ヴァンガード

ヴァンガード 「百害女王 ダークフェイス・グレドーラ」について メガコロニーデッキの新たな方向

今回紹介するのは、テクニカルブースター「The AWAKAENING ZOO」に収録される「百害女王 ダークフェイス・グレドーラ」です。

ダークフェイスの名を持つ2種類目のユニットです。

これまでのメガコロニーとは違った形でメガコロニーの特徴を表した効果を持っています。

 

 

効果

まずは効果から。

 

百害女王 ダークフェイス・グレドーラ

グレード3 メガコロニー インセクト パワー11000

【自】【V】ターン1回:【カウンターブラスト1】このユニットがヴァンガードサークルに登場した時か、あなたのGユニットが超越した時、コストを払ってよい。払ったら、縦列を1つ選び、次のターン中、相手はその縦列のリアガードサークルにカードをコールできない。

【自】【V】GB1:【ソウルブラスト1】あなたのライドフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のダメージゾーンから表のカードを1枚選び、裏にし、あなたはカウンターチャージ1。

 

 

V登場時&超越時:コール封じ

ヴァンガードサークルに登場した時か、Gユニットが超越した時、縦列を選び、次のターン相手はその縦列にカードをコールできなくなります。

スペリオルコールを含む一切のコールを許しません。

前列の空いている縦列を選ぶことができれば、呪縛以上に相手の攻撃を制限できます。

 

超越前から効果を使うことができるのは大きいです。

GBをメインとするデッキは、超越前はあまりユニットを展開しないことも多いです。

そういった相手に先んじて効果を使うことで、相手の攻め手を大きく減らすことができます。

もし相手がユニットを場に出してきたなら、それらのユニットはメガコロニーが得意とするスタンド封じの対象にしてしまいましょう。

 

コール封じとスタンド封じは、お互いに補完し合うような関係となっています。

リアガードを出してくる相手にはスタンド封じを、リアガードを出してこない相手にはコール封じを使うことで、効果的に相手の動きを制限できます。

「百害女王 ダークフェイス・グレドーラ」を主軸とするデッキは、今までのメガコロニーが苦手としてきた相手に強く出ることができます。

それはハリーデッキや、ナイトローゼデッキなど、相手ターンにリアガードを残さないデッキです。

スタンド封じの対象がいなくなるため、これらのデッキは苦手としていましたが、コール封じを使うことによって、逆に相手の動きを制限できます。

相手のリアガードが埋まっていても効果を使うことができます。

一見メリットがなさそうですが、上書きコールによる連続攻撃を仕掛けてくる相手に有効です。

 

コスト面ではどうでしょうか。

最近はノーコストでの超越スキルが増えていますが、このカードはカウンターブラスト1必要となります。

ダークフェイスの名前を持っているため、カウンターチャージができる「バルカン・ラフェルト」を使うことができます。

また、「百害女王 ダークフェイス・グレドーラ」自体がカウンターチャージをすることができます。

カウンターブラストに困ることはなさそうです。

 

 

GB1:ダメージ潰し

ライドフェイス開始時にソウルブラスト1で、相手の表のダメージを裏にしつつ、自分はカウンターチャージ1できます。

相手のダメージゾーンを裏にするという例を見ない効果です。

相手の使えるコストを減らすことで、相手の動きを制限できます。

この効果で相手のダメージゾーンが全て裏になったなら、リアガードを狙いに行くことで相手にコストを与えない、といった戦い方もできます。

「暴槍怪神 スタンビートル」を使ってヴァンガードの攻撃を相手にガードさせ、リアガードでは相手のリアガードを狙いに行くのも効果的です。

 

ソウルブラスト1がかかりますが、ダークフェイスのサポートにはちょくちょくソウルを増やすカードがあります。

「バルカン・ラフェルト」や「鋏弾怪人 ボムシザー」など、ソウルを増やすサポートは自然にデッキに入れられるものが多いです。

これらのユニットで継続的にソウルを補給していけば、常に相手のコストを不足させられるでしょう。

ただ、エンジェルフェザーのようにカウンターチャージが得意な相手には注意が必要です。

 

 

まとめ

「百害女王 ダークフェイス・グレドーラ」についてまとめました。

メガコロニーの特徴である妨害を、スタンド封じ以外の形で伸ばしてきたのが好印象です。

今までにない効果を持っており、今までのスタンド封じも合わせることで、妨害の幅がさらに広がったといえます。

これによって、メガコロニーデッキは今までとは一味違ったものになっていくでしょう。

 

※2017年12月11日追記

グレドーラデッキの考察記事を書きました!

【ヴァンガード】メガコロニー初心者がグレドーラデッキの構築について考える

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA