デュエルマスターズ

【デュエルマスターズ】ブライゼシュートってどんなデッキ? おおざっぱに解説してみた

今回紹介するのはブライゼシュート。

「黒神龍ブライゼナーガ」を使ってS・トリガーを使いまくるデッキです。

S・トリガーが増えるたびに強化され、スーパーS・トリガーの登場で大会でも使われるデッキにもなりました。

そんなブライゼシュートについて今回はどんな動きをするデッキなのかを解説していきます。

 

 

ブライゼシュートとは

ブライゼシュートとは「黒神龍ブライゼナーガ」の効果でS・トリガーを使っていくデッキです。

「黒神龍ブライゼナーガ」は登場時に自分のシールドを全て手札に加える強烈なデメリットを持っています。

 

しかし、効果で手札に加えるシールドのS・トリガーを使うことができるため、使いたいS・トリガーを事前に仕込んでおくことで、使いたいS・トリガーをタダで使うことができるというわけです。

「黒神龍ブライゼナーガ」のデメリットをメリットとして利用していくデッキですね。

 

「黒神龍ブライゼナーガ」は2004年に登場したカードでかなり歴史のあるカードです。

登場初期のカードプールではシールドの無くなるデメリットの方が強すぎて、あまり使えるカードではなかったですが、「星龍の記憶」の登場によりデッキを組むメリットが出てきました。

自分のシールドをS・トリガーに変える「星龍の記憶」と「黒神龍ブライゼナーガ」を使うことで、シールドのカードを全てタダで使うことができる豪快なコンボデッキが完成しました。

 

強烈なデッキとなったブライゼシュートですが、コンボデッキの域を出ていませんでした。

しかしスーパーS・トリガーの登場でまた状況が一変。

スーパーS・トリガーはS・トリガーを使うとき、自分のシールドが無ければスーパーS・トリガーを追加で使えるものですが、これが「黒神龍ブライゼナーガ」とかみ合っています。

 

「黒神龍ブライゼナーガ」は自分のシールドを全て手札に加えるため、使った後はシールドが必ず0枚になります。

自動的にスーパーS・トリガー効果を使えるようになるのです。

 

スーパーS・トリガー効果は条件が厳しいゆえに強力な効果が多いです。

しかしブライゼシュートでは半ば能動的にスーパーS・トリガーの強力な効果を使えるため、ブライゼシュートは大会でも使われるほどのデッキに成長したのです。

 

今回紹介するブライゼシュートも、スーパーS・トリガーを使っていくデッキとして紹介していきます。

 

 

ブライゼシュートで使うS・トリガー

コスト踏み倒し呪文

ブライゼシュートを組むときには「黒神龍ブライゼナーガ」の効果で使うS・トリガーに何を選ぶかが重要です。

 

よく使われているのが、クリーチャーのコストを踏み倒して場に出す効果を持つもの。

「コクーン・シャナバガン」や「爆殺!!覇亜怒楽苦」が当てはまります。

これらのカードはコスト制限なくクリーチャーを踏み倒せることが最大の強みです。

 

コスト10を超える大型クリーチャーであっても踏み倒すことができるので、通常のデッキでは召喚までに時間のかかるような大型であっても、「黒神龍ブライゼナーガ」を出せば使えるようになります。

 

「黒神龍ブライゼナーガ」は5~6ターン目には出せるようになります。

ブライゼシュートは早期に大型クリーチャーを出すデッキとも言えます。

 

 

コスト踏み倒しで出すクリーチャー

場に出す大型クリーチャーは好みで使いたいものを選べばいいと思いますが、よく使われいるのは「偽りの王ヴィルヘルム」です。

火と自然文明を持つので、「コクーン・シャナバガン」と「爆殺!!覇亜怒楽苦」の両方に対応しているのが強みです。

効果も除去、マナ破壊、マナブーストと使いやすい効果ばかり揃っているのでおすすめ。

 

同じ文明を持つものに「偽りの王モーツァルト」もあります。

登場時にドラゴン以外を全て破壊し、相手のドラゴンは攻撃できなくなります。

スーパーS・トリガーのによる踏み倒しは「黒神龍ブライゼナーガ」の効果で自分のターンに発動することが前提ですが、場合によっては普通にシールドをブレイクされて相手ターンに使う可能性もあります。

 

「偽りの王モーツァルト」の効果は相手ターンに出せればほぼ攻撃を止めることができる強力な効果となります。

踏み倒しで出したいクリーチャーの候補に挙がりますね。

 

他にも大型クリーチャーはいますが、基本的には「コクーン・シャナバガン」や「爆殺!!覇亜怒楽苦」に対応している火か自然から選ぶのがいいでしょう。

 

 

他にもクリーチャーを出せるスーパーS・トリガーには「冥王の牙」があります。

こちらは闇文明のクリーチャーが対応しています。

 

使いたいコスト踏み倒し呪文に応じて、採用するクリーチャーの文明を選んでいく感じですね。

 

まとめ

ブライゼシュートについてまとめました。

基本的には「黒神龍ブライゼナーガ」の効果でスーパーS・トリガーを唱え、その効果で大型クリーチャーを出していく感じですね。

 

サポートカードには「音感の精霊龍エメラルーダ」や「フェニックス・ライフ」などシールドを増やすものを選ぶと良いでしょう。増やすシールドを選んで仕込めるものがベストです。

 

はまれば豪快な動きができるうえに、S・トリガーを多数採用する都合上防御力も高いです。

興味を持った人は組んでみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA