遊戯王

【遊戯王】ヴァレットデッキにシンクロ召喚を導入! 「ヴァレルロード・S・ドラゴン」と「ヴァレット・シンクロン」の使い方について

アニメでヴァレットデッキを使用しているリボルバーの新しい切り札が登場しました。

「ヴァレルロード・S・ドラゴン」はレベル8のシンクロモンスターです。

チューナーモンスターである「ヴァレット・シンクロン」も同時に登場し、ヴァレットデッキにシンクロ召喚のためのカードが揃ってきました。

 

しかし、ヴァレットデッキはあまり展開力がなく、シンクロ召喚の導入に不安が残ります。

そこで今回はヴァレットデッキで「ヴァレルロード・S・ドラゴン」と「ヴァレット・シンクロン」をどうやって使っていくかについて考えていこうと思います。

 

 

効果紹介

ヴァレルロード・S・ドラゴン

ヴァレルロード・S・ドラゴン

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備し、そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。

(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。

(3):相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

シンクロ召喚時に墓地のリンクモンスターを装備し、装備したリンクモンスターのマーカーの数だけヴァレルカウンターを置く効果、装備したモンスターの攻撃力の半分自身の攻撃力を上げる効果、ヴァレルカウンターを取り除くことで相手の効果の発動を無効にする効果という3つの効果を持っています。

 

相手の効果を無効にできるのがとても強力です。無効にする効果の種類は問わないのでモンスターだろうが魔法だろうが罠だろうが何でも無効にできます。

無効にするにはヴァレルカウンターがカウンターが必要で、カウンターは自身の効果でリンクモンスターを装備するしか得られないので、リンクモンスターとの併用が必須になっています。

 

ヴァレットデッキではリンクモンスターを使うので、リンクモンスターと併用しなければならない点はなんの問題も無いでしょう。

問題はレベル8のシンクロモンスターという点です。

 

ヴァレットデッキでは1ターンでリンクモンスターを使いながら「ヴァレルロード・S・ドラゴン」をシンクロ召喚するほどの展開力はありません。

なので序盤はリンクモンスターで戦い、リンクモンスターが墓地に行ってから「ヴァレルロード・S・ドラゴン」をシンクロ召喚していくといったような戦い方になるでしょう。

 

ヴァレット・シンクロン

ヴァレット・シンクロン

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0

(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル5以上のドラゴン族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

ヴァレットの名を持つチューナー。

召喚時に墓地からレベル5以上の闇属性ドラゴン族モンスターを特殊召喚することができます。

 

ヴァレットデッキには低レベルのドラゴン族が多いので、「ヴァレット・シンクロン」の効果を活かすには別途復活させる用の高レベルドラゴン族を用意する必要があります。

 

ただその恩恵は大きく、レベル7のドラゴンを用意しておけば「ヴァレット・シンクロン」を召喚するだけで「ヴァレルロード・S・ドラゴン」をシンクロ召喚することができます。

 

ヴァレットモンスターには低レベルのモンスターしかいないので、レベル8のモンスターをシンクロ召喚したければ「ヴァレット・シンクロン」の力は必須と言えます。

デッキ構築の段階から「ヴァレット・シンクロン」で何を復活させるかは意識した構築にしておきたいです。

 

 

ヴァレルロード・S・ドラゴンはレベル8のシンクロモンスター! どうやって出す?

せっかくならヴァレット・シンクロンを使って出したい

「ヴァレルロード・S・ドラゴン」はレベル8のシンクロモンスターです。

ヴァレットデッキと言えどもさすがにヴァレットモンスターだけでは出すのに苦労します。

 

せっかく同時期にヴァレットチューナーも登場していることですし、ここでは「ヴァレット・シンクロン」を使って「ヴァレルロード・S・ドラゴン」をシンクロ召喚する方法について考えていきます。

 

レベル7ドラゴンの選び方

一番手っ取り早く出す方法は「ヴァレット・シンクロン」でレベル7のドラゴンを復活させることです。

ではヴァレットデッキにレベル7のドラゴンを何でもいいからとりあえず入れてみればいいかと言われればそうとも言い切れません。

 

レベル7のドラゴンはまず間違いなく事故要因です。

「ヴァレット・シンクロン」の効果で出す以外に全く使い道がないのであれば入れても邪魔になりやすいです。

 

ヴァレットデッキではまず「ヴァレルロード・ドラゴン」のリンク召喚を目指したいところもあるので、できれば「ヴァレルロード・ドラゴン」の召喚の手助けとなってくれるカードが望ましいですね。

 

ツイン・トライアングル・ドラゴンとの相性を考える

ヴァレットデッキ的に「ヴァレルロード・ドラゴン」のリンク召喚に使いたいのが「ツイン・トライアングル・ドラゴン」です。

「ツイン・トライアングル・ドラゴン」も「ヴァレット・シンクロン」と同じく効果でレベル5以上のドラゴン族を復活させます。

 

そして「ツイン・トライアングル・ドラゴン」は「ヴァレルロード・ドラゴン」のつなぎとして使うので、復活させたドラゴン共々「ヴァレルロード・ドラゴン」のリンク召喚の素材になります。

 

「ヴァレルロード・ドラゴン」のリンク召喚素材は「効果モンスター3体以上」なので「ツイン・トライアングル・ドラゴン」で復活させるドラゴンは効果モンスターであることが望ましいです。

なので「ヴァレット・シンクロン」の効果でも使うことを考えると採用するドラゴンはレベル7の効果モンスターだと都合が良いです。

 

ドラゴン族サポートとの相性についても考えてみる

ヴァレットデッキでリンク召喚をするのに便利なのが「輝白竜ワイバースター」と「暗黒竜コラプサーペント」です。

これらは手札から特殊召喚できるだけでなく、フィールドから墓地に行くだけで相方をデッキから手札に加えられるので、リンク召喚との相性がとても良いです。

展開力の少ないヴァレットデッキでのリンク召喚を強力にサポートしてくれます。

 

ただし「輝白竜ワイバースター」と「暗黒竜コラプサーペント」は特殊召喚するときに墓地のモンスターを除外する必要があります。

なので墓地を増やすサポートは入れておきたいところですね。

 

ドラゴン族で強力に墓地を増やせるカードと言えば「竜の霊廟」です。

通常モンスターを絡めて2体のドラゴン族を墓地に送れるので、「ツイン・トライアングル・ドラゴン」の復活対象と「輝白竜ワイバースター」らの召喚に必要なモンスターを同時に墓地に送ることができます。

 

デッキに光と闇のドラゴンを入れておけば、「竜の霊廟」で「ツイン・トライアングル・ドラゴン」で復活させる高レベル通常モンスターを墓地に送り、追加の墓地送り効果で手札の「輝白竜ワイバースター」か「暗黒竜コラプサーペント」の召喚に必要な属性のモンスターを墓地に送れば「ツイン・トライアングル・ドラゴン」を絡めたリンク召喚の準備が整います。

 

となると、「ツイン・トライアングル・ドラゴン」と「ヴァレット・シンクロン」のためにデッキに入れておきたいドラゴンはレベル7の通常モンスターということになります。

 

ヴァレットデッキに入れておきたいドラゴンはこれだ!

「ヴァレルロード・ドラゴン」のリンク召喚を考えると効果モンスターが良いはずなのに「竜の霊廟」との相性を考えると通常モンスターの方が良い・・・。

 

これだと矛盾しているように思えますが、遊戯王には通常モンスターであり、効果モンスターでもあるカードがあります。

 

それはデュアルモンスターです。

デュアルモンスターはフィールド・墓地にある間は通常モンスターとして扱う効果を持っており、再度召喚することによって効果モンスターとして扱います。

さらに重要なのは、効果を無効にされている場合、フィールドでは効果モンスターとして扱うというところです。

 

「ツイン・トライアングル・ドラゴン」のドラゴン復活効果は効果を無効にして復活させる効果です。

なのでデュアルモンスターを採用することで「竜の霊廟」で墓地に送るときは通常モンスターとして扱うので問題なく追加の墓地送り効果が発動し、「ツイン・トライアングル・ドラゴン」で復活させるときは効果モンスターなので「ヴァレルロード・ドラゴン」のリンク召喚にも使えます。

 

さらにレベル7のデュアルモンスターを採用することで「ヴァレット・シンクロン」で復活させれば即座に「ヴァレルロード・S・ドラゴン」をシンクロ召喚することができます。

 

以上をまとめると、ヴァレットデッキに入れたいモンスターはレベル7闇属性ドラゴン族のデュアルモンスターということになります。

これらの要件を満たすのは「真紅眼の黒炎竜」ですね。

「ヴァレルロード・S・ドラゴン」のシンクロ召喚、「ヴァレルロード・ドラゴン」のリンク召喚の両方ができるヴァレットデッキを作りたい場合には採用しておくと便利に使えます。

 

 

まとめ

ヴァレットデッキでの「ヴァレルロード・S・ドラゴン」と「ヴァレット・シンクロン」の使い方についてまとめてみました。

「ツイン・トライアングル・ドラゴン」を使ってリンク召喚をするヴァレットデッキを作っていた場合、そこに「真紅眼の黒炎竜」と「ヴァレット・シンクロン」を採用すればシンクロ召喚もできるしリンク召喚もできるヴァレットデッキは作れそうです。

興味のある方はぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

 

【遊戯王】ヴァレルロードを使いこなせ! ヴァレットデッキの構築を紹介では今回紹介した「ツイン・トライアングル・ドラゴン」と「輝白竜ワイバースター」、「暗黒竜コラプサーペント」を使ったヴァレットデッキについて説明していますので併せてご覧ください。

 

※2019年3月14日追記

ヴァレルロードがエクシーズモンスターにもなりました!詳細はこちら。

【遊戯王】ヴァレットデッキでエクシーズ召喚はできるか? ヴァレルロード・X・ドラゴンについて考察してみる今回はブースターパック「RISING RAMPAGE」にて登場する「ヴァレルロード・X・ドラゴン」についてです。まさかのヴァレルロードがエクシーズモンスター化となりますが、果たしてリボルバーデッキで使えるのか?を中心に考察していこうかと思います。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA