デュエルマスターズ

龍装05号イヴィルヴィ/イーヴィル・フォースが面白そうな件【デュエルマスターズ】

おはようございます。しんぺいです。

デュエマの新弾「新世界ガチ誕! 超GRとオレガ・オーラ!!」が発売されましたね。

オレガ・オーラにGRクリーチャーと面白そうなカードがいっぱいですが、今回は新弾から気になったカードをピックアップしていきます。

「龍装05号イヴィルヴィ/イーヴィル・フォース」です。

特に呪文面の「イーヴィル・フォース」に注目して紹介していこうと思います。

 

龍装05号イヴィルヴィ/イーヴィル・フォース

龍装05号 イヴィルヴィ VR 闇文明 (4)
クリーチャー:ドラゴンギルド/マフィ・ギャング/デーモン・コマンド 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャーを1体破壊してもよい。そうしたら、相手は自身のクリーチャーを1体選び、破壊する。

ーーーーーーー

イーヴィル・フォース VR 火文明 (3)
呪文
闇または火の、コスト4以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。このターンの終わりに、そのクリーチャーを破壊する。

 

イーヴィル・フォースについて

名前からして、かの悪名高き「ヘブンズ・フォース」を意識していますね。

効果も似たような感じで、「ヘブンズ・フォース」と比べると「イーヴィル・フォース」は

  • 出せるクリーチャーは闇または火のコスト4以下を1体のみ
  • 出したクリーチャーにはスピードアタッカーとターン終了時の自壊が付与

となっています。

 

やはり注目したいのは出したクリーチャーにスピードアタッカーを与えられるところでしょう。

闇のコスト4には少なからずT・ブレイカーを持つ大型クリーチャーも存在しており、これらを3ターン目に投げつけていきなりT・ブレイクするという速攻デッキも考えられます。

 

特に「不吉の悪魔龍テンザン」との組み合わせは強烈で、3ターン目にして墓地を13枚増やしながらT・ブレイクを放つというちょっと意味の分からないことになっています。

 

ここまで墓地が増えれば自壊デメリットで破壊されたとしても次のターンで「暴走龍5000 GT」や「百万超邪クロスファイア」などで押し切れるでしょう。

 

「イーヴィル・フォース」を軸にして、序盤から大型クリーチャーを繰り出すデッキというのも面白そうです。

 

イーヴィル・フォースデッキを組むにあたって

「イーヴィル・フォース」を使った速攻デッキが組めそうですね。

「イーヴィル・フォース」ならではの強みを活かすにあたっては

  • スピードアタッカー付与
  • ターン終了時の自壊

この辺りを考慮することになります。

 

スピードアタッカー付与の強みは攻撃時効果を使えることですね。

先ほどの「不吉の悪魔龍テンザン」を採用することで、3ターン目にして墓地を13枚増やすことができます。

 

「暴走龍5000GT」や「百万超邪クロスファイア」を採用すれば、速度の速い墓地ソースのように動くこともできるでしょう。

 

あとは攻撃時に使えるという点で、革命チェンジや侵略との相性も良いです。

攻撃クリーチャーを革命チェンジや侵略元に使うことで、より強力なクリーチャーにつなげつつも自壊デメリットを帳消しにできます。

 

採用するアタッカーにもよりますが、

  • 手札を補充できる「求答士の参謀マルヴァーツ」
  • 除去を放てる「秘革の求答士クエスチョン」「禁断の轟速レッドゾーンX」「S級不死デッドゾーン」

あたりは使えそうです。

 

インパクトとしてはぜひとも「不吉の悪魔龍テンザン」を軸にしたいですが、これだけに頼ってしまうと事故率が高そうなので、もう少し選択肢は増やしておきたいところ。

 

「不吉の悪魔龍テンザン」はデーモン・コマンド・ドラゴンなので、同じく4コスト以下のデーモン・コマンド・ドラゴンである「殺意の悪魔龍マガンド」あたりと組ませてみたいですね。

アタッカーを「不吉の悪魔龍テンザン」「殺意の悪魔龍マガンド」とすることで、デーモン・コマンド・ドラゴンを元とする侵略や革命チェンジが採用できます。

 

先ほど挙げた「求答士の参謀マルヴァーツ」「秘革の求答士クエスチョン」「禁断の轟速レッドゾーンX」「S級不死デッドゾーン」はどれもデーモン・コマンド・ドラゴンから侵略・革命チェンジ可能です。

 

最速3ターン目にこれらが出てくると思えば、結構良い感じのデッキが作れそうですね。

 

問題は他の速攻デッキに比べると手数が薄いところでしょうか。

横に並べるデッキでもないのでうっかりS・トリガーでも踏んでしまうと攻撃の手が止まります。

 

この点は「黒神龍グールジェネレイド」に頼ってみたいですね。

ドラゴンが破壊されれば墓地から出てくる「黒神龍グールジェネレイド」は「イーヴィル・フォース」の自壊デメリットともかみ合っています。

 

ドラゴンでないコマンドを採用する場合はちょっと使いにくくなるので、「黒神龍グールジェネレイド」を採用する場合はアタッカーを侵略・革命チェンジ先含めてドラゴンで固めておきたいですね。

墓地に送る方法は「不吉の悪魔龍テンザン」がなんとかしてくれるでしょう。

 

3ターン目の「イーヴィル・フォース」を安定させるために、2ターン目には手札交換である「勇愛の天秤」や「アフロ行きま~す」あたりを使いたいので、テンザン以外で墓地に落とす機会も無くはありません。

 

デッキの動きとしては、

  1. 2ターン目に「勇愛の天秤」などで手札交換
  2. 3ターン目に「イーヴィル・フォース」から「不吉の悪魔龍テンザン」を召喚
  3. 攻撃時に墓地を13枚増やしつつ、ドラゴンに侵略か革命チェンジ
  4. 強力なクリーチャーを出しつつ、墓地には「黒神龍グールジェネレイド」

って感じでしょうか。

 

結構運が絡みそうなので、うまくケアしたいですね。

「不吉の悪魔龍テンザン」が来なくても動けるのが理想だと思います。

幸い火と闇には革命チェンジや侵略が豊富なので、手札にさえそろっていれば墓地が増えなくても割とマシな動きができそうです。

 

まとめ

「龍装05号イヴィルヴィ/イーヴィル・フォース」についてまとめました。

面白いデッキができそうですね。色々と考えさせられる余地のある良いカードだと思います。

今回はデーモン・コマンド・ドラゴン軸で組む前提の話をしましたが、「イーヴィル・フォース」で出せるクリーチャーはコスト4以下の火か闇とかなり広いのでもっと色んな形のデッキを組めそうです。

最近はロマノフサインのことばっかり考えていたので、こうした別のデッキもまた組んでみようかと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA