ヴァンガード

オーバーロードデッキの中心「ドラゴニック・オーバーロード “The Destiny”」の強さに迫る

今回紹介するのは、「ドラゴニック・オーバーロード “The Destiny”」です。

究極超越で大きく強化されたかげろうのオーバーロードデッキ。

その新エースである「ドラゴニック・オーバーロード “The Destiny”」の強さに迫ります。

 

 

効果

まずは効果から。

序盤から使える退却効果と、退却&デッキの上7枚からのサーチができる超越スキルを持っています。

ドラゴニック・オーバーロードの名に恥じない強力なユニットです。

 

 

登場時&ライドフェイズ開始時:退却

ヴァンガードサークルへの登場時かライドフェイズ開始時にソウルブラスト1でヴァンガード以外のサークル1つのカードをドロップゾーンに送ります。

サークルのカードをドロップゾーンに送る行為を退却と言います。

なので、退却とは書いてはいませんが、この効果でリアガードをドロップゾーンに置いた場合は退却させたとして扱います。

 

サークルを選んでドロップゾーンに送るため、通常の退却効果よりも2つの点で強力です。

1つは、抵抗持ちを退却させられることです。

選ぶのはユニットでなく、サークルであるため、抵抗持ちがいるサークルは問題なく選ぶことができます。

抵抗を無視して退却させられるところが強力です。

2つ目は、呪縛カードをドロップゾーンに送ることができることです。

呪縛サークルを選ぶこともできるため、呪縛サークルを選ぶことで呪縛カードをドロップゾーンに送り、リアガードサークルを空けることができます。

自分のリアガードが呪縛された場合でも、ドロップゾーンに送ることで疑似的に呪縛を無効にできます。

1枚損していますが、攻撃ができないことに比べれば安いものでしょう。

これらの点で、この退却効果は通常の退却とは一線を画しています。

 

効果のタイミングも優秀です。

ヴァンガードサークルへの登場時に使うことができます。

相手が速攻を仕掛け、展開してきたリアガードを退却させることができます。

そうでなくとも、相手のファーストヴァンガードを退却させることができるため、相手の動きを鈍らせることができます。

また、ライドフェイズ開始時にも使うことができます。

超越する前に使えるため、Gユニットを使うターンでも効果を使うことができる点で強力です。

 

 

超越スキル

Gユニットが超越した時、相手のリアガードを1体退却させ、デッキの上7枚からオーバーロードを1枚手札に加えることができます。

やれることが多く、強力です。

1つ目の効果と合わせることで、1ターンに2枚ずつ退却させることができます。

相手の戦力を大きく削ることができます。オーバーロードの攻撃力と退却を合わせることで、相手の戦線をボロボロにしていく様子は、まさに攻撃は最大の防御を体現していると言えます。

デッキの上7枚からオーバーロードを手札に加える効果も強力です。

失敗こそありますが、オーバーロードを手札に加える行為は、オーバーロードのGユニットと相性が良いです。

「覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Purge”」の起動効果のコストにしたり、

「覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Ace”」の自動能力のコストにしたりできます。

他にも、次のターンの超越コストにできます。ある程度の範囲からサーチできることから、究極超越のコストも確保しやすいです。

 

 

新オーバーロードデッキ

「ドラゴニック・オーバーロード “The Destiny”」を中心としたオーバーロードデッキは、非常に攻撃的です。

「ドラゴニック・オーバーロード “The Destiny”」が退却を行い、リアガードが高パワーで攻める。

さらにGユニットが直接ダメージやVスタンドなど攻撃性能が高いというのも合わさり、トップクラスの攻撃性能を持つデッキです。

防御面では、「炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン」や「リザードソルジャー ベローグ」が退却を行えるため、相手ターンでの妨害もばっちりです。

GBが無いものが多く、序盤から効果を存分に使えるのも特徴です。

攻守ともにパワフルなデッキで、人気の高いオーバーロードということもあり、今後増えていくことが予想されます。

 

 

まとめ

「ドラゴニック・オーバーロード “The Destiny”」についてまとめました。

退却に重点が置かれていますが、その性能は非常に高いです。

「ドラゴニック・オーバーロード “The Destiny”」を中心としたオーバーロードデッキは序盤からカードパワーを存分に発揮できます。

序盤から終盤まで終始攻めることができる攻撃的なデッキとなっており、かげろうらしさが存分に出ています。

オーバーロードの宿命として、値が張るのが難点ですが、気になる方は組んでみてはいかがでしょうか。

 

オーバーロードな関連商品


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA