VGデッキ構築

第6弾のゾルガってどんな感じ?【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

第6弾「鳳竜焔舞」買いましたか? 僕は仕事でした。新弾の発売日に労働しないといけないなんて世の中狂ってる。

というわけでまだカード集めてないんですが、カードリスト見てる限りゾルガデッキが面白くなりそうな気がしないでもない。

そこで今回は「鳳竜焔舞」のカードの中でゾルガデッキ的に注目カードについて語っていこうと思います。

 

仄暗き夜に、怨嗟は凍えて

「仄暗き夜に、怨嗟は凍えて」。ゾルガ強化枠っぽいRR。別にゾルガデッキじゃなくても使えます。

デッキの中からトリガー以外のカードを引っこ抜きつつ、リアガードを用意できるっていうのが良さげ。

 

序盤から使っていきたい。でも序盤だと「霊体凝縮」の+5000がかなりありがたくもあるから、速攻デッキ的にはどっちを採用するかなかなか迷いどころであります。

「彷徨の獄竜」を積極的に使っていけるようになることを思うとやっぱり「仄暗き夜に、怨嗟は凍えて」になるのかなあ。

こいつがドロップに落ちてくれるかどうかで攻めやすさが段違いだと思います。

 

ゾルガってオーダー多いデッキだけど速攻デッキにするのもめっちゃ良いですよね。主に「彷徨の獄竜」のおかげ。

序盤から積極的に「仄暗き夜に、怨嗟は凍えて」で「彷徨の獄竜」を落としながら、リアガードを展開していく形になるのかな。

 

甘美なるは悪しき夢

コモンのオーダー。コモンとはいえなかなか良い効果してるんじゃないかと思っています。

手札を減らすことなく、実質ドライブチェック増やしてる感じなのが良い。あわよくばドロップに欲しいカードを落とせるのもなかなか。

 

ドライブチェックを増やすカードと言えば「寄る辺亡き魂よ、我が身に集え」でした。

これは手札2枚使って1枚返ってくる感じなので使えば手札1枚減るカードです。

カウンターブラストは使いませんが、代わりにオーダーを捨てないといけないので手札次第では使えなかったり。

 

まあドライブチェック増やしてトリガー引く数自体を増やせることを思うとあんまり比べるものでもないかもしれませんが、なんか僕は「甘美なるは悪しき夢」もなかなか良いんじゃないかと思いました。

 

旧ゾルガに光明あり?

オーダーカードで良い感じのが出ているわけなんですが、どう使おうかと迷ったりもします。

今は「寄る辺亡き魂よ、我が身に集え」でドライブを増やして攻めるグレイヴ=ゾルガのデッキを使っているんですが、なんかこのままだと今回紹介したどっちも使いにくそうだなと思ったり。

「仄暗き夜に、怨嗟は凍えて」は「彷徨の獄竜」を探しに行けるのが強いんですが、ソウルが足りなくなりがち。

「甘美なるは悪しき夢」は「寄る辺亡き魂よ、我が身に集え」を使うデッキだとユニットの展開が微妙な感じになりそう。前列は「彷徨の獄竜」が勝手に出てきてくれますが、後列を出すのに苦労しそうな。

 

ということを考えていると、これは旧ゾルガを使った方が良いんじゃないかと思うこともあるわけです。

グレイヴ=ゾルガよりはソウルに困らないし、ある程度自力でリアガードを出せるから「甘美なるは悪しき夢」にオーダーを回してもリアガードは埋まりそう。代わりにカウンターブラストしんどいけど。

案外ありかな?

 

ゾルガとグレイヴ=ゾルガって毎回どっち使うか迷いますね。

ニルヴァーナとニルヴァーナ・ジーヴァくらいデッキ内容が別だと分かりやすいんですが、ゾルガの場合はわりとグラデーションな感じがします。

 

あとデッキタイプも違ってきますね。速攻型にするか長期戦型にするか。

僕はわりとドロップからリアガードを出して「影纏い」とかで手札に戻してガード確保するタイプのやつが好きなんですが、

最近は多少シールド値を確保したくらいじゃ厳しいことも多く、このタイプのゾルガはどうなんだろうと思ったり。

なので僕はグレイヴ=ゾルガで序盤からドライブ増やしながら脳死で攻めているわけなんですが・・・。

 

また旧ゾルガに戻してみようかな。

 

まとめ

ゾルガデッキについてでした。地味にオーダーの追加が嬉しい。

デッキタイプも含めて、もう一度組み直してみようかと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA