VGカード紹介

魂を燃やすドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン ”THE BLOOD”【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

どこヴァンでクランセレクションプラスのカードが公開されましたね。

「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン ”THE BLOOD”」。待ってた人も多いはず。

スタンダード初期に出たヴァーミリオンがあんまりだったんでBLOODに期待してた人が多いイメージ。

後に出るほど強さに期待ができるはずですが果たして・・・!?

それでは効果を見ていきましょう。

 

ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン ”THE BLOOD”の効果

ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン ”THE BLOOD”

グレード3 パワー12000 ギフトアイコン:アクセル

なるかみ サンダードラゴン

【起】【V】【ターン1回】:コスト【カウンターブラスト1、手札を1枚ソウルに置く】ことで、そのターン中、このユニットのパワー+5000/ドライブ+1し、このユニットがアタックする際、相手の前列のユニットすべてとバトルする。このコストで「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」をソウルに置いたら、さらにパワー+10000/クリティカル+1。

【起】【V】:コスト【「カイザー」を含むカードをソウルブラスト1】することで、そのターン中、このユニットのドライブ+1。そのターン終了時、このユニットに1ダメージ。

 

カイザー的前列攻撃

ヴァーミリオンらしく前列全体アタックを持っています。コストはカウンターブラスト1と手札1枚をソウルに。

単なる全体攻撃だけじゃなく、パワーとドライブが増加してる。とりあえずトリプルドライブできるのは良さげです。手札が増えてるわけではありませんが、トリガー引く確率を上げるやつに悪いやつはいない。

 

手札コストに「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」を使えばさらにパワーとクリティカルが上がります。

オマケのように上がってますが、それでパワー+10000とクリティカル+1はなかなかに破格。特定のカードをコストに指定しているだけあります。

相手のグレード指定も無いし、初手に決められればなかなか良いんじゃないでしょうか。前列を一掃しつつガードを強いることができます。当たっても当たらなくてもかなり負担をかけられそう。

 

単騎パワー27000のドライブ3クリティカル2で前列全体攻撃。こうして並べるとかなり盛ってる気がします。

 

ここまでいくにはBLOODにライドして素のヴァーミリオンを手札に抱える必要があります。

そこら辺ただやってるだけでは厳しいのでサポートに頼る感じでしょう。

サンダーヴァレット・ドラゴン

グレード1 パワー8000 シールド10000

なるかみ サンダードラゴン

【自】【V/R】:登場時、あなたの山札を上から5枚見て、「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」か「スパークアロー・ドラゴン」を1枚まで公開して手札に加え、山札をシャッフルし、加えたら、手札を1枚捨てる。

【自】【R】:あなたのヴァンガードのアタックがヒットした時、そのターン中、このユニットのパワー+5000。

「サンダーヴァレット・ドラゴン」は登場時に「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」を手札に加えられます。ぶっちゃけこの範囲の狭さに加えて手札捨てないといけないのならBLOODも手札に加えさせろと言えなくもないですが、まあ言ってもしゃあないんでBLOODの手札コスト確保用ということで。

 

「スパークアロー・ドラゴン」が引ければどのみちBLOODにライドすることができます。

スパークアロー・ドラゴン

グレード2 パワー9000 シールド5000

なるかみ サンダードラゴン

【起】【R】:「カイザー」を含むあなたのヴァンガードがいるなら、コスト【ソウルブラスト1、このユニットを退却させる】ことで、山札から「カイザー」を含むカードを1枚まで探し、スタンドでライドし、山札をシャッフルし、そのターン中、相手のリアガードが退却する際、退却するかわりにバインドする。この能力は同名カードを含めて各ターン1回まで使える。

自身の退却でBLOODにライドできる。素のヴァーミリオンにライドしてしまったときのリカバリーに使えるし、BLOODにライド出来ててもさらにBLOODを重ねることができます。

 

とりあえずはこれらを使って、BLOODにライドしつつ手札にヴァーミリオンを抱えることを目指す感じか。「マイティボルト・ドラグーン」まで使っていっても良いでしょう。

なるかみってやっぱパーツ揃えて動き始める感じは今回も変わらなさそうですね。コンボデッキっぽいので出来るだけパーツが揃うようにデッキを組んであげる必要がありそう。

 

燃やせこの命

「カイザー」をソウルブラスト1することでドライブ+1することができます。かわりにターン終了時に1ダメージ。

 

1ダメージ受ける系のデメリットの中ではメリットが足りなさそうな気がするんですが、これターン1回制限無いですね。

つまりこれでめちゃくちゃドライブ上げていってぶち抜いていけってところでしょう。ダメージを受けるのはターン終了時なので勝てば問題ありません。

 

ソウルのカイザーを増やす手段としては、まず起動効果でソウルに入れることができます。あとは「スパークアロー・ドラゴン」でライドを重ねることか。

仮にゼロから準備するとしても、これで2枚は確保できます。前半の起動効果と合わせるとこれだけで5ドライブか・・・!

 

これいつ使う効果になるんだろう。ソウルためこんで終盤に開放するのが良いか。勝てばデメリット無いってのが潔くて好き。

先攻グレード3ライド時とかに使ってしまうのはどうなんだろう。

前半の起動効果と「スパークアロー・ドラゴン」によるライドでソウルのカイザーを2枚にし、合計ドライブ5にしてターン終了時に2ダメージ。

 

なんか最近は点止めとか言って序盤は殴られないこととかあるし、2ダメージ受ける余裕も出てきそう?むしろ次のターンのコスト確保になったりしないかな。

いきなり5ドライブクリティカル2で前列を吹き飛ばし、「スパークアロー・ドラゴン」で増やしたアクセルサークルを使って追い打ちをかけていく。なんかいけそうな雰囲気あります。

まあいきなり使わなくとも2ターンくらいかけてソウルにカイザー溜め込めば、5ドライブどころじゃないドライブ数になりそう。

トドメって時に全部使えば実質デメリット無いしそこら辺調整できるのも良さげ。

 

難点はパーツが揃うかどうかか。BLOODの能力をフルに発揮させるにはカイザーを持っとかないといけなくて、あとはリアガードをどれだけ展開できるか。

なるかみって別に展開が得意なわけじゃないのでかなり引き次第なところありますね。

そこら辺乗り越えると相手を一気に轢いていけそうな感じがするからわりと面白いデッキになりそう。

めちゃくちゃ暴力的な感じがする辺りかなりなるかみっぽさある。

 

まとめ

「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン ”THE BLOOD”」についてでした。

正直なところ結構面白そう。色々と乗り越えないといけないところがありますが、攻撃性能の高さに惹かれる。さすがはヴァーミリオンってところでしょうか。

ていうか命がけの攻撃を再現してるのが粋ですね。クランセレクションプラスのカードは結構ユニット設定に沿った効果をしてるのが多くて見てて面白いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA