VGカード紹介

エクストラアタックがやたら楽しそうな獣神 エシックス・バスター【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

新シリーズの情報ばっか届けてて後回しにしてたんですが、クランセレクションプラスのカードも公開されていましたね。

「獣神 エシックス・バスター」。獣神だ!

謎のタイミングで攻撃回数を増やしてくるVシリーズの獣神ですが、とうとうライドフェイズにドライブチェックを・・・!?

かなり面白そうなんで効果を見ていきましょう。

 

獣神 エシックス・バスターの効果

獣神 エシックス・バスター

グレード3 パワー12000 ギフトアイコン:アクセル

ノヴァグラップラー バトロイド

【自】【V】:登場した時かライドされた時、コスト【手札を2枚捨てる】ことで、「獣神」を含むあなたのユニット1枚をスタンドし、そのユニットで相手のヴァンガードにアタックする。そのバトル終了時、アタックがヒットしていなかったら、そのユニットをスタンドし、ヒットしていたら、そのターン中、そのユニットのドライブー1。

【自】【V】:「獣神」を含むあなたのユニットがアタックした時、コスト【カウンターブラスト1】することで、そのターン中、そのユニットのパワー+5000。

 

真・エクストラアタック

獣神お得意の登場時アタック効果。

今度は獣神を含む「ユニット」なので、ヴァンガードでもアタックできますね。ていうか手札コストからしてヴァンガードを殴らせにいってる。

 

カウンターブラストもかからないんで実質手札交換みたいなノリでドライブチェックできます。ヒットしなければスタンドするのでヒットするかどうかギリギリのパワーでも別に気になりません。

 

これだけだとただ早めにアタックしただけっぽくなってしまいます。攻撃も、序盤なら普通に通してくるでしょう。

しかしそこは獣神。スタンドさせていけって感じですね。

獣神御用達のスタンド要員。まさか「ユニット」指定なのがこんなところで役に立つなんて・・・。まさかこの展開初めから決まっていたのでしょうか?

ヴァーミリオン・バードを出せば、ヴァンガード含めてスタンドできるので、エシックス・バスターのアタックがヒットしてレストしたままになっていても問題なし。

 

ヒットした場合はドライブが減っていますが、まあソウルブラスト1が1ドライブチェックに変わると思えば安いもんでしょう。

 

新規カードにもスタンド要員がいますね。

獣神 リフト・タウロス

グレード1 パワー8000 シールド10000

ノヴァグラップラー バトロイド

【自】【R】:あなたのメインフェイズに登場した時、「獣神」を含むあなたのユニットを1枚スタンドしてよい。

【自】【V/R】:あなたのヴァンガードのアタックがヒットした時、山札を上から5枚見て、「獣神」を含むグレード3を1枚まで公開して手札に加え、山札をシャッフルする。手札に加え、かつこのユニットがRにいるなら、このユニットをソウルに置く。

登場時に1体スタンド。エシックス・バスターがレストしたままの時に出したい。

ヒット時効果も優秀ですね。エシックス・バスターのアタックはヒットしやすいですし、これで「超獣神 イルミナル・ドラゴン」を引っ張ってこられるとありがたい。

 

基本的にエシックス・バスターの効果でヒットを狙い、スタンド要員でレストしたエシックス・バスターをスタンドさせて、バトルフェイズでの攻撃も行っていくといった感じでしょうか。

 

基本的にパワー12000でアタックすることになりますが、アクセルプロテクトなら充分ヒットしますし、フォース相手でもカウンターブラスト払えば+5000されるので届かせることはできますね。

しつこくヴァンガードがアタックしてくるデッキになるのか。エクストラアタックここに極まれりって感じがします。

 

エシックス→エシックスについて

エシックス・バスターの効果、登場時とライドされた時なので、エシックス・バスターからエシックス・バスターにライドすれば2回発動できますね。通常アタックも含めるとVで3回攻撃とオバロレベルの攻撃回数になります。

 

ここの処理はどうなることでしょう。ちなみにここからエシックス・バスター→エシックス・バスターの際の効果処理を書いていますが、総合ルールを読んで判断できそうなことから書いており、公式裁定ではありません。

今のところ分かってる範囲で書きますが、正確な情報はQ&A待ちってことでお願いします。

 

エシックス・バスター→エシックス・バスターの処理ですが、1回目のアタック効果発動→アタック終了→2回目のアタック効果発動とはならないはずです。

なぜかと言うと、エシックス・バスターの効果が「アタックする」でいったん途切れるからですね。

 

「アタックする」効果によってアタックの処理が始まります。つまりはアタックステップが開始して、アタック宣言ってところです。

このアタックステップ開始時、ルール上は待機中の効果を処理するタイミングがあるので、2体のエシックス・バスターの効果が同時に誘発された場合は、1回目のアタックでのアタックステップ開始時に2回目のエシックス・バスターの処理が割り込むことになります。

 

つまりは、

  1. エシックス・バスターからエシックス・バスターにライド
  2. 2体のエシックス・バスターの効果が待機
  3. エシックス・バスター1体目の処理、効果でアタック
  4. アタックステップ開始時、待機していた2体目のエシックス・バスターの効果を処理
  5. 2体目のエシックス・バスターのアタックを最後まで行う
  6. 中断してた1体目のエシックス・バスターのアタックを再開

という手順ですね。

 

もしこの手順が正しい場合、重要となってくるのは、コストを払うタイミング。

1回目のエシックス・バスターのコストを払い、アタックステップ開始時に2体目のエシックス・バスターのコストを払います。

その後、2回のアタックによるドライブチェックを行うので、あらかじめ4枚手札を捨てておかないといけません。

 

相手ターンにもよりますが、再ライドタイミングを迎えようかというくらいゲームが進んでて、手札4枚残してターンを迎えるのは結構難しい気もします。リアガードも展開しないといけないでしょうし。

 

あともう1つの注意は、1回目のエシックス・バスターのアタックはヒットしてはいけないというところです。

1回目のエシックス・バスターのアタックがヒットすると、エシックス・バスターはレストしたままになりますが、このまま2回目のエシックス・バスターの攻撃を迎えると、攻撃は何も出来ずに終わってしまいます。

 

1体目のエシックス・バスターによるアタックはアタックステップ開始時にて中断しているので、再開後に攻撃ユニットが適正であるかのチェックをするタイミングを迎えます。

レストしているユニットは適正なアタックユニットでないので攻撃は中止、というわけですね。本来ならチェック後にユニットをレストさせて攻撃宣言を行うのですが、レスト状態のユニットはもうレストできず、アタックユニットとしては不適正というわけです。

 

こうなると2回目の攻撃はドライブチェックができないのでコスト払い損ですね。しかも無駄になるかどうかはコスト払ってからでないと分からないという。

相手が5ダメージの場合など、確実に相手はガードしてくれるだろうなって時にしか使いづらそうです。

 

まあ逆に言えばまず通る攻撃になれるので、手札に余裕があるなら払い損になってでも2回効果使っといていいと思います。ここで2回攻撃できなくても、メインフェイズで起こせばまた攻撃できますし。

エシックス→エシックス、かなり夢があるので狙っていきたいですね。

 

まとめ

「獣神 エシックス・バスター」についてでした。エクストラアタックがかなり楽しくなってる。やっぱヴァンガードが複数回攻撃できるのは良いですね。

エシックス・バスター→エシックス・バスターの処理ですが、たぶん合ってると思うけど一応はまだ未確定情報ってことでお願いします。毎回思うけどアタックするとかダメージチェックするとかの効果って重なるとだいぶ理解しづらいよな。

 

獣神面白そうですね。ぶっちゃけノヴァグラップラーはスタン落ちの際に倉庫行きにしようかと思っていたのですが、組みたくなってきました。こうしてデッキが増えていくのか・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA