デュエルマスターズ

【デュエルマスターズ】ブライゼシュートが高い!って人におすすめする青黒ブライゼシュート

最近ブライゼシュートを組みたいなと思って色々調べていましたが、必要なカードが高い。

1枚何千円もする「偽りの王ヴィルヘルム」を当たり前のように4枚入れてるデッキレシピとかもありますし、ちょっとついていけなかったです。

 

それでも「黒神龍ブライゼナーガ」の爆発力はちょっと使ってみたいものがあるので、ほかにもおもしろそうなデッキタイプがないか調べていたところ、青黒ブライゼシュートというものを発見。

「偽りの王ヴィルヘルム」とか採用するブライゼシュートに比べると格段に安く済みそうです。

というわけで今回はそんな青黒ブライゼシュートがどういう動きをするかについて紹介していきます。

 

 

ブライゼシュートは高い

テンプレ通りのブライゼシュートはお金がかかります。

「偽りの王ヴィルヘルム」は1枚5000円越えなので4枚揃えるだけでも恐ろしいですね。

 

その他は高くないのかと言われると、「爆殺!!覇亜怒楽苦」なんかは1枚500円~しますし、「コクーン・シャナバガン」も1枚200~300円はします。

それぞれ4枚いると思うとなかなか馬鹿にならないです。

 

まあそれぞれ割と汎用性高いので買っとくのもありかもしれませんが、「偽りの王ヴィルヘルム」はさすがに別格。

できれば使わずに組んでみたいものです。

 

ちなみに高いカードを買うのが悪いって話ではないです。

そのカードを買うだけの財布の余裕があるかないかという話で、僕は買う余裕がないだけですね。

 

というわけで「偽りの王ヴィルヘルム」を採用しないブライゼシュートを探していました。

「爆殺!!覇亜怒楽苦」とか「コクーン・シャナバガン」を採用するとどうしても「偽りの王ヴィルヘルム」を出したくなるので、それらを採用しない方向が望ましいです。

 

この方向で色々探していたところ、青黒ブライゼシュートを発見したので紹介していきます。

 

 

青黒ブライゼシュートとは

青黒ブライゼシュートも基本は大型クリーチャーのコスト踏み倒しを狙います。

ただやり方が特殊で、「革命魔龍キル・ザ・ライブ」を使います。

「革命魔龍キル・ザ・ライブ」は自分のシールドが2枚以下のとき、手札から捨てられた闇文明クリーチャーを場に出すことができます。

 

「黒神龍ブライゼナーガ」の効果で自分のシールドは0枚になるので、自動的に「革命魔龍キル・ザ・ライブ」の効果が使える条件を満たせるというわけです。

 

「革命魔龍キル・ザ・ライブ」を場に出すには「冥王の牙」を使います。

「冥王の牙」のスーパーS・トリガー効果で墓地から闇文明のクリーチャーを出せるので、その効果を使って「革命魔龍キル・ザ・ライブ」を出します。

 

さらに、「革命魔龍キル・ザ・ライブ」の効果を使うには手札を捨てなければなりません。

「サイバー・チューン」などの手札交換S・トリガーや「戦略のD・Hアツト」などの手札交換クリーチャーを使います。

「サイバー・チューン」はS・トリガーなので「黒神龍ブライゼナーガ」の効果で発動できますし、「戦略のD・Hアツト」は闇文明のクリーチャーなので「革命魔龍キル・ザ・ライブ」で場に出せます。

 

「黒神龍ブライゼナーガ」と「革命魔龍キル・ザ・ライブ」を場に揃え、これらの手札交換カードを発動していって闇文明のクリーチャーをガンガン捨てて場に出していくのが青黒ブライゼシュートです。

 

理想的なパターンは「黒神龍ブライゼナーガ」の効果で、「革命魔龍キル・ザ・ライブ」を場に出しつつ、手札交換系のS・トリガーがめくれること。

 

そうなればあとは連鎖的に手札交換を繰り返していって場を埋めることができます。

相手によっては「革命魔龍キル・ザ・ライブ」を先に場に出してから「黒神龍ブライゼナーガ」を出す方が確実かもしれません。

 

 

場に出したいカード

「革命魔龍キル・ザ・ライブ」の効果で何を場に出したいかによって採用するクリーチャーが変わってきます。

 

よくあるのは「復活の祈祷師ザビ・ミラ」を採用したタイプ。

「戦略のD・Hアツト」といった小型が場に並ぶので、それらを「復活の祈祷師ザビ・ミラ」によって、「ヴォルグ・サンダー」へと変えてデッキ切れを狙います。

 

ただ「復活の祈祷師ザビ・ミラ」自体が結構高いのと、「ヴォルグ・サンダー」まで用意しなければならないのでそこそこお金がかかります。

 

安く済ませるなら革命持ちのクリーチャーを使うことをおすすめします。

「魔の革命デス・ザ・ロスト」の革命0で一撃必殺を狙ってみるのもおもしろいです。

登場時に相手の手札を全て捨てさせるので、ニンジャ・ストライクを警戒せずに攻撃できます。

さらに相手のシールドを全てブレイクできるので、即とどめを刺しにいけます。

 

難易度は高いですが、「悪魔神バロム・クエイク」と「偽りの悪魔神王デス・マリッジ」を揃える構築もおすすめ。

「悪魔神バロム・クエイク」の効果で相手はS・トリガークリーチャーやニンジャ・ストライクを使えませんし、「偽りの悪魔神王デス・マリッジ」によって呪文を唱えることができません。

揃えば勝利はほぼ確実ですね。

 

デーモン・コマンドが必要ですが、「革命魔龍キル・ザ・ライブ」がデーモン・コマンド・ドラゴンということもあり、進化元には困りません。

 

 

まとめ

青黒ブライゼシュートについて紹介しました。

「偽りの王ヴィルヘルム」を採用したタイプよりも安く組めますが、派手さでは負けません。

ブライゼシュート高いから組むの無理だなあと思っていた人は組んでみてはいかがでしょうか。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA