルスベン

グレード2 パワー9000 シールド5000

ダークイレギュラーズ ヴァンパイア

 

【自】【R】:登場時、あなたの、ダメージゾーンかドロップゾーンから1枚までソウルに置き、ダメージゾーンから置いたら、山札の上から1枚ダメージゾーンに裏で置く。ソウルに「ヴリコラカス」を置いたら、カウンターチャージ1。

 

 

幅広いソウルチャージ

登場時にダメージゾーンかドロップゾーンから1枚をソウルに置きます。

結果的にソウルを1枚増やすだけですが、ソウルに置くカードを選ぶ範囲が広いのが特徴です。

 

ドロップゾーンは後半になるにつれて自然と増えていくので、段々と選択肢が増えていきます。

ダメージゾーンからソウルに置けるのも強力です。

現状ダメージゾーンをいじることはほとんどできないため、普通ダメージゾーンに行ったカードは使えなくなると思った方がいいくらいです。

しかし「ブラッドサクリファイス ルスベン」はダメージゾーンのカードをソウルに置けるのでダメージゾーンに落ちたカードも使えなくなることはありません。

 

このように、幅広い範囲からソウルに置くカードを選ぶことができるのが強みです。

 

 

ソウルに置くカードを選べる強み

「ソウルに置くカードを選べるからといっていったい何の役に立つの?」と思われる人もいるかもしれません。

 

通常ソウルはほかのカードのコストとして使われるもので数さえあればよく、ソウルの質はあまり重要ではありません。どのユニットがソウルに入ろうが、コストにするときは等しく1枚分です。

 

しかしダークイレギュラーズにはソウルに入ることで効果を発揮するユニットもいます。

「ブラッドサクリファイス ルスベン」と同じ弾に収録される「ヴリコラカス」はソウルに入ることで効果を発揮します。

ヴリコラカス

グレード1 パワー7000 シールド10000

ダークイレギュラーズ デーモン

【自】:Gから退却した時、ソウルチャージ1してよい。

【自】:あなたのカードの能力でソウルに置かれた時、あなたのターンなら、そのターン中、あなたのヴァンガード1枚のパワー+10000。

 

このような「ソウルに入ったときに発動する効果」を使いやすくするのが「ブラッドサクリファイス ルスベン」です。

例えばドロップゾーンに「ヴリコラカス」があれば、「ブラッドサクリファイス ルスベン」を出すだけでいつでも「ヴリコラカス」の効果を発動できるようになります。

 

「ヴリコラカス」のようにソウルに入ることで効果を発揮するユニットが増えれば、「ブラッドサクリファイス ルスベン」の強さも増していくでしょう。

 

 

カウンターチャージもできる

「ブラッドサクリファイス ルスベン」の効果で「ヴリコラカス」を置けばカウンターチャージ1することができます。

 

ダメージゾーンの「ヴリコラカス」を置けば、裏でダメージゾーンに置かれたカードを即座に表にすることができますし、ドロップゾーンの「ヴリコラカス」を置けば、単純にカウンターチャージ1することができます。

 

「ヴリコラカス」を置くという条件があるものの、ソウルを増やしつつカウンターチャージもできるのは強力です。

特にドロップゾーンの「ヴリコラカス」をソウルに置いていきたいところですね。

 

 

まとめ:かなり可能性を感じる1枚

ソウルを1枚増やすだけとみると微妙かもしれませんが、好きなカードをソウルに置けるとなれば話は別。

今後も「ヴリコラカス」のようにソウルに行くことで効果を発揮するユニットが増えればそれだけ活躍の機会も増えるでしょう。

カードプールが増えるほど評価が増していく1枚だと思われます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA