デュエルマスターズ

最終龍覇 グレンモルトを熱核連結 ガイアトム・シックス変えてみたけどかなり良さげ【デュエルマスターズ】

おはようございます。しんぺいです。

新型ロマノフサインのレシピを以前に上げたのですが、

周りの環境の変化も考えて少しだけ改造してみました。

 

何したかっていうと、「最終龍覇 グレンモルト」を抜いた。

代わりに入れたのが「熱核連結 ガイアトム・シックス」。

正直入れ替える前はグレンモルトの方が強いと思ってたんですが、いざ使ってみるとガイアトム・シックスもなかなかに使いやすい。

たぶん周りを見ながら適宜入れ替えていくポジションになると思います。

 

どっちにもそれぞれ良さがあったので、今回は「最終龍覇 グレンモルト」と「熱核連結 ガイアトム・シックス」の性能を比べていこうと思います。

 

カードパワー自体はグレンモルトの方が上

両方使って思うんですが、たぶん「最終龍覇 グレンモルト」の方が強い。

グレンモルトはドラグハートも込みでかなり色んな場面に対応できるんですよね。

 

特に「覇闘将龍剣 ガイオウバーン」で相手クリーチャーとバトルするのが便利。

ガイオウバーンの効果と合わせてパワー12000で相手クリーチャーとバトルできます。たいていのクリーチャーは倒せる。

 

そのほかにも「銀河剣 プロトハート」を付けて2回攻撃したり、

「爆銀王剣 バトガイ刃斗」で展開しにいったり・・・。

色々なドラグハートを付けられるので、その分幅広い活躍が可能です。

 

「最終龍覇 グレンモルト」自体の効果も強くて、ドラグハート1つにつきパワー3000上がるのでバトルで処理されづらく、場を離れる時にドラグハートを身代わりにできるので除去も効きづらい。

さらには自ターン開始時にドラグハートを付けられるので放っておくとゲームが終わります。

 

間違いなく盛り過ぎなスペックで、幾度も勝利に導いてくれました。

それでも今回デッキから抜くことになったのはなぜか。ここ最近の向かい風が原因ですね・・・。

 

グレンモルトの弱点

最近グレンモルトの活躍の場が減ってきたんですよね。環境の変化が原因かと思います。

まあ僕は大会出てないんで環境の変化って言っても専ら身内の話なのですが。それでもパックの発売に合わせてカード買ってるから、グレンモルト不調の原因は王来篇のカードの影響が大きい。

 

その筆頭は「とこしえの超人」ですね。

手札以外からの登場を禁じるメタクリーチャー。これがいるだけで「最終龍覇 グレンモルト」は何も出来なくなります。超次元ゾーンから出すカードにもしっかり対応してるのがヤバイ。

自然が入ってるデッキからはわりと平気で出てくる。グレンモルトが封殺される機会が増えました。

 

前々からコスト踏み倒しメタはいましたが、たいていはマナ貯めて手札から出せば解決することが多く、それほど問題には感じませんでした。登場時効果は使わせてくれるメタクリーチャーが多かったことも大きいですね。

 

でも「とこしえの超人」はバトルゾーンに出すことも許さないし、手札以外から出すカードはコスト踏み倒していようがいまいが封じてくるので何もできません。完全に相性が悪い。

 

もう1つは王来篇のカードじゃないのですが、「希望のジョー星」。

ゲーム中のカードの文明を無くすという前代未聞の効果でこちらを苦しめてきます。

「最終龍覇 グレンモルト」は超次元ゾーンから、自身のマナゾーンの文明と同じ文明を持つドラグハートを出す効果なので、「希望のジョー星」で文明が無くなれば何も出せません。

これもコスト踏み倒し関係なく「最終龍覇 グレンモルト」を封じてくるカードですね。

 

元々ロマノフサイン自体が文明に頼るデッキです。「邪眼皇ロマノフⅠ世」は墓地の闇の呪文を唱えますし、「煉獄と魔弾の印」は墓地の火か闇のクリーチャーを出すカードです。

 

なので「希望のジョー星」を出されるとキツイのは元々なのですが、第2の柱である「最終龍覇 グレンモルト」も「希望のジョー星」に弱いとなるとこれはもう何もできません。

 

「とこしえの超人」と「希望のジョー星」。これらのカードがロマノフサインに強く刺さることから、爆発力を落としてでも対応力を上げる必要があると判断。「熱核連結 ガイアトム・シックス」の採用に踏み切ったという次第です。

 

熱核連結 ガイアトム・シックスの強さ

「熱核連結 ガイアトム・シックス」の良さはその安定したスペックにあります。

7マナスピードアタッカーのW・ブレイカーという、アタッカーとしては充分な基礎スペックを持ちつつ、EXライフによる強力な耐性と登場時に使える除去効果も持ち合わせています。

 

コスト踏み倒しメタクリーチャーを出されると、ロマノフサインとしてはマナを素直に貯めてクリーチャーを召喚する方向に行くしかないのですが、そうしたとて攻撃に繋げられないのでは意味がありません。

「邪眼教皇ロマノフⅡ世」とか、踏み倒しメタがいると普通に召喚しても後続が出せなくて弱い。

 

その点「熱核連結 ガイアトム・シックス」はまずパワー9000以下を除去できるので、踏み倒しメタは確実に倒してくれます。

「とこしえの超人」がいても手札から出せば関係ありません。これは「最終龍覇 グレンモルト」よりも優れている点です。

 

また、文明を扱う効果を一切持たないので、「希望のジョー星」を出されても関係ありません。

「邪眼教皇ロマノフⅡ世」「熱核連結 ガイアトム・シックス」「聖魔連結王 ドルファディロム」「灰燼と天門の儀式」辺りは文明を指定することなく効果を発揮できるので、「希望のジョー星」を出されても戦えるようになりました。

 

ドラグハートを付けることで強大なパワーを誇る「最終龍覇 グレンモルト」に最大値でこそ劣りますが、文明を指定しない・ドラグハートを使わないことからメタカードに引っ掛かる範囲が少し狭く、その隙間から戦線をこじ開けてくれるカードになってくれました。

 

なので今では入れ替えてよかったと結構思っています。やっぱりディスペクターはカードパワーが高く、ロマノフサインは今でも周りのカードパワーに助けられていますね。

 

まとめ

「最終龍覇 グレンモルト」と「熱核連結 ガイアトム・シックス」についてでした。

僕はわりと「どのデッキにもある程度戦える」という方向の強さが好みなので、グレンモルトからガイアトム・シックスへの入れ替えは起こるべくして起こったと言えるのかもしれません。

正直「グレンモルトの方が強いな~」と思う場面はあるものの、「これグレンモルトだったら何も出来ずに負けてたな・・・」となる場面も多いので、ガイアトム・シックスには助けてもらっています。

なんだかんだ僕のロマノフサイン、最新カードに助けられてる。まだまだ改造していこう。

 

ちなみにレシピは下の記事から。グレンモルトをそのままガイアトム・シックスに入れ替えれば今使ってる形になります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA