遊戯王

【遊戯王】ヴァレットデッキでエクシーズ召喚はできるか? ヴァレルロード・X・ドラゴンについて考察してみる

おはようございます。しんぺいです。

今回はブースターパック「RISING RAMPAGE」にて登場する「ヴァレルロード・X・ドラゴン」についてです。

まさかのヴァレルロードがエクシーズモンスター化となりますが、果たしてヴァレットデッキで使えるのか?を中心に考察していこうかと思います。

 

ヴァレルロード・X・ドラゴンの効果

ヴァレルロード・X・ドラゴン

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
ドラゴン族・闇属性レベル4モンスター×2

(1):X召喚したこのカードは他のモンスターの効果の対象にならない。

(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は600ダウンする。
その後、自分の墓地から「ヴァレル」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、直接攻撃できない。

 

ランク4の割にめっちゃスペック高いっていうのが率直な感想です。

だいたいランク4の攻撃力って2500が良いとこなのですが、「ヴァレルロード・X・ドラゴン」はなんと3000

ランク4の攻撃力じゃないですね。

 

さらにモンスター効果の対象にされない耐性も持っています。

エクシーズ召喚した時だけなので蘇生カードなどで使い回して強いタイプではないですが、それでも非常に高いスペックを持っていますね。

 

エクシーズ素材を取り除いての効果は攻撃力ダウンとヴァレルモンスターの復活。

自身の攻撃力3000と合わせて最大3600の攻撃力まで倒せるほか、追加でヴァレルモンスターを呼んで戦線を強化することもできます。

 

ただし、効果を使ったターンは特殊召喚と直接攻撃ができなくなるうえに、呼び出したヴァレルモンスターはエンドフェイズに除外されてしまうのがきついところ。

強力な効果ではありますが、直接攻撃できないことも相まって一気にトドメを差しに行く効果ではないですね。

 

呼び出したモンスターの効果は無効にならないので、どちらかというと盤面をひっくり返しに行く効果でしょう。

「ヴァレルロード・ドラゴン」を呼び出せれば、コントロール奪取もできますし、「ヴァレルソード・ドラゴン」なら2回攻撃も可能です。

呼び出せるモンスターは強力なものばかりで、効果も存分に使えるのが良いですね。

 

高攻撃力と耐性という高いスペックを持つ一方で、エクシーズ素材の指定は厳しめです。

ドラゴン族闇属性という二重の指定が掛かっていますね。

どのデッキでも使えるモンスターというわけでもなく、「ヴァレルロード・X・ドラゴン」を使うときは必然的に闇ドラゴンデッキで使うことになります。

 

ヴァレットデッキはヴァレットを中心に闇属性ドラゴン族で固まっていますので、無理なく使えますね。

ここではヴァレットデッキを組むときにどうやって「ヴァレルロード・X・ドラゴン」を使っていけばいいかを考えていきます。

 

ヴァレットデッキでレベル4のドラゴン族闇属性モンスター2体を揃える方法

ドラゴン族という恵まれた種族もあるおかげで、レベル4を並べることはそんなに苦労しませんね。

  • 手札からドラゴン族を特殊召喚できる「ゲートウェイ・ドラゴン」
  • ヴァレットをデッキから特殊召喚できる「クイック・リボルブ」
  • 墓地からドラゴン族を特殊召喚できる「星遺物の守護竜」

こんな感じで、サポートには恵まれています。

 

特に「クイック・リボルブ」は優秀ですね。

ヴァレットにはレベル4である

  • マグナヴァレット・ドラゴン
  • メタルヴァレット・ドラゴン

がいるので気軽にレベル4を呼んでくることができます。

 

ヴァレットデッキでは各種ヴァレルロードを使うためにリンク召喚とシンクロ召喚を使っていました。

ただ、どちらもレベル4にこだわるものではないので、ヴァレットデッキには特にレベル4がいっぱい入るというわけではありません。

リンク召喚、シンクロ召喚、エクシーズ召喚を導入しようとすると、どうしても1つのレベルにこだわることはできないのです。

 

とくにシンクロ召喚で使用するチューナーの「ヴァレット・シンクロン」がレベル1で、シンクロモンスターの「ヴァレルロード・S・ドラゴン」がレベル8の時点でレベル4以外のモンスターはデッキに入ります。

 

なのでエクシーズ召喚しようと思うと、デッキをレベル4で固めるというよりはレベル4を出せる方法を用意しておいて、必要な時に呼び出すというのが良いでしょう。

幸いヴァレットは特殊召喚サポートが豊富なので、レベル4のヴァレットはいつでも調達できます。

 

あとは「ゲートウェイ・ドラゴン」のような汎用性の高いドラゴン族を入れておけば、「ヴァレルロード・X・ドラゴン」の召喚準備が整いますね。

 

個人的おすすめは「輝白竜ワイバースター」と「暗黒竜コラプサーペント」。

どちらもフィールドから墓地に送られればもう片方をデッキから手札に加えるという効果で、リンク召喚とシンクロ召喚にも使えます。

 

「ヴァレルロード・X・ドラゴン」の素材には「暗黒竜コラプサーペント」しか対応していない点と、エクシーズ召喚の素材にしたときはフィールドから墓地に送られないという点はありますが、リンク召喚とシンクロ召喚との相性が良いレベル4というだけで採用価値はあります。

 

別にリボルバーのカードというわけではありませんが、ドラゴン族らしさは残るので良いでしょう。

 

ヴァレルロード・X・ドラゴンを出すタイミング

ヴァレルロード・X・ドラゴンを出すタイミングは大きく2つあります。

1つは耐性持ち大型モンスターという点を利用して早々に出すこと。

もう1つは墓地にヴァレルモンスターが落ちた後に出して、一気に戦線をひっくり返すこと。

 

ただ、ヴァレットデッキでは早々に出すのはあんまりおすすめしません。

なぜなら「ヴァレルロード・X・ドラゴン」を出すための消費は結構激しいからです。

 

「ゲートウェイ・ドラゴン」も「クイック・リボルブ」も手札を減らして特殊召喚するものばかり。

「ジャンク・シンクロン」のように、墓地から特殊召喚するなどして1枚で2体分の素材を調達してくれるような方法ではありません。

 

さらに「暗黒竜コラプサーペント」もエクシーズ素材にした場合では効果を使えません。

 

「ヴァレルロード・X・ドラゴン」自体特に相手の展開を妨害するようなカードでも無いので、早めに出すよりはしっかり効果を使える場面で出した方が良いでしょう。

 

まとめ

「ヴァレルロード・X・ドラゴン」についてまとめました。

単純に強力なモンスターで、ヴァレルモンスターを並べて攻めたてることができます。

蘇生できるモンスターも強力で、自身も耐性を持っているので不利な状況でもひっくり返し安いカードとなっています。

今までのヴァレルと合わせて使いこなしたいカードです。

 

過去のヴァレットデッキについてはこちら。

【遊戯王】ヴァレルロードを使いこなせ! ヴァレットデッキの構築を紹介ヴァレットデッキは楽しいです。「銃」と「弾丸」のイメージに恥じない動きができ、まるでガンマンのような気分が味わえるからです。 今回...
【遊戯王】ヴァレットデッキにシンクロ召喚を導入! 「ヴァレルロード・S・ドラゴン」と「ヴァレット・シンクロン」の使い方について「ヴァレルロード・S・ドラゴン」はレベル8のシンクロモンスターです。 チューナーモンスターである「ヴァレット・シンクロン」も同時に登場し、ヴァレットデッキにシンクロ召喚のためのカードが揃ってきました。 しかし、ヴァレットデッキはあまり展開力がなく、シンクロ召喚の導入に不安が残ります。 そこで今回はヴァレットデッキで「ヴァレルロード・S・ドラゴン」と「ヴァレット・シンクロン」をどうやって使っていくかについて考えていこうと思います。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA