VGカード紹介

イビルデコイ・トークンを生成していく 妖魔忍竜クロギリについて【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今回は「妖魔忍竜クロギリ」について。

「神羅創星」に収録されるぬばたまのRRRですね。

イビルデコイ・トークンを生み出すユニットになっています。グレード1ということもあって、メインでトークンを生成する手段となるユニットですね。

それでは効果を見ていきましょう。

 

妖魔忍竜クロギリの効果

妖魔忍竜クロギリ

グレード1 パワー8000 シールド10000

ぬばたま アビスドラゴン

【起】【R】:コスト【ソウルブラスト2、このユニットを手札に戻す】ことで、妖魔変幻・トークンを2枚までリアガードサークルにコールする。(妖魔変幻はグレード0/シールド5000で、インターセプトを持つ)

 

トークン生成

ソウルブラスト2と自身を手札に戻すことで、イビルデコイ・トークンを2体生み出すことができます。

 

「妖魔怪僧ガミギョーブ」と同じような効果ですね。こちらはソウルブラスト2になった代わりに、出せるイビルデコイ・トークンの量が増えています。

小回りが効かないのはちょっと気になりますが、これで一気にイビルデコイ・トークンで場を埋められますね。

 

グレード0を2体呼び出せるので、これでもう「妖魔忍竜・暁ハンゾウ」の効果が使えるようになります。

 

難点は言わずもがなソウルの確保。

イビルデコイ・トークンの生成にソウルを使うほか、「忍竜マガツゲイル」みたいに、他にもソウルを使いたいやつはいます。

「刹那の忍鬼ツナマサ」や「千本太刀の忍鬼オボロザクラ」のようなソウルチャージ要員をしっかり使っていきたいところ。

幸い「妖魔忍竜・暁ハンゾウ」でリアガードは好きなように戻せるので、ソウルはためやすい部類です。

登場時ソウルチャージ持ちを使い回してソウルを途切れさせないようにしたいところです。

 

採用枚数について

ちなみにこの手のカードは採用枚数に迷うのですが、何枚採用が良いんでしょうね?

「妖魔忍竜・暁ハンゾウ」のデッキであれば、イビルデコイ・トークンの生成手段はぜひとも欲しいので4枚・・・と言いたいところですが、効果の性質上、1枚引けば充分なのも確か。

 

そもそもぬばたまは手札交換が豊富にいるので、そっちに枠を取って「妖魔忍竜クロギリ」は4枚積まなくても充分かもしれません。

コスト重いですしね。

グレード1には優秀なユニットも多いので、割と悩む枠になりそうです。

 

まとめ

「妖魔忍竜クロギリ」についてまとめました。

イビルデコイ・トークン生成手段として採用していくことになりますね。

「妖魔忍竜・暁ハンゾウ」がグレード0の退却を必要としますし、新しいぬばたまデッキで大いに活躍してくれるでしょう。

 

その他の収録カードは神羅創星 収録カード一覧【ヴァンガード】にまとめておりますので、良かったらそちらもご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA