雑記

【カードゲーム】買取方法について徹底比較! 店頭買取と宅配買取のどっちが良い?

今回はカードの買取方法について紹介していきます。

買取と言えばカードショップに持ち込むのが普通でしたが、最近ではネットで買取希望を出し、宅配便を使うことで、店に行かずして買取ができるようになっています。

ここでは、店頭買取と宅配買取を比較し、どちらが良いかを説明していきます。

 

 

店頭買取と宅配買取について

店頭買取とは?

店頭買取とは、自分でカードショップへ出向き、店頭でカードを査定してもらい、その場でお金を受け取る方法です。

 

その場で売るカードの値段を査定し、買い取ってもらえるため、お金がもらえるまでがとても早いです。

また、売るカードが傷あり品で減額された場合でも、理由を詳しく聞けるため、買取値段にも納得しやすいです。

 

 

宅配買取とは?

宅配買取とは、カードショップへ出向かず、買い取ってもらうもののやり取りを宅配で行う買取方法のことです。

買い取ってもらう人がネットで買取依頼を出すことで、梱包材がショップから送られてきます。

送られてきた梱包材に買い取ってほしいカードを詰め込み、宅配便で送り返すことでカードショップにカードが届きます。

送ったカードは査定され、査定額が決まるとメールで連絡が来ます。

納得のいく価格なら買取を承諾し、納得いかなければ送ったカードを送り返してもらえます。ただし、送り返してもらう場合は送料を自分で負担する場合が多いです。

 

 

買取依頼を出してからお金が振り込まれるまで、家を出る必要がありません。

やることと言えば送られてきた梱包材に売りたいカードを詰めることだけなので、カードを売る側の手間はかなり軽減されています。

 

 

どっちの買取方法が良いの?

店頭買取と宅配買取ですが、どちらの方法にもメリットはあります。

あなたがどういうカードを売りたいかによって、おすすめの方法は変わってきます。

店頭買取と宅配買取、それぞれの特徴を把握することで、どちらが良いかを決めた方が良いでしょう。

 

店頭買取はこんな人におすすめ!

店頭買取の良さはお金がすぐに手に入るということと、売る店をじっくり吟味できるということです。

 

店頭で査定してもらい、値段に納得いけばその場で買い取ってもらえるため、お金はすぐに手に入ります。

カードショップですぐにお金が手に入るため、別の欲しいカードを買いやすくなります。

いらないカードを売ったそのお金で別のカードを買うといった経験をしたことがある人は結構いるんじゃないでしょうか?

 

また、店頭買取ではカードを高く売りやすいです。

値段が気に入らなければ買取をやめて別の店を探せばいいので、自分の納得のいく値段で売りやすいです。

 

一方で、店頭買取の抱える問題もあります。

店頭買取では、あまり多くのカードを売ることはしづらいです。

売るカードの数が多いと査定に時間がかかってしまいます。あなたはその間ずっと店で待っておかなければならないのです。

また、ノーマルカードなどはよく100枚で買取金額何円という風に設定されていますが、大量のノーマルカードを売りたい場合、いちいちそれらを何枚単位で仕分けるのはとても面倒です。

カードショップに持っていくまでの手間も考えると、あまり多くのカードを売るには向いていません。

 

なので、店頭買取は、少数のレアカードをなるべく高く売りたい人におすすめです。

 

宅配買取はこんな人におすすめ!

宅配買取の良さは家にいながらにして買取手続きを進めることができるということと、売るカードを外に持ち出す必要が無いということです。

 

宅配買取では、買取依頼を出してから梱包材が届き、売りたいカードを梱包材に詰めて送り返し、査定が完了してお金が振り込まれるまで家の外に出る必要がありません。

全てはネット上の申請で完結するため、店頭買取のようにどこかに出向かなければならないということはありません。

自分が行う作業と言えば梱包材に売りたいカードを詰めることくらいです。

家の外に出る必要が無いと言っても、買取依頼を出してから梱包材が届くまでずっと家にいなければならないということもありません。届く日時は指定できます。

送り返す時も同様です。荷物を持って行ってもらう時間は指定できるため、空いている時に集荷をすることができます。

家の外に出る必要が無いというよりは、どこか決まった場所にいる必要が無いといった方がいいかもしれません。

家にいる必要があるのは、荷物を受け取る時や送り返すときくらいのものです。

 

宅配買取では売りたいカードを持ち運ぶ必要が無いため、売るカードの枚数が多くても問題ありません。

カードショップまでは宅配便で運んでくれますし、特にどこかで待たされるわけではないので査定に時間がかかるという問題も気になりません。

このメリットは大量のカードを売る時に実感できます。

売るカードが多ければ多いほど、宅配買取の方が向いています。売りたいカードを持ち運ぶ必要がないからです。

 

一方で、宅配買取の問題としては査定金額が挙げられます。

査定に不満がある場合はカードを送り返してもらえますが、たいがいは送料を自分で負担必要があります。

これでは売りたい値段で売れる店を探すどころではありません。送料で赤字です。

なので、ほとんどは提示された値段で納得するしかありません。

このため、宅配買取に出すカードはノーマルカードや本当にいらないカードの方が良いでしょう。変に高いカードを出して値段に納得できなかった場合が怖いです。

いらないカードを処分したらお金がもらえた、くらいの感覚でいる方が良いですね。

 

まとめると、宅配買取は大量のカードをあまり値段は気にせず売りたい人におすすめとなっています。

 

 

まとめ

店頭買取と宅配買取について比較しました。

どちらも特徴があり、自分が売りたいカードによってどちらが良いかは違ってきます。

少しでも高く売りたい人は店頭買取、大量のカードを処分する感覚で売りたい人は宅配買取が良いでしょう。

実際に僕が宅配買取を使ってみた感想はこちらにまとめてあるので参考にしてみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA