ヴァンガード

虚幻竜刻のシングルが安いことに喜びを感じて生きていきたい【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

最近ちょっと忙しくなってきたので、ブログも少し短くなります。申し訳ない。更新は続けていくので読んでもらえると幸いです。

 

今日は「虚幻竜刻」のシングルの話。すごいことになってますね。

いや何がすごいって今回マジでシングル価格が安い。近所のカードショップで「帝竜 ガイアエンペラー」とか「逸材 ライジング・ノヴァ」が90円で売られてて笑っちゃいました。強さと値段が釣り合ってない。

 

言うまでもなく今回のパックではシャドウパラディンが高いです。特にルアード関係。

反対にそれ以外は全部安いですね。そこそこすると思われた「百害女王 ダークフェイス・グレドーラ」ですら500円切っててすげえなあって話です。

 

僕、発売日にメガコロニーの4コン(VR以下4枚ずつセットになってるやつ)を8000円で買ったんですよ。

個人的にはVRのグレドーラやシシルス互換のリトルドルカス、あと優良サポートのスティッキーボーラスとか全部合わせたら2000円くらいいくと思ってたんで、それが4枚入ってあとRR以下も全部手に入るなら4コンで全然良いやって思って買っちゃいました。

多分、今買ったら半分くらいの値段で全部揃いそう。まあ早く手に入れるっていうのが大事だったんであんま気にしてないけど。気にしてないって言わないとやってられないのは内緒。

 

カードの値段と値段って関係あるようであんま関係ない時も多いですよね。

ヴァンガードって高くなりやすいクランはだいたい決まってて、ロイヤルパラディンかげろうシャドウパラディンリンクジョーカー、この辺かな。思い付きで言ってるんで他にもありそうですけど。

この辺のクランと、名前出して申し訳ないですけどむらくもとかたちかぜみたいなクランが一緒になると、間違いなくむらくもとかたちかぜは安くなります。

 

自分の使ってるクランがこういうのに巻き込まれた時はかなり運がいい。なんでかって言うと強くても安い可能性が高いからです。

特に最近、「銀華竜炎」以降のパックはほとんどのクランが等しく強いので、何が入っててもだいたい強い。となると後はどのクランと一緒に収録されるか勝負みたいなところがあります。

 

まあここから先はもう運ですね。自分らで収録スケジュールを決められるわけでもないですし。

今回のたちかぜスパイクブラザーズメガコロニーはマジで良いと思います。高いと思っていたメガコロニーすらそこまで高くないので、たちかぜスパイクブラザーズはなおのこと。

 

反対に、僕はグランブルーとダークイレギュラーズも使ってるんですが、ここはあまり運が良くなかった。収録クランというかユニットというか、グランブルーもダークイレギュラーズもパックの中では人気の高い方に位置してしまったので、わりと高くついた印象です。

グランブルーとか安い時多いんだけどなあ。

 

こんな感じでパック発売前は自分の使うクランが安く買えないかなあってことを無限に期待しています。

ちなみに僕が使ってる中で次の収録クランはぬばたまなんですが、ここはどうなるでしょう。

個人的にはアクアフォースが値段を吸収してくれないか期待している所ですが、どうなることでしょう。。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA