VGカード紹介

なんかめっちゃ強そうな雰囲気がある樹角獣 ボジャルコン【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今週末に刀剣乱舞のトライアルデッキとブースターが発売ですね。

刀剣乱舞の話題で何か記事を書こうかと思ったんですが、刀剣乱舞なにも知らないので書くに書けない。

仕方ないのですでにいくつか出てる6月発売のブースターのカードについて書いていこうかと思います。

 

今回はコモンのあのカード。なんかDシリーズってコモンでも普通に採用できそうなカード多いよね。

 

樹角獣 ボジャルコン

樹角獣 ボジャルコン

グレード2 パワー10000 シールド5000

ストイケイア ハイビースト

【起】【R】:コスト【カウンターブラスト1】することで、そのターン中、このユニットは『【永】【後列のR】:このユニットがアタックする際、相手の前列のユニットすべてとバトルする。』を得る。

 

まさかの前列全体アタック

書き方がちょっとややこしいですが、カウンターブラスト1払っておけば、後列からアタックした時に相手の前列すべてとバトルできますよってことですね。

 

「樹角獣王 マグノリア」のデッキで使えって感じの効果。

マグノリアの効果で後列アタックを与えて、ボジャルコンで前列を消していけってところか。

マグノリアの効果で+5000されるので、グレード2ながら相手のグレード3にも単騎でヒットできるパワーを出せるのは嬉しいところ。

これで相手のアタッカーを消しながら攻撃を重ねていきたいですね。

 

攻撃しながら2体退却できると思えばなんか強そうだけど、いくつか気になるところはあるっちゃある。

ひとつは「樹角獣 ギュノスラ」とポジションが被ること。

カウンターブラスト1使う後列アタック要員というのが丸被り。ギュノスラは退却こそできませんが安定してパワーを上げてくれるんで、シールド値を削るにはギュノスラの方が向いてそう。

 

併用するにはコストが丸被り過ぎてつらい。しかもマグノリアはペルソナライドしない限り1体しか後列アタックさせられませんしね。

 

あとは前列を消すことでかえって後続の攻撃先を無くしてしまうんじゃないかということ。

仮に前列2体を倒したとして、どこかの攻撃でダメージトリガーを引かれていれば後続のアタックが通らない可能性があります。

リアガード残してたらそっちに攻撃できてたのに・・・ってなるとわざわざコスト払ってまで前列を消しておく必要があるかはちょっと謎。

23000越えのアタッカーを用意しておくことでカバーできる範囲ではありますが、どこまで響くか。

 

反面良いところもあるんですけどね。

特にわざわざ狙う意味の無いグレード3をついでに消せるのは嬉しい。

「戦禍の騎士 フォサド」を倒せる効果なのは強そうに見えます。

効果で選ぶんじゃなくてアタック先に指定してるだけなんで遠慮なく攻撃できる。

あとは夜影兵トークンも良い攻撃先になります。

パワー15000ですが、マグノリアのパワーアップ込みでボジャルコンも15000になれるのでヒットできますね。

もちろん攻撃したところでガードされる可能性はあるんですが、余分に1枚削れるのはありがたい。

 

アタッカーを狙いに行けるというところが強みなので、使う相手によって評価が変わりやすいのが何とも言えないですね。

上で挙げたやつ以外にも、ヴェルリーナ系列を倒せるのは強そう。バリエンテにパワー届かないのがちょっと残念だけど。

マグノリア対決でもありか? 相手がガードするしないに関わらず広く浅くカードを削れるボジャルコンは刺さりそう。

 

安定した活躍ならギュノスラの方ができそうですが、特定の相手に刺さるという意味ではボジャルコンもありか・・・?

 

なんか使いどころを考えたくなるカードです。

 

まとめ

「樹角獣 ボジャルコン」についてでした。わりと使えそうな雰囲気あるコモンって見てて面白い。

ていうか見た目が強そう過ぎてやばい。絶対自力でパワー上がる効果持ってると思ってました。まあ前列全体アタックなんで見た目に恥じないアグレッシブさがある。

マグノリアデッキの対応力が上がる・・・かもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA