VGカード紹介

最近流行りのセット運用 督戦の撃退者ドリンと魁の撃退者クローダスについて【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今回は「督戦の撃退者ドリン」と「魁の撃退者クローダス」について。

どちらも「幻馬再臨」に収録されるシャドウパラディンのRRですね。

それぞれお互いがいることで真の力を発揮します。

それでは効果を見ていきましょう。

 

督戦の撃退者ドリンと魁の撃退者クローダスの効果

督戦の撃退者ドリン

グレード2 パワー10000 シールド5000

シャドウパラディン ヒューマン

【自】【R】:登場時、コスト【カウンターブラスト1、ソウルブラスト1】することで、そのターン中、このユニットのパワー+10000。あなたのヴァンガードサークルかリアガードサークルに「魁の撃退者クローダス」がいるなら、1枚引く。

 

魁の撃退者クローダス

グレード1 パワー8000 シールド10000

シャドウパラディン ヒューマン

【自】【R】:あなたのターン終了時、あなたのヴァンガードがグレード3なら、コスト【カウンターブラスト1、このユニットをソウルに置く】ことで、1枚引く。あなたのヴァンガードサークルかリアガードサークルに「督戦の撃退者ドリン」がいるなら、カウンターチャージ1。

 

督戦の撃退者ドリンについて

登場時にパワー+10000とやってることは、カウンターとソウルを使う割にはやや控えめな印象。

ただ「魁の撃退者クローダス」が場にいる時に使うことで話は変わってきますね。

 

1ドローできるので良い感じの効果に。

パワー20000になりつつ手札も減らないとなれば、まあ狙っていくには良い効果なんじゃないかと思います。

 

ドローしながらパワーを上げる。似たようなことをするやつには「漆黒の乙女マーハ」がいますね。

マーハとドリンの違いは

  • 登場時効果か起動効果か
  • パワーアップの上昇量
  • コストの重さ

と言ったところ。

 

ざっくり言うと「督戦の撃退者ドリン」は「漆黒の乙女マーハ」に比べて条件が厳しくなった代わりにパワーアップ量が増した、といった感じです。

 

ただ個人的には+5000の差にしてはドリンの方がだいぶ条件厳しい印象。

ここは相方の「魁の撃退者クローダス」も見ていかないといけませんね。

 

魁の撃退者クローダスについて

「魁の撃退者クローダス」はターン終了時にソウルに入りつつ1ドローできます。

この手の効果は個人的にはかなり好きです。

なるかみみたいに除去が得意なデッキがだんだん増えてきているので、攻撃に参加しつつも自ターン終了時には消えて手札に変換できるのはかなり評価高め。

 

僕はグランブルーデッキで「ストームライド・ゴーストシップ」をめっちゃ使ってるんですが、やっぱり相手に除去されないのは強いです。

コールのために減った手札も返ってくるので返しのターンの守りも固くなりますし、やってることは1:1交換で別に得しているわけではないのですが、実際はこっちのプラスになってるんじゃないかって思えることが多いですね。

 

ただクローダス、グレード1ではあるものの効果を使えるのは自分がグレード3になってから。

速攻のために出して効果を使っていく、というのができないのはちょっと惜しいですね。

それでも弱い効果じゃないことは確かです。

 

ちなみにこの効果はカウンターブラスト1払っていますが、自分の場に「督戦の撃退者ドリン」がいればカウンターチャージできるので、実質コスト無しで使うことができます。

カウンター使わずにソウルを増やしつつ1ドローできるとなるとかなり良い感じですので、使う時はぜひともセット運用したいところです。

 

セット運用の落とし穴

「督戦の撃退者ドリン」と「魁の撃退者クローダス」、追加効果を使うにはお互いがいないとダメですね。

 

最近はこの手の効果が結構増えてきました。

ロイヤルパラディンのベディヴィアとケイとか。

ゴールドパラディンにもいましたね。

カエダンとホエル。共に指定カードがいることで効果を発揮します。

 

 

ただ、この手のユニットって個人的にはあんまり信用してません。

「揃えば強い」は言い換えれば「揃わなかったら微妙」ということです。

なんか僕は、100点か50点かみたいな効果よりは常に75点って感じの効果の方が好きなんですよね。完全に趣味の問題ですが。

 

フルパワー発揮するのに必要な枚数が多いと、揃わずに微妙な動きになってしまうこともままあるので、あんまりセット運用前提の効果は使おうと思いません。

 

まだケイとベディヴィアみたいなのは良いんですよ。片方の効果でもう片方を呼んでこられるので。

しかし今回のドリンとクローダスを見ていると、特に片方を呼び出す効果も無いので完全に2枚とも引いとけよって感じです。

そして効果もフルパワー発揮しなければ結構微妙なので、この2体はどうなのかなという印象。

シャドウパラディンは他に優秀なユニット多いし、使われるのかどうか気になるところです。

まあでもだいたい僕の勘って外れるんで結局この2枚は使われると思いますが。

 

ちょっと気になったこと

ドリンを見てて思ったんですが、

 

グレード2のリアガード効果のくせにグレード1のドリンがヴァンガードサークルにあることってあり得る?

 

「督戦の撃退者ドリン」はグレード2なので、普通ならヴァンガードはグレード2以上のはずで、グレード1の「魁の撃退者クローダス」がヴァンガードサークルにいること無いでしょって思うんですよね。

なのにVかRに「魁の撃退者クローダス」がいれば追加効果。

 

そして「魁の撃退者クローダス」の効果でも、ヴァンガードがグレード3以上の時にしか効果使えないにもかかわらず、グレード2の「督戦の撃退者ドリン」がヴァンガードサークルにいるなら追加効果が発動する記述が。

 

これはかなり怪しい。というか明らかに不自然なのでなんか来るんだろうなって言う気はしています。

ヴァンガードサークルを増やす効果かなあ。

怪しいのはVRである「虚空の撃退者マスカレード」。

VRって結構新しい感じの効果が来るので、マスカレードもなんかやらかしてくれるんじゃないかなと思っていたり。

その辺の相性を考慮すると、ドリンとクローダスを積極的に採用する理由になるかもしれませんね。

割と今後の判明カードによって評価が大きく変わると思います。楽しみですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA