遊戯王

【遊戯王】これだけは持っておきたい!おすすめ汎用罠カード5選

遊戯王における罠カードの重要さは大きいです。

発動までが遅い分、上手く相手をはめることができれば勝負を決めかねないほどの力を持っています。

ここでは罠カードの重要性を説明し、最低限持っておきたい罠カードを紹介していきます。

 

 

罠カードとは

罠カードとは、上のカードのような赤紫色のカードのことです。

場に伏せたターンは発動することができないため、引いてすぐに使うことはできません。

しかし、一度に多くのモンスターを破壊できたり、相手モンスターの召喚に合わせて発動し、相手モンスターを除去できたりするため、発動までが遅い分強力です。

 

罠カードの名の通り、場に伏せたカードは「罠」として最も効果的なタイミングを待つのです。

罠カードを使いこなせば、戦況を有利にすることができます。

 

 

罠カードはなぜ重要か

罠カードが重要なところは相手の動きを妨害できるところです。

罠カードは相手ターンに発動できるため、相手が強力なモンスターを召喚した時に除去ができる罠カードを発動させることで、相手のモンスターを即座に倒すことができます。

 

また、最近はカードの効果を受けないモンスターも増えてきています。

カード効果を受けないモンスターに対抗する手段の1つとして、場に出させないというのがあります。

相手が強力なモンスターを呼び出す準備が整ったところに、罠カードを発動させることで相手の動きを妨害するのです。

 

出したモンスターを除去するにせよ、相手に強力なモンスターを出させないようにするにせよ、どちらの方法でも良いですが、妨害手段はデッキに用意しておきたいものです。

相手の動きを妨害する手段を用意するというのは、強いデッキには必要なことです。

 

 

罠カード無しのデッキは弱い?

罠カードの利点は相手の動きを妨害できることです。

では、罠カード無しのデッキは弱いのでしょうか?

 

大会でよく使われるデッキを見てみると、罠カードのないデッキもよくあります。

 

しかし、そういった罠カードのないデッキには必ず別の妨害手段が採用されています。

遊戯王のカードの中には、相手を妨害できる効果を持つモンスターや魔法も多くあるからです。

 

結局のところ、罠カードがないデッキが弱いというよりは妨害手段のないデッキが弱いのです。

妨害手段を用意していなければ、相手に好きなように動かれてしまいます。

相手に好きなように動かれればこちらの盤面を崩されることも当然ですし、相手がこちらへの妨害手段を整えてくるのも邪魔できません。

妨害手段がないということは、自分が負けやすい状況に陥りやすくなるということなのです。

 

 

持っておきたい罠カード

デッキにはぜひとも罠カードを入れておきたいです。

罠カード以外の妨害手段もある中でなぜ罠カードを勧めるかというと、気軽にデッキに採用できるからです。

妨害罠カードは1枚で効果が完結しているものが多く、特別な準備を必要としません。

遊戯王を始めたばかりの人にとっては、最もお手軽にデッキに妨害手段を入れることができます。

ここで紹介する罠カードはどのデッキにも採用できるため、罠カードを入れてみる時にはこちらからまずは探してみましょう。

 

聖なるバリアーミラーフォースー

「聖なるバリアーミラーフォースー」は相手モンスターの攻撃宣言時に相手の攻撃表示モンスターを全て破壊します。

相手の攻撃宣言時に合わせてあらかじめ伏せている必要がありますが、これ1枚で相手のモンスターを壊滅させることができます。

 

攻撃宣言まで発動できないため、事前に破壊されてしまう危険はありますが、決まれば戦況をひっくり返すことができます。

 

激流葬

「激流葬」は相手がモンスターを出したときに発動でき、フィールドのモンスターを全て破壊します。

発動タイミングが「聖なるバリアーミラーフォースー」よりも早く、厄介な相手モンスターが出たときには即座に発動させて破壊することができます。

自分のモンスターも破壊されるため、自分の場にモンスターがいない時に使うのが一番お得です。

 

奈落の落とし穴

「激流葬」と同じタイミングでの発動ですが、破壊できるモンスターが限られるようになっています。

代わりに破壊されたモンスターは除外されるため、再利用を難しくすることができます。

「激流葬」と比べると破壊できるカードは少ないですが、自分のモンスターを巻き込まないため「激流葬」よりも気軽に使うことができます。

 

墓地へ送られると効果を発動するモンスターも増えているため、破壊しても墓地へ送らない「奈落の落とし穴」の優先度は高いです。

 

強制脱出装置

「強制脱出装置」はフィールドのモンスターを1体を手札に戻すことができます。

シンプルな効果ですが、分かりやすく強力です。

手札に戻すだけのため、普通のモンスターは手札に戻った後に再び使われてしまいます。これでは時間稼ぎにしかなりません。

 

このカードの真価はエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターに使う時に発揮されます。

エクストラデッキのモンスターは手札に戻される場合、エクストラデッキに戻ります。

エクストラデッキからモンスターを出すにはそれなりの手間がかかりますが、これ1枚で振り出しに戻せると思えば強力です。

 

エクストラデッキをあまり使わないデッキに対しては時間稼ぎにしかなりませんが、エクストラデッキを多用するデッキに対してはお手軽な除去として使えます。

 

デモンズ・チェーン

「デモンズ・チェーン」は相手モンスターの攻撃と効果を封じることができます。

効果を封じる罠カードの中では特に条件が無く使えるため、とても使いやすいです。

相手がモンスター効果を発動したときに、そのモンスターに対して「デモンズ・チェーン」を使えば、効果を無効にすることができます。これは「奈落の落とし穴」や「強制脱出装置」にはできない芸当です。

 

 

まとめ

罠カードについて説明しました。

こういった汎用性の高いカードはいくつものデッキで使えるため、何枚持っていてもいいくらいです。

優秀なカードのため何回も再録されているものが多く、手に入りやすいのも魅力です。

特に今回紹介したものは全てスターターデッキ2018に収録されているため、特に集めやすいです。

デッキを組む時には相手への妨害手段を入れておくと良いでしょう。

ここで紹介したカードはどれも1枚から活躍するカードのため、何か妨害手段を入れてみたいときに入れてみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA