ヴァンガード

メガコロニーから感じるただならぬ悪役っぽさ【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今回はメガコロニーについて。

 

僕はメガコロニーってクランは結構好きで、何ならスタンダード始まってから真っ先にマジメにデッキを組んだクランでもあります。

メガコロニーの何が良いって、動きがマジに悪者っぽいところですね。

スパイクブラザーズは最高におもしろいクランだと思う【ヴァンガード】でも書きましたが、クラン設定とカードゲーム的な動きがマッチしているクランはめっちゃ好きで、そういう意味ではメガコロニーっていうのは実に犯罪結社っぽい動きができてて好きです。

 

本当に動きが汚いというか悪者っぽいというか、ぬばたまは「汚いさすが忍者汚い」とか言われてますが、ぬばたまよりよっぽど汚いと思ってます。

そしてこう、ダークなクランが好きな僕としてはそんなメガコロニーはめっちゃ良いですね。

というわけで今回は僕が思うメガコロニーの魅力についてです。

 

ここが良いよメガコロニー①:スタンド封じ

メガコロニーと言えばスタンド封じ!

相手ユニットの攻撃を1ターン封じることができ、直接アドバンテージを稼いでいるわけではないものの充分に強力な効果です。

むしろ除去をしないことでより悪さが出ているような気すらします。

「威圧怪人ダークフェイス」なんかはスタンド封じされたユニットが残っていたらこっちがドローできますからね。

生かしておくことでこちらのメリットになるってやっぱメガコロニーって悪役だわって思えます。汚いさすが昆虫汚い。

 

スタンダードに入ってからはスタンド封じがちょっと控えめになりましたね。

今のところ後列にしか触れませんが、そのうち前列のスタンド封じも出そうですねー。

かげろうとかめっちゃ除去してくるし、なんかむらくもまで全体除去やりだしたし、スタンド封じくらい良いのでは?と思ってしまいます。

 

初期メガコロニーから続く特性ですし、スタンダードでも本格化していってほしいものですね。

ていうかスタンド封じはメガコロニーの中でもトップクラスに好きな効果なので、ここは早く取り戻してほしいところです。

 

ちなみにスタンド封じの進化版?としてコール封じもありますね。

相手に一切のコールを許さない「無法怪神オブティランドス」は相手によっては出すだけで勝てるレベル。

奇術軸ペイルムーンとか、ターン終了時に盤面が空っぽになるデッキ相手に出すと、相手は何もできなくなります。

相性差がかなり激しいですが、有利な相手はとことんいじめ倒すのもまた悪役っぽい。

 

スタンド封じにしろコール封じにしろ、相手の行動を縛るというのはメガコロニーの大きなアイデンティティですね。

 

ここが良いよメガコロニー②:パワーダウン

スタンダード初期ではスタンド封じが出なかった代わりに、VRの能力としてパワーダウンが与えられました。

ヴァンガードも含めてパワー下げるので攻撃にも使えますし、相手ターン終了時まで下がるので守りにも使えるやつ。

何より相手ユニットを弱らせるってところがまた良いですね。だいたい相手はライドしたり上書きコールしてきてパワーダウン自体の恩恵は感じづらかったりしますが、除去にはなってるやつ。

 

スタンド封じと言い、クールな悪役はこちらから除去なんてしないのです。相手に自ら捨てさせます。

 

最近だとアクセルⅡが出てきたおかげで、パワーダウンの恩恵も少し感じやすくなりました。

やはりパワーダウンはガード値下げるだけで終わらせるのではなく、攻撃が届かなくなる値まで下がるのが一番ですね。そして相手に上書きさせましょう。

 

そんな感じでパワーダウンもかなり気に入っているのですが、VRしか持っていない能力だけに続投されるかは疑問です。

最近はVRが全く新しい効果を持っていたりすることも珍しくないので、「マシニング・スパークヘラクレス」の強みとして活かしていくことになるでしょうか。

 

パワーダウンという独自の効果を持っている「マシニング・スパークヘラクレス」。彼もまたメガコロニーの大幹部にふさわしい存在です。

 

メガコロニーはさらに汚くなる 手札破壊とデッキ破壊

メガコロニーの戦術は基本的に汚いですが、「The Raging Tactics」でまた新しい戦術が追加されました。

ブローニィ・ジャーク

【自】【R】:登場時、コスト【ソウルブラスト1】することで、そのターン中、このユニットのパワー+6000し、相手の山札の上から1枚ドロップゾーンに置き、それがグレード1以上なら、あなたはソウルチャージ1。

【自】【R】:グレード3以上のヴァンガードにアタックしたユニットをブーストした時、コスト【手札を1枚捨てる】ことで、相手は自分の手札を1枚選び、捨てる。

まさかのデッキ破壊&手札破壊。

そう言えばヴァンガードってデッキ破壊デッキ無いですよね。

他のカードゲームでは特殊勝利の常套手段であるデッキ破壊ですが、とうとうヴァンガードでも出るか!?って感じです。

 

まあでも1枚だけなんで、ファッションデッキ破壊の可能性もあるわけですが。

このペースだとデッキ切れまでに何回効果使わなあかんのって感じです。

 

ちなみに別カードゲームですが、デッキ破壊と言えばやっぱりバトルスピリッツの青デッキですね。

1枚どころか2~3枚は普通にしてきますし、10枚とかやってくるやつもいます。条件さえ揃えば20枚とかも夢じゃありません。

他のカードゲームに比べると殺意がハンパないのでバトスピのデッキ破壊は観てて結構おもしろいですね。

 

さすがに今回のメガコロニーがそこまで行くとも思えませんが、ドロップ回収がほとんどのクランで出来ないので、1枚だけのデッキ破壊でもキーカード落ちればラッキーって感じで非常に嫌らしい動きができます。

相手のデッキからカードがドロップゾーンに置かれたら効果を発揮するユニットも出ているので、それなりにデッキ破壊は出来そうな感じです。

 

デッキ切れにつなげるデッキ破壊と言うよりも、相手のキーカードを使えなくさせることを狙う方向にいってそうなのもまたメガコロニーっぽいと言えばメガコロニーっぽい。

 

そして手札破壊もしてくるようになりましたね。

手札破壊も嫌らしいと言えば嫌らしいですが、それぬばたまの仕事じゃね?って感じで出るとは思っていなかったのでまさかの登場ですね。

 

こっちも手札を捨てているので特にアドバンテージ獲れてるわけではないですが、ガードに使おうと思った手札を捨てざるを得なくなって、重要なカードをガードに出させたとか、余分にダメージを与えられたとかにつながるので面白いです。

 

条件もカウンターブラスト使わず、ほぼ確実に使用できるとあって、もしかしてぬばたまの手札破壊より使いやすいんじゃ?と思わされる効果。

ここまで嫌らしい効果を揃えていると感心するレベルですね。

メガコロニー、今後もドンドン汚くなっていくでしょう。

 

まとめ

というわけでメガコロニーについて書いてみました。

初期から嫌らしいクランでしたが、スタンダードに入ってさらに磨きがかかりそうですね。

嫌らしさのバリエーションも増えてきてて、相手する側は相当うっとうしいと思います。僕は喜んで使います。

まあ嫌らしさもさることながら、メガコロニーのユニットって結構カッコいいの多いですからね。

僕はこの辺りが好き。グレード3以上のユニットは特にカッコ良いの多いですね。

そしてこの見た目から繰り出される汚い戦法の数々。最高にクールです。

良かったらメガコロニーを組んでみてはいかがでしょうか。

【予約】カードファイト!! ヴァンガード エクストラブースター 第9弾 The Raging Tactics [VG-V-EB09] BOX(12個入)【9月6日発売】
created by Rinker

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA