VGデッキ構築

【ヴァンガード】「最凶!根絶者」で強化されるダークイレギュラーズデッキの妄想

いよいよ今週末に「最凶!根絶者」が発売されます。

だいたいのカード情報は出たので、今回は「最強!チームAL4」から組んでいたダークイレギュラーズを強化すべく、どんなカードをデッキに追加していこうかまとめていくという感じです。

現状のデッキレシピから問題点とその改善に何ができそうかを考えていきます。

 

「最強!チームAL4」期のダークイレギュラーズ デッキレシピ

現状のデッキレシピはこんな感じです。

「ノーライフキング デスアンカー」と「デーモンイーター」を中心に攻めていくデッキです。

最初は「デーモンイーター」にライドし、ソウルがたまれば「ノーライフキング デスアンカー」にライドしてVのスペリオルライドでフィニッシュという感じです。

 

ダークイレギュラーズのアドバンテージ稼ぎ能力は正直微妙ですが、「ノーライフキング デスアンカー」のスペリオルライドが強力で、

  • スペリオルライドしたヴァンガードにクリティカル+1
  • 「デーモンイーター」の守護者封じ

この2つがあるおかげで結構押し切りやすいです。

 

リアガードはソウルチャージを持つものを中心に採用し、「デーモンイーター」のパワーを補うべく「ドリーン・ザ・スラスター」を入れています。

ダークイレギュラーズらしい高パワーが魅力で、使っていてかなりお気に入りのデッキです。ダークイレギュラーズ自体好きですしね。

 

現状のダークイレギュラーズデッキの問題点

使っていてかなり面白いダークイレギュラーズデッキですが、現状やっぱり足りないと思っている部分もありまして、それが

  1. 初回ライド時の微妙さ
  2. ソウルチャージ量の少なさ

です。

 

初回ライドはもう「デーモンイーター」にライドするしかなく、いきなり「ノーライフキング デスアンカー」にライドしても相当微妙です。

ソウルたまらないのでスペリオルライド効果も使えません。パワーが上がるのがせめてもの救いか。

 

かといって「デーモンイーター」ができることはリアガード1枚を手札に変換しながらの攻撃だけです。

決して弱い効果ではありませんが、物足りないというのもまた事実。

リアガードで積極的にパワーを上げていったり、退却だのドローだののアドバンテージを獲っていったりすることができないので余計に微妙な感じがします。

 

ソウルチャージの少なさはソウルをためないと動けないダークイレギュラーズにとって致命的ですね。

現状ほぼ1枚ずつしかソウルチャージできないので、ソウルをためるのにかなり時間がかかってしまいます。

初回「ノーライフキング デスアンカー」にライドしたくないのもこれが原因です。

リアガードのみでソウル13枚はかなり厳しいハードルと言えるでしょう。

「デーモンイーター」のガーディアンをソウルへ送る効果にはかなり助かっています。

 

初回ライドとソウルチャージ。

これらの課題を「最凶!根絶者」のカードで解決していければ、かなり良くなるのではないでしょうか。

そして判明済みカードを見ている限り結構いけそうな気もするので、ここからは「最凶!根絶者」のカードで使えそうなやつを見ていきます。

 

仮面の王ダンタリアンに期待するもの

仮面の王ダンタリアン

グレード3 パワー12000 ギフトアイコン:プロテクト

ダークイレギュラーズ ヒューマン

【永】【V】:あなたがガーディアンをコールする際、ソウルのグレード2以上もコールできる。

【自】【V】:あなたのターンに相手のリアガードが退却した時、ソウルチャージ2してよい。

【自】【V】:カードの能力であなたのソウルにグレード2以上が置かれた時、そのターン中、あなたのリアガード3枚のパワー+5000。

「最凶!根絶者」収録のVRですが、僕は「仮面の王ダンタリアン」が結構強いんじゃないかと思うんです。

すなわち、「ノーライフキング デスアンカー」デッキの初回ライド要員にふさわしいのではないかと。

 

「デーモンイーター」でできることはリアガードをソウルに送ってのドロー。

弱い効果ではありませんが、物足りなかったです。リアガードのパワーも「ドリーン・ザ・スラスター」を使わなければ上がりませんしね。

 

その点「仮面の王ダンタリアン」は退却効果を使えばソウルチャージができます。

ソウルチャージ2と結構多めのソウルチャージなので、「ノーライフキング デスアンカー」の効果を使うためのソウルをためる役割を持てそう。

さらにこのソウルチャージは何回でも発動するので、退却効果を使えればそれだけソウルをためられますね。

相手の場にリアガードがいなければソウルチャージへつなげられないのが若干の不安点。ぬばたまの相手とかは苦手そうです。

 

また注目したいのがグレード2以上がソウルに入った時に発動するパワーアップ効果。

3体のリアガードに+5000とコスト無しにしてはかなりの量で、「ブラッドサクリファイス・ルスベン」のように好きなカードをソウルに入れられるユニットを使うことである程度狙って発動することができます。

 

通常のソウルチャージでも発動する可能性はありますし、「ドリーン・ザ・スラスター」に頼り切っていたリアガードのパワーをこれで補うことができます。

 

これらの効果によって、初回ライド時からかなり攻め立てることが可能です。

退却効果を使って、ソウルをためて、パワーも上げられれば初回ライドとしては言うことなしではないでしょうか。退却はリアガード頼りですが。

 

「媚態のサキュバス」のように、「仮面の王ダンタリアン」を全面的にサポートしてくれるユニットもいるので、かなり扱いやすそうではあります。

媚態のサキュバス

グレード2 パワー8000 シールド5000

ダークイレギュラーズ サキュバス

【自】【R】:ヴァンガードにアタックしたバトル終了時、コスト【このユニットを退却させる】ことで、相手のリアガードを1枚選び、退却させる。

【起】【ソウル】:コスト【カウンターブラスト1、手札を1枚捨てる】ことで、このカードを手札に戻す。

 

リアガード周りの改善

「最凶!根絶者」ではソウルチャージを大幅に行えるユニットが登場しました。

「仮面の王ダンタリアン」はまさにそうで、ソウルチャージ2を連発できる可能性を秘めているのは大きいです。

 

他にも「ディメンジョン・クリーパー」は魅力的ですね。

ディメンジョン・クリーパー

グレード1 パワー8000 シールド10000

【永】【(R)】:あなたのソウルにグレード3があるなら、このユニットのパワー+5000。
【起】【ソウル】:【カウンターブラスト】,このカードを山札の下に置く]ことで、【ソウルチャージ】(3)。

カウンターブラスト1を使うものの、ソウルに入ってしまえば好きなタイミングでソウルを2枚増やせます。

 

やっぱりソウルチャージ1と2の差は大きく、こういった1枚で2枚以上一気にソウルをためられるユニットの登場は待っていました。

ソウルチャージ3なので、「ドリーン・ザ・スラスター」のパワーを15000上げられるのはとても心強いです。

「仮面の王ダンタリアン」のパワーアップ効果が発動する可能性も高いので、カウンターブラストを使ってソウル増えただけで終わるっていうことは意外に少ないでしょう。

 

地味にリアガードでもパワー13000出せるのは強力。

パワー9000の前列でも22000出せますし、パワー10000出せる「プリズナー・ビースト」との組み合わせで23000出すこともできます。

場に出しても強いのは嬉しいところです。

 

「最凶!根絶者」のダークイレギュラーズはリアガード周りも結構良さげな感じ。

ソウルチャージを伸ばしてくれるのはありがたく、「ノーライフキング デスアンカー」でのフィニッシュを安定させてくれます。

 

「最凶!根絶者」でのダークイレギュラーズデッキ構築

あくまで「ノーライフキング デスアンカー」にこだわった軸ですが、現状でのデッキ構築をまとめてみます。

 

グレード3は「ノーライフキング デスアンカー」と「仮面の王ダンタリアン」、そして「デーモンイーター」の3種体制ですね。

「仮面の王ダンタリアン」に初回ライドし、ソウルをためながら「ノーライフキング デスアンカー」につなげていきます。

 

「ノーライフキング デスアンカー」の効果でライドするのは「ノーライフキング デスアンカー」か「デーモンイーター」でしょう。

見えている完全ガードが少なければ「ノーライフキング デスアンカー」が良いですし、プロテクト相手なら「デーモンイーター」が活躍してくれます。

 

グレード3を3種使う上に、「ノーライフキング デスアンカー」で使うユニットをソウルに入れておかなければならないのでなかなか大変そうですが、「誘惑のサキュバス」が良い感じにデッキを回してくれることを期待しています。

誘惑のサキュバス

グレード1 パワー8000 シールド10000

ダークイレギュラーズ サキュバス

【起】【R】:コスト【カウンターブラスト1、このユニットをソウルに置く】ことで、あなたの山札の上から7枚見て、グレード3を2枚まで公開し、その中から1枚まで手札に加え、1枚までソウルに置き、山札をシャッフルする。

ライド事故の防止から「ノーライフキング デスアンカー」でライドするユニットをソウルに確保するところまでしてくれるので、個人的にかなり期待しているカードです。

 

ソウルチャージは「仮面の王ダンタリアン」や「ディメンジョン・クリーパー」のおかげで加速できます。「誘惑のサキュバス」も最大2枚ソウルを増やせますね。

初回に「仮面の王ダンタリアン」にライドしても、ソウル13枚は充分ためられそうな気はします。

 

不安なところがあるとすればカウンターチャージ。

カウンターブラストをかなり使ってしまいそうなのでカウンターチャージが必要ですが、「ブラッドサクリファイス・ルスベン」と「ヴリコラカス」のスペースがあるかが不安です。

 

特にグレード1の枠がきつそうなので、なんとかして枠を確保するかいっそカウンターチャージは諦めるかはまだまだ調整の余地ありって感じです。

ていうかこれ全部頭の中で考えているだけなので実際そんなうまく回るか分かりませんし、実際パックが発売されたら構築もどんどん変わりそうですね。

ただまあ頭の中で考えている限りは順当にデスアンカーデッキが強化できそうで、かなり期待しているところはあります。

パックの発売が楽しみですね。

 

まとめ

「最凶!根絶者」でダークイレギュラーズデッキをどう強化するか考えてみました。

個人的にはかなり良さげだと思っているのですが、実際はどうなるんでしょうね。

効果読んだ時の印象と実際使ってみたときの差はあるでしょうが、ダークイレギュラーズデッキがどうなるか楽しみです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA