マジック・ザ・ギャザリング

【MTG】デッキビルダーセットを買ってみた感想 これからデッキを組む人におすすめのセットです

おはようございます。しんぺいです。

マジック・ザ・ギャザリングを始めました。

【MTG】一回も対戦してないけどマジック・ザ・ギャザリングって良いなって思える今回はマジックを始めることになったきっかけから、始めるにあたって何をしたかを紹介していきます。ぶっちゃけ僕は「マジックって大人のカードゲームって感じで敷居高いな・・・」って思ってたんですが、実際始める時はそんなこと全然気にする必要ないなって思いました。...

 

とりあえず構築済デッキを買ってみて、いざデッキを改造しようと思ったのですが、いかんせんカードが足りませんし、知識も足りません。

 

「デッキ作りって言ってもセオリーも分からないしどうしようかな・・・」と思っていたところ、公式から発売されているデッキビルダーセットがかなり良い感じに見えたので買ってみました。

 

今回はデッキビルダーセットの紹介です。

セットの中身と、それがどんな風に初心者の役に立つのかを説明していこうと思います。

 

マジック・ザ・ギャザリング デッキビルダーセット

デッキビルダーセットはこんな感じの箱に入ったセットです。

収録内容としては

  • 基本土地カード100枚
  • 最近のセットからのカード125枚
  • ブースターパック4個
  • デッキビルダーガイド
  • カード整理用ストレージボックス

と充実の内容。

 

値段は2000円とちょっと高めに感じるかもですが、そもそも300円のパック4個入ってることを考えると実際の値段はかなり安いですね。

 

以下、中身を紹介していこうと思います。

 

MTG初心者に嬉しい基本土地カード100枚入り

個人的に嬉しいと思ったのが、土地カードがまとめて入っているところ。

このセットには

  • 平地

と、5つの基本土地がそれぞれ20枚ずつ入っています。

 

これがものすごく助かっていて、なぜならマジック・ザ・ギャザリングのデッキには土地カードが必要不可欠だからです。

 

だいたいデッキを組むときには土地カードが20枚くらいいるのですが、マジック始めたばかりだと土地カードも持っていません。

僕はギルドセットという赤と黒の構築済デッキを買いましたが、その中に入っていた基本土地は

  • 山8枚
  • 沼8枚

あとは多色用の土地カードが8枚ほど入っていました。

 

これだと今は良いですが、将来的に「黒だけのデッキが組みたい」ってなった時に土地カード(沼)が足りません。

つまりデッキが組めなくなるので、こういう基本的な土地カードはとりあえず持っておいて損はないなって思いました。

 

ちなみに基本土地カードだけでなく、多色土地も入っていました。

ギルド門と呼ばれるシリーズですね。全10種が2枚ずつ入っていました。

これらは2色以上の色を使うデッキを組むときに持っておくと便利です。

 

土地カードは特別レアカードってわけでもありませんが、これが無くてはデッキ作りが始まりません。

今は使っていない色の土地カードもそのうち使う可能性がありますし、とりあえず土地カードは持っておいて損はありませんね。

 

デッキ構築に役立つ追加用のカードセット

セットには土地カードだけでなく通常のカードも入っています。

これらは最近のセットから集められたものなので、当面はスタン落ちを気にせず使うことができますね。

 

入っているカードの強さは今の僕にはよく分からない部分も多いですが、デッキ構築の足しになるのも確か。

赤と黒のカードだけでも見ていると、「これは構築済デッキのカードと入れ替えて入れてみよう」とかできるので、こういうカード群は持ってて損はないですね。

 

僕の買った構築済デッキにも入っていたカードが何枚かあり、そういったカードは枚数を厚くしてみたりできたので、単純にデッキの強化ができたと思っています。

 

ここで当たりが出る可能性も!? 最新パックも入ってます

セットの中にはパックも入っています。

マジックのパックはメーカー希望小売価格350円/パックとちょっと高いので、これが4パック入ってる時点でだいぶお得ですね。

デッキビルダーセットの値段の半分以上がパックで占めていると思うと、追加でこんなにカード付いてきてて良いの?と思ってしまうくらいです。

 

パックは本当にただのパックなので当たりハズレがあります。

今回開けたパックには「名演撃、ラクドス」が入っていました。

僕が買った構築済デッキ「ギルドセット:ラクドス」にも入っており、なんか運命的なものを感じます。

 

「ギルドセット:ラクドス」には他にもラクドスのカードが入っており、とりあえずこれらを中心にデッキを作っていこうかなと思っているところです。

 

デッキ作りのヒントになるデッキビルダーガイド

セットの中にはデッキビルダーガイドというデッキ作りの指南書みたいなやつが入っています。

初心者向けで分かりやすく書かれています。

「赤色はこういう戦い方が得意で~」と言った感じで各色の特徴を説明してくれています。

 

個人的にありがたいと思ったのがこの部分。

デッキに採用するカードのコストバランスを書いてくれています。

最初はこういったセオリーすら分からないので、こういう基本的な部分からしっかり説明してくれているのはとてもありがたいです。

 

初めてマジックに触れる人でもこれで分かりやすくデッキを組んでいけますね。

 

 

カードの収納に使えるストレージボックス付き

セットが入っていた箱はストレージボックスとして使えます。

普通に結構カードが入るので、今回は言っていたカードはもちろん、これから集めるカードもひとまずここに入れておけますね。

 

箱にも使い道があるお得なセットです。

 

 

結論:MTG始めたての頃に買っておくとめっちゃ助かるセットです

デッキビルダーセット、かなり充実の内容でした。

始めたばかりの頃に必要なカードがまとめて入っているって感じで、とりあえずカードを集めたいけどどこから集めようか?って人におすすめできるセットとなっています。

このセットを買えば良いデッキができるってわけではなく、どちらかというと自分でデッキを作るための一歩をサポートしてくれるって感じですね。

最初の方で買うにはピッタリのセットだと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA