ヴァンガード

Vクランコレクション Vol.3・Vol.4の再録枠が優秀な件【ヴァンガード】

Vクランコレクションがもうすぐ発売ということで、再録枠を見ていたんですが結構良い感じですね。

新規グレード3の軸の効果を見てると、「既存の○○が欲しくなるな~」って思うことがよくあるんですが、そう思ってるやつがしっかり再録されてることが多い印象です。

というわけで今回はVクランコレクション Vol.3とVol.4の再録枠を見つつ、「これは有能再録では??」って思うやつを挙げていこうと思います。

 

Vクランコレクション Vol.3の再録枠

Vクランコレクション Vol.3の収録クランは

  • ロイヤルパラディン
  • オラクルシンクタンク
  • ジェネシス
  • かげろう
  • むらくも
  • なるかみ
  • ディメンジョンポリス
  • スパイクブラザーズ
  • ペイルムーン
  • バミューダ△
  • アクアフォース
  • メガコロニー

となっています。

再録枠は次の通り。

 

ウィッチデッキめっちゃ作りやすそう

パッと見て思ったのが、オラクルシンクタンクの再録枠めっちゃ優秀じゃない?ってこと。

ウィッチの既存カードで欲しかったのがしっかり入ってる気がします。

この2枚、ウィッチについて書いた記事でも相性良いなって紹介したやつなんですが、しっかり再録されてて流石だなって思いました。

Vクランコレクションに収録されてるウィッチを入れておくだけで良い感じのデッキになると思います。名称指定は使えるカードが少なくて集めるのが面倒なので、こうして固めて収録してくれるのはありがたい限りです。

 

再録枠でもグレード3を入れてくれるありがたさ

メガコロニーは新規ユニットが「武神怪神 マスタービートル」なんですが、さりげなくマシニングもよく収録されてると思います。

 

「マシニング・ブラックサターン」の再録が印象的。

月刊ブシロードのプロモだったんで微妙に入手しにくかったやつ。ここでの再録は結構嬉しいです。僕が持ってないからっていうのもあるんですけど。

新規ユニットにはマシニングもいるので、ここらでブラックサターンをメインにしてマシニングを組んでみるかっていうのもやりやすいですね。

 

そしてなぜか再録されてる「マシニング・サイビスター」。

これもマシニングで使えって感じですね。やはり今回のメガコロニーの裏テーマはマシニングだと思います。

今回のVクランコレクションから特に顕著ですが、1回のパックで2軸以上を伸ばしてくるクランもありますね。デッキの選択肢が大幅に広がっています。

 

個人的には1つのテーマをがっつり強化するより、色んなテーマを少しずつ強化する方が楽しみが多いので好きです。

マシニングは過去のVクランコレクションでも再録枠に使われてるくらいなので、だんだんと組みやすくなっていますね。

色んなデッキが組みやすくなってて良い感じ。

 

Vクランコレクション Vol.4の再録枠

Vクランコレクション Vol.4の収録クランは次の通りです。

  • エンジェルフェザー
  • シャドウパラディン
  • ゴールドパラディン
  • ぬばたま
  • たちかぜ
  • ノヴァグラップラー
  • リンクジョーカー
  • ダークイレギュラーズ
  • ギアクロニクル
  • グランブルー
  • グレートネイチャー
  • ネオネクタール

 

再録枠は以下の通り。

 

気付きを与えてくれる再録枠

エンジェルフェザーの再録枠を見てて思ったんですが、珍しいのが再録されていますね。

こいつただのコモンだったと思うんです。「マシニング・サイビスター」みたいにあからさまに使えるデッキが分かるような感じでもないと思ってたのでなんで再録されたんだろ右と思ってました。

 

そしたら「粛清の守護天使 レミエル ”Я”」との相性の良さよ。

守護天使のグレード3はダメージゾーンにあるカードと同名のリアガードを必要とするので、出すだけで3枚もダメージゾーンを入れ替えられるアスファエルは確かに相性が良いですね。

 

しかも入れ替え先はドロップゾーンなので選択肢も広い。アスファエルを使えば守護天使の動きを最大限発揮することも難しくないでしょう。

 

僕がエンジェルフェザーに詳しくないだけかもしれませんが、再録カードと新規カードの相性は良いもんだという前提に立つと、再録カードを見た時に「こんなカードが使えるのか!」っていう気付きを得られると思います。

 

めっちゃ個人的に嬉しい再録枠

ぬばたまに「忍獣 ジャドウネコ」が入ってるのがめっちゃ嬉しい。

持ってなかったPRカードなので嬉しいっていうのと、光らせられるのが嬉しい。

Vクランコレクションも3回くらいやってるんで、再録枠も含めてRRR仕様のカードがかなり多くなっています。

 

そろそろフルフォイルデッキを気軽に組めるようになるんじゃないでしょうか。

なんかもうVスタンダードって僕の中では趣味を追い求めるものになってるので、好きなデッキを思いっきり光らせてみたい。

 

今まではフルフォイルっていうとどうしてもSPにしないといけなかったりしてハードルが高かったのですが、VクランコレクションのおかげでRRRが量産されてるのでフルフォイルもやりやすそう。

気に入ったデッキのカードを全部光らせたい野望をかなえてくれるのもVクランコレクションの好きなところです。

 

というところでフルフォイルデッキにするにはまだ足りないものがありますね。

それはトリガーユニット。あればかりは光らせるのに苦労します。ていうか無理。現状は守護者とヒールガーディアンの計8枚しか光らせられないはず・・・。

 

どうしてもノーマルのトリガーカードが入らざるを得ないのは仕方ないですね。

この先Vクランコレクションも回数を重ねていくと、ヒールガーディアンみたいに効果付きのトリガーが登場するかもしれませんので、そういったのを待ちたいところです。

 

まとめ

Vクランコレクションの再録枠についてでした。毎回思うけど選ばれてるカード結構良くない?

新規で登場するユニットのデッキで使えそうなやつを入れてくれているので、デッキが組みやすくて良い感じ。ついでに光らせられるし再録カードも集めたいところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA