シャドウバース

【シャドウバース】最果ての骸型ネクロマンサーデッキの作り方について

今回はシャドウバースについてです。

ネクロマンサーのフォロワーである「最果ての骸」が面白そうな効果を持っているので紹介していきます。

「最果ての骸」の効果の使い方とデッキ構築について解説していきます。

 

 

効果

まずは効果について。

最果ての骸

ネクロマンサー フォロワー

進化前

コスト:7 攻撃:6 体力:5

自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ。

ファンファーレ:「スケルトン」10枚を手札に加える。

進化後

コスト:7 攻撃:8 体力:7

自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ。

墓場が30枚以上なら、相手のリーダーとフォロワーに6ダメージを与えます。

かの「冥府の扉」と同じ能力を持っており、その強力さは折り紙付きです。

 

また、ファンファーレで「スケルトン」を10枚手札に加えます。

シャドウバースの手札枚数は9枚が限界なのでどう頑張っても手札が溢れます。

しかし、手札制限で溢れたカードは墓場としてカウントされるので、強烈な墓地肥やしを行うことができます。

自分の手札が上限に近いほど多くの「スケルトン」を墓場へ送ることができ、墓場30枚に大きく近づくことができます。

 

きつい条件を満たせばそれに見合うだけのリターンが返ってくるカードです。

単体で使っても「スケルトン」を利用した墓地肥やしカードとして使えますが、せっかくならかつての「冥府の扉」と同じく専用デッキを組めばより輝くでしょう。

以下では、「最果ての骸」をメインにしたネクロマンサーデッキの組み方を考えていきます。

 

 

デッキコンセプト

「最果ての骸」型ネクロマンサーデッキは遅めのコントロールデッキとなります。

墓場が揃うまでは除去を駆使して凌いでいき、墓場が揃えば「最果ての骸」を出して巻き返していきます。

ターン終了時に6ダメージ与えられるので、相手の体力6以下のフォロワーは全て破壊できます。

リーダーにもダメージを与えるので、「最果ての骸」を出せば決着は近いです。

だいたい「最果ての骸」の条件を満たすのは8~9ターン目を目指したいところです。各種墓場を増やすカードを利用していきましょう。

 

墓地肥やし

まずは墓場30枚を満たすのに必要なカードを考えていきます。

「最果ての骸」自体も墓場を増やせますが、増やせるのは最大でも9枚です。さらに使った後は手札が「スケルトン」で上限まで増えてしまうため、次のターンのドローが実質封じられてしまいます。

「最果ての骸」だけに頼るのは心もとないので、デッキ全体を墓地肥やしに適した形にしていきましょう。

 

「並び立つ墓」はこのデッキでは重要なアミュレットです。

並び立つ墓

ネクロマンサー アミュレット

自分の場にフォロワーが出るたび、自分の墓場を+1する。

自分のフォロワーが場に出るたびに墓場が増えるので、墓場の増えるスピードが段違いになります。

 

そして採用するフォロワーは複数のフォロワーを出せるものを中心にしていきましょう。

「並び立つ墓」との相性が良いだけでなく、場に出るフォロワーの数が増えることで墓場送りになるフォロワーも増えます。

多くのフォロワーを場に出すことは墓場を増やすうえで重要です。盤面を取ることもできるので、下手に直接墓場を増やすカードを入れるよりは複数のフォロワーを場に出すことができるカードを出す方が有効です。

 

低コスト帯でおすすめなのは「スカルリング」、5コストあたりでは「ゴブリンプリンセス」や「スケルトンプリンス」が良いでしょう。

どれも1枚で複数のフォロワーを場に出すことができます。

 

また、「ゾンビパーティ」は低コスト除去の役割の他、エンハンス能力によってゾンビ3体を場に出すことができます。2つの役割を持つことができるのでおすすめです。

 

手札の管理

ドローできるカードを採用しておきたいです。

手札が少ない状態で「最果ての骸」を出してしまうと、「スケルトン」が手札に来てしまい、あまり墓場を増やすことができません。

手札の「スケルトン」を処理できなければ次のターンのドローも封じられてしまうので、手札が少ない状態で「最果ての骸」のファンファーレ能力を使うのは避けたいところです。

 

「アンドレアルフス」はラストワードでドローができるため、手札が減りにくいです。

また、「デーモンイーター」は場を処理しながら手札を増やしてくれます。

このデッキでは要らないフォロワーが場にたまってしまうことがあるので、それらを整理しながらドローできるのは魅力的です。

 

除去について

このデッキでは、「最果ての骸」が出るまで時間を稼ぐ必要があります。

そのため除去を多めに入れたいところですが、あまり入れすぎると墓場の増えるスピードが遅くなってしまいます。

基本的にはフォロワーを使って相手のフォロワーを処理していきたいところです。

 

「月と太陽」は序盤で大きな活躍をしてくれます。

「ツクヨミ」を選べば攻撃が3あるため、たいていの相手を倒せます。

体力1なのでこちらもやられてしまいますが、ラストワードで再び「月と太陽」を手札に加えられるため、戦線を維持できます。

スペルでフォロワーを出すというところも良く、1回使えばスペルとフォロワーで2枚分の墓場を稼いでくれます。

それがラストワードを通じて何度も使えるのでかなり便利です。

 

除去持ちフォロワーとして意外と便利だったと思ったのが、「ビッグソウルハンター」です。

ビッグソウルハンター

ネクロマンサー フォロワー

進化前

コスト3 攻撃:2 体力:3

ファンファーレ:相手の場に攻撃力5以上のフォロワーがいるなら、ネクロマンス6:攻撃力5以上のランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。

このデッキは採用するフォロワーのステータスが低いことが多く、大型のフォロワーの処理が苦手です。

「ビッグソウルハンター」は大型フォロワーの処理をこなしつつ、序盤で有利なスタッツを持っています。

能力も単なる除去ではなく、相手の場に攻撃力5以上のフォロワーがいなければ発動しないため、誤爆する危険性も減ります。

墓場が大きく減ってしまうため乱発する効果ではありませんが、相手の高攻撃力をこれ1枚で除去できるのは便利です。

 

全体除去としては「死滅の霧」が便利です。

相手の体力4以下のフォロワーをすべて破壊できるため、活躍範囲が広いです。

 

 

注意点

このデッキの注意点として挙げられるのは除去の薄さです。

時間を稼がなければならないのに、除去カードはネクロマンスを使用するものが多く、相性が悪いです。

フォロワーでの除去が基本となるため、進化権が切れてしまうと一気に不利になります。

また、複数展開できるフォロワーはスタッツが低いため、基本的には不利交換も積極的に行っていきます。「月と太陽」などの使い減りしないカードは積極的に使っていきましょう。

 

「最果ての骸」の効果さえ使えれば勝利は近いです。

ターン終了時に6ダメージのため、確実にダメージを与えられます。

相手ターンに処理されても次のターンに2枚目を出す、「生と死の逆転」でリアニメイトするなどして「最果ての骸」を途切れさせないようにしましょう。

 

 

まとめ

「最果ての骸」型ネクロマンサーデッキについて紹介しました。

条件さえ満たせば強力なフィニッシャーとなってくれるため、使っていて爽快なデッキです。

レジェンドのレア度にふさわしい効果となっているので、気になった人は作ってみてはいかがでしょうか。

 

リアニメイトネクロについても解説しています。

【シャドウバース】ローテーションでのリアニメイトネクロの作り方とデッキレシピ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA