ヴァンガード

メサイアとの対戦から全然関係無いことを学ぶ男【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

「銀華竜炎」が発売され、この週末はそれ関連で持ち切りです。

で、僕はと言うとメサイアの相手をしていました。

なので今回はVSメサイアの感想・・・と言いたいところなんですが、それより対戦で気になる部分があったのでそこを重点的に書いていこうかと思います。

 

VSメサイア・・・?

ダークイレギュラーズでメサイアと3戦やったんですが、結果は1勝2敗。

ちなみに使ったデッキはこちら。

脚をもがれたダークイレギュラーズデッキに翼を授けたい【ヴァンガード】おはようございます。しんぺいです。 「ヴァリアンツ・ハードレッグ」がスタンダードで禁止になったということで、ダークイレギュラーズデ...

若干レシピは変わってますが、基本的には一緒。ブルブファス軸で攻めてデスアンカーで占めるみたいなデッキです。

 

正直わりと気に入ってるデッキなのですがそれでも1勝2敗。やっぱメサイアつええ・・・と言いたいところですが、内容が悔しい。

 

勝利した1戦は相手が「ハーモニクス・メサイア」ライドからスタート。

「ハーモニクス・メサイア」はソウルにグレード3が無いと効果が使えないので、いきなりライドされても大した脅威は無し。

こっちは順当に「深魔幻皇 ブルブファス」にライドでき、ソウルにグレード3も仕込めたので初回ライドから万全の攻めができました。

相手が準備してるうちにさっさと攻められたから勝てた感じがすごい。

 

負けた勝負のうち1戦は、こっちが初回グレード3に「ノーライフキング デスアンカー」からスタートでグダグダに。

ソウル13枚も初回ライド時から貯められる構築にしてないし何もできません。

 

あとの1戦は「深魔幻皇 ブルブファス」にライドできたものの、「ノーライフキング デスアンカー」に繋げられず負け。

「深魔幻皇 ブルブファス」は「創星機神 ヴォルコゲーデ」を退却させて充分なパワーとクリティカルを毎ターン確保できましたが、毎回完全ガードで防がれて何もできず。フォース相手で完ガ4枚使われた時の絶望と言ったらないですね。

 

やはり「ノーライフキング デスアンカー」に繋げられなければただの3回攻撃でしかないのであっさり防がれる。詰めプランに移行できなかったのは非常にマズイです。

 

・・・という感じの対戦結果で、何ともモヤっとする結果に終わってしまった次第。

 

まあそんな中身でもメサイアの強さを見せつけられたんですけどね。

解呪絡めた攻撃がわりとやばい。フォースⅡにしても充分なパワーなので一気にダメージを詰められますね。「創星機神 ヴォルコゲーデ」がフォースⅡ乗って1ターンに2回攻撃してくるのは犯罪に指定して良いと思います。

「質量転移のレディフェンサー」もやばいですね。単騎パワー15000ですし、後列に「白色矮星のレディバトラー」のパワー13000でブーストすれば28000とかなり良い数値に。

ここに「創星機神 ヴォルコゲーデ」のパワー+10000が乗っかったり、「オルターエゴ・メサイア」のパワー+10000が乗っかったりするので2回目以降のパワーもやばいやつ。

 

フォースⅡなのにパワー高くて攻撃回数多いっていう分かりやすい強さを見せつけられました。

いくら周りありきの攻撃とはいえ、リアガードを退却させても「オルターエゴ・メサイア」の効果で戻してきますしね。

除去で対策したいならなるかみのバインドとかギアクロニクルのデッキ戻しじゃないと刺さらない。

 

試合結果的には微妙とは言え、内容を見てるとメサイアの強さを充分に見せつけられた勝負でした。

 

デッキ構築の大切さを知る

まあでもメサイアの強さもさることながら、デッキ構築って大切だなって思いました。

僕のダークイレギュラーズデッキって「深魔幻皇 ブルブファス」で良い感じにアドバンテージを稼ぎつつダメージを詰めていって、終盤は「ノーライフキング デスアンカー」でトドメ、みたいな流れを想定しています。

 

ただしその流れに沿うようにしようと思ったら、いくつか乗り越えないといけない壁がありますね。

まずは「深魔幻皇 ブルブファス」にライドすること。最初に「ノーライフキング デスアンカー」にライドしてもほとんど何もできないのでこれは必須です。

 

そして詰めの段階で「ノーライフキング デスアンカー」に再ライドすること。「深魔幻皇 ブルブファス」の攻撃性能は決して低くはないものの、それだけでゲームを決められるほどでもないのでこの再ライドも必須です。

この流れを真剣にやろうと思ったら、デッキ構築もそれに見合ったものにしないとただの運だけデッキに成り果ててしまいます。決まれば強いと決まらなければ弱いは紙一重・・・。

 

ダークイレギュラーズにはグレード3サポートもあるのでその辺もしっかり入れるべきでしたね。具体的には「誘惑のサキュバス」。

デッキの上7枚からグレード3を探してこれるので、ライドサポートにぴったり。ソウルにグレード3を置けるのも「深魔幻皇 ブルブファス」と相性良しです。

 

ただ僕はカウンターブラストきついかなって理由で枚数減らしてました。あと使わなくてもライドくらいできるかなって。

今回みたいに分かりやすく事故るとやっぱ入れておくべきだったかなって思わされますね。

 

だいたいライド事故ってライド事故するような構築にしてる方が悪いんで、こういう時はデッキの見直し時。

割り切って「これは事故るデッキ」で放置するのも良いですし、「さすがにここは直しとかないとマズイよな」って感じで調整するのも良いでしょう。

 

ちなみに僕のダークイレギュラーズデッキはグレード2が8枚しかありませんが、それは構築の段階で割り切ってるのでグレード2でライド事故してもなんとも思いません。直そうともしないです。そういうデッキ。

 

でもグレード3でやりたいことができないのは違うので、今回はデッキ構築悪かったな~と反省しています。

またデッキを見直そうかな。

 

まとめ

メサイア対戦の感想でした。半分くらいメサイア関係ないけど。

やっぱデッキが思った通りに回るようにできるかどうかはデッキ構築の腕の見せどころですね。

当然実際の勝負では運が絡んでくるんで100%乗り切れるわけではなく、事故はつきものなんですが、割り切れる事故り方とそうでない事故り方があると思いました。

 

そしてメサイアはやっぱり強い。新弾のカードの強さを見せつけられたんで、こっちもそれに追いついていかなきゃなあ・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA